ヨガ哲学と社会派ブログ

インドにてヨガインストラクターの資格を取得し、ヨガ哲学とともに『インド式ヨガ』を広める活動をしています。 大学にて『心理学』を専攻し、その後も独学で『脳科学』や、ヨガと心理学との関連を研究中。 また、日常生活や社会生活での、ヨガ・心理学・脳科学の応用方法の研究を行い、結果をブログにまとめています。 簡単に言うと、ヨガの『スピリチュアル』な専門用語を、現代の科学的な言い回しに置き換えて、分かりやすく紹介しています。

人生を「ゲーム化」して、楽しく過ごすには?  ~ポケモンやPUBGから見る人生のクリエイト方法~

最近、ワクワクしていますか?
脳の「快楽ホルモン」をうまくコントロールすれば
”ワクワクする人生”
をクリエイトすることができます。

 

最近「PUBG」という
オンラインスマホゲームで遊んでいます。


「荒野行動」という銃でバンバンするゲーム
を以前にもやったことがありますが
ほとんど同じ内容みたいです。

なんだか最近リリースされて人気そうなので
遊んでみています。

無料でここまで遊べるなんて
良い時代ですね。


と、筆者の
最近のゲーム事情をお伝えしたのには理由があります。


というのも
「人生」や「仕事」を
ゲームのようにクリアしていけば
”日常を楽しく過ごすことができる”からです。


結論から言えば
”日常の出来事”を
「快楽ホルモン」が出るように繋げれば
人生が豊かになります。

 

そこで
今回の内容は
”人生をゲームのように楽しむための考え方”
の紹介です。

 

”人生をゲームにしてしまう”ことは
やる気を起こす秘訣です。


というのも
人生とゲームは似たような要素が沢山あります。


ここでは
ポケモン」を例に
ゲームをクリアしていく楽しさから
人生を楽しく過ごすためのヒントを探っていきます。

 

 

【ゲーム性を見出す】


どんなゲームをしたいか?は
「人生というゲーム」をプレイするうえで
”お楽しみ”となる部分です。


というのも
「現代」には沢山の情報が溢れています。


ネットで検索をすれば
「自分の体験してみたい遊び」の内容を
大まかに知ることができます。


しかし
実際に知ることができるのは
”誰かのプレイした感想”までです。


YouTubeニコニコ動画
誰かのゲームのプレイ動画を見るのも楽しいですが
実際、一番楽しいのは
”自分でゲームをプレイする”ことなのです。


だからこそ
どんなゲームなのか?
のレビューをちょっと調べて
「楽しそうだな」と思えば、
”実際にやって”
人生のゲームを進めることで「楽しめる」のです。


今、務めていたりして「仕事」をしている人は
「仕事」というゲームをしていることになります。


仕事に就職する時には
「就職活動」をしますね。


多くの企業がありますが
自分の「条件」に合っていそうな職場を
なんとなく選びます。


この
「選んでいる」時に
すでに
「どんなゲームをしようか?」
という心の準備が始まっています。


ポケモン」でいうと
最初にどのポケモンを選ぶか?
ですね。


社会に属すると
自分のある程度の「適正」を使って
仕事をこなしていきます。


これが
どのタイプのポケモンを育てて
ゲームを進めるか?
の選択です。


全ての選択や
起きる出来事を
「どのルートで攻略するか?」や
「敵のポケモンが現れた」から戦おう。
という”ゲーム”に切り替えれば
人生で起きることは全てが”遊び”になります。

 

 

【仕事を積極的にして、「たたかう」ことを選択する】


現代において
ゲームに負けたら「死ぬ」ようなことは
ほとんどありません。


逆に
ゲームの本質とは
”どれだけ楽しむか?”がカギです。


ポケモンでいう
「敵が現れる」状態は
「仕事」に置き換えることができます。


そして
人によっては
「誰かと話す」ことが
レベルの高いことだったりします。


「誰かと話す」という仕事が
”バトル開始”となる人だった場合、
この部分が
一番の楽しみどころとなります。


しかし
普通だったら
「レベルの高い相手とバトルが始まるのは嫌だ」
と考えて
できれば避けようとします。


ここで
「たたかう」ではなく
「にげる」を選択をすると
いつまでもレベルが上がらず、
同じステージに留まることになります。


ポケモンでいう
「ジムリーダー」であるボスキャラは
レベルが高く設定してあるので、
挑む前にレベル上げをしないと
いつまでも次のフィールドに進めないのです。


つまり
「たたかう」ことを選択しないと
ポケモンマスターという”ゴール”は
いつまでも達成できません。

 

