ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ヨガの効果とリラックスの仕組み

本日は
ヨガをするとどんな効果が得られるのか?
ということを紹介します。


そもそもヨガには
八つの段階があり、
その中の『アーサナ』と『呼吸法』の実践が
ジムやヨガ教室などで
行われていることです。


正確に言うと
八つの段階を全て行うことが
『ヨガをする』ということですが、
ここでは
アーサナと呼吸法を実践して得られる
『効果』に的を絞って紹介します。


それは
「リラックスを得られる」ことです。




ヨガをした後に
「気持ち良かった」という
感想を持ったことや
そのような効果があることを
聞いたことがある方もいると思いますが、


実際のところヨガをすると
「気持ちがいい」です。


それと同時に
『リラックス』を得ることが出来ます。






その理由は
呼吸が整うことや
ストレッチを行うことで
『副交感神経』という
リラックスする神経が活発になるからです。




まず
『呼吸法』を行うと肺が柔らかくなり
普段よりもゆっくりと
呼吸ができるようになりますが、
この『呼吸の深さ』は
緊張とリラックスに密接に関係しています。


緊張するほど呼吸は浅くなり
リラックスするほど呼吸が深くなります。




もう少し詳しく言うと
呼吸は『自律神経系』でありながら
自分でコントロールが可能です。


どういうことかと言うと
『自律神経』は心臓や胃などを
自動で動かしてくれるもので、
意識しなくても生きていける
便利な身体のシステムですが、


『呼吸』だけは
自動で行われているにも関わらず
自分で操作することが出来ます。


つまり
呼吸を通して
自律神経(交感神経と副交感神経)を
コントロールできます。




なので
深い呼吸を意図的に行うことで
リラックスを得ることができます。






また
ストレッチには
体の緊張をほぐす効果があります。


無意識に力の入っている身体を
柔軟体操で伸ばすことで、
余計な力みが無くなりリラックスします。


力み=ストレスでもあるので、
ストレスを感じることがある人は
アーサナと呼吸を行うことで
副交感神経(リラックス)状態になって
ストレスを軽減することができます。








以上が
ヨガを行うことで得られ効果と
その仕組みです。


引き続き
効果やセオリーなどを紹介していきますので
よろしくお願いします。






ありがとうございました。