 


【「たたかう」ことが醍醐味】


いくら仕事でも
「やりたくない」ことはしたくないものです。


ですが
この考え方は
「敵とたたかうのは嫌だ」と言っているようなものです。


というのも
ポケモン」というゲームの
楽しみどころの一つは
「たたかう」ことです。


自分の育てたポケモンが強くなり
レベルが上がって「必殺技」を覚えることで
戦闘がド派手になっていき
”ゲーム性”がどんどん高まります。


ということは
”「たたかう」ことが一番の見どころ”とも言えます。


実際
ポケモン経験者として言えることは
”「たたかう」ために遊んでいる”ということです。


ポケモンでなくても
ドラクエ」や「FF」にも言えることですね。


また
どうぶつの森」のような
のほほん系のゲームでも
”課題をクリアする”ことが楽しみどころです。


さらに
「協力プレイ」や「通信バトル」は
”チームでの課題達成”や
”実力を試すためのテスト”です。


このように
”ゲームの主な楽しみどころ”は
「仕事内容」そのものだったりするのです。

 


【クリアすると気持ちいい】


では
なぜゲームをするのか?
ということですが


それは
”中毒性”があるからです。


ゲームをクリアしたり
目標を達成することは
脳が「快楽ホルモン」を感じている状態なので
気持ちが良いのです。


この
「気持ちいいい!!」がクセになり
”徹夜”でゲームをしてしまいます。


ゲームに限らず
「好きなことをしている時」は
”時間を忘れて、高い集中力を発揮”します。


それも
「気持ちいいい!!」から
”ついついやってしまう”ことなのです。


なので
「仕事」にゲーム性を持たせることは
”仕事を楽しむ方法”の一つ
ということになります。


仕事に限らず
人生で起こることは全て、
「たたかう」ことで「快楽ホルモン」を出す
”チャンス”なのです。


だから
”やりたいことをして生きている”人や
”人生が楽しくて仕方がない”と思っている人は
「快楽ホルモン」の影響で
ワクワクし、希望を持っています。


仕事にしろ何にしろ
”できなかったことが出来るようになる”という
「クリア」した感覚は
気持ちよく、生がいを感じるのです。

 

 

【要は「目標」があればいい】


人生や仕事を”楽しく”過ごすために
「ゲーム」に置き換える
というコツをご紹介しましたが

要するに
”目標を持って、それをクリアする”ことが
重要です。


実際
レベルが上がれば景色が変わります。


「今までできなかったことが出来る」ということは
”他の選択肢も選べるようになった”
ということです。


ポケモンは「全クリした後」のほうが
ポケモン図鑑を埋めやすくなります。


というのも
レベルが高ければ
どんなことにも応用ができるようになるので
”人生のステージ・目標を変えてみる”
という
大胆な行動も平気でとれるようになります。


しかし
レベルが低いままでは
ゲーム自体が楽しくなくなり
いつの間にか
ゲームをすることを諦めてしまいます。


ポケモンを始めたばかりなのに
いきなり四天王の「ラスボス」に挑んでも
一撃でやられてしまい
ゲームどころではなくなります。


そのような「無理ゲー」をするよりも
少しずつ
ゲームを楽しみながら
着実にレベルが上がることにワクワクしていけば
「普通に」どんなゲームもクリアできます。


ポケモンももよくできているので
「たたかう」こと以外にも
”楽しむポイント”を沢山用意してくれています。


人生に置き換えてみると
”楽しみ”なんて無限大です。


生活の中の全て、
どのステージや次元でも
”楽しみ”は必ずあります。


その
「快楽ホルモン」が出ることに
アンテナを張っておき
いつでも楽しむことができる人こそ
”人生の成功者”です。


アンテナを張っておくことも「ゲーム」
どんなものも”楽しみ”に変えることも「ゲーム」
どんな”成功”をしたいか?を考えるのも「ゲーム」です。


どうせなら
ハッピーに生きましょう。

 


ありがとうございました。