ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

才能を発揮し、充実感を得るには? 〜ヨガを利用して才能の土台を作る〜

今回は
”才能を発揮する方法”
という内容です。






『才能』は
自分だけにしかない
オリジナルの能力であり、


才能を発揮することで
多くの人の需要が満たされ
『自分自身』に
大きな充実感を与えます。






そんな
あるものなら
存分発揮してみたい
『才能』について
記事をまとめました。






その内容とは
①実力を発揮しないことも必要な時間
②才能の磨き方
③才能に気付く方法
というものです。










【休憩が必要な理由】






才能の使い所と言えば
『仕事』の場面が
多いと思いますが、


「仕事が出来る」ことと
”才能が発揮されている”ことは
イコールではありません。






なぜなら
”助けてもらう”
”気付き与える”なども
一つの才能と言えるからです。






つまり
一見仕事の出来なさそうな人も
ある種の才能を発揮している
可能性があります。






というのも
『働きアリの法則』
というものがあり、


よく働くアリ(2)と
普通に働くアリ(6)と
よく働かないアリ(2)が、


”2:6:2”の割合で
どの集団にも存在します。






また
この法則は
人間にもある程度当てはまり、


どんなに優秀な人を集めても
その中から2割の落ちこぼれが
生まれてきます。






ですが
アリの場合だと、


全然働かない2割のアリは
『休憩』をしており、


よく働いているアリが
疲れて休憩に入ると、
入れ代わりで
ある程度働くようになります。






このようなシステムで
集団が動く理由として、


長期的な労働において
こちらのほうが
”効率的”だからとされていますが、


これが
『人間』に置き換わると
もう少し複雑化していそうです。






なぜなら
人間は『多様性』の生き物で、


労働の分野の幅が
とても広いからです。






少し言い換えると
あまり働かない2割の人は、


『才能』を見つけ
”発揮するチャンス”を伺っている人
と見ることが出来ます。






さらに
違う視点から見ると
『才能』は
人のために利用されるもので、


誰かに『弱点』が無いと
”宝の持ち腐れ”となってしまいます。






つまり
単なる『休憩』のサイクルのために
よく働く人と
あまり働かない人
が生まれるのではなく、


『あまり働かない人』に
存在意義があるのではないか?
ということです。






『才能』は
”尖って”いるほど
ピンポイントに大量の需要が満たされ、


逆に
ポイントから外れた分野では
必要とされず、
むしろお荷物になる可能性があります。






しかし
お荷物になるほどの『弱点』を
また他の人の『才能』で
補ってもらうという、


winwinの関係で
”才能の補い合い”が行われることで
『人類』に
多様性が生まれています。












【集中力が才能】






では
どのように
才能を発揮すれば良いのか?
というと、


才能を発揮できる場所を
探し、つくることです。






というのも
『一番の才能』とは
子供がゲームに熱中するかのごとく、


”寝る間も惜しんで
最大の集中力が発揮されるもの”です。






つまり
「やりたいこと」を
好きなだけやって、
それが仕事になることが
最も才能が発揮できることです。






そのためには
”最適なチャンネルに合わせる”
ことが必要で、


才能を発揮するための
”環境作り”や
関連のあるものや人に多く触れる
”機会作り”を
行うことで磨かれていきます。






好きなだけ「毎日やる」ことで
コツコツと才能が磨かれ、


毎日やるための
環境を整えることが
”才能を発揮する”ことに繋がるので、


もし
「あまり働かないアリ」であり
『フラストレーション』が溜まり
モヤモヤしているのなら、


『脳汁』が出て
「気持ちいい!!」と感じるものを
ゲーム感覚で探してみましょう。






でないと
”モヤモヤ”が
悪い方向へどんどん進み
さらに疲れてしまいます。






なぜなら
「あまり働かない人」に対して
日本人は特に
”自分に不利益”になってでも
”他人の足を引っ張る”
傾向が強いからです。






集団圧力が強い国民性なので
出来るだけ早く
”ワクワクすること”を
見つけることをオススメします。










【リラックスを身につける】






かと言って
そんなに早く見つかれば
苦労はありません。






人生をかえるには
環境を変えることや、
付き合う人を変えるなど、
大きな転機を決心する必要があります。






そして
生物は「知らない環境」へ
身を投じることに
不安、恐れを感じ、
緊張が生まれ、
IQが下がります。






しかし
知らない環境を攻略し
「ここは安全だった」ことを
体験を持って理解することで、


”出来ること”の幅が広がり
様々な分野に
リラックスした状態で挑め、
高いIQを得ることが出来ます。






つまり
『才能』を磨くには
『冒険』をして
世界の広さを吸収し、


開放的なマインドを得て
高いIQを発揮することです。






言葉で説明すると
「本当にそんな状態になるのか?」
と思うかもしれませんが、


リラックス=高いIQで
緊張=低いIQ
という法則があり、


会議室や緊張感のある現場では
うまく考えがまとまらないけど、


お風呂に入ってリラックスすると
よく閃きが湧いてくる


という経験なら
したことがあると思います。






このように
『リラックス』した状態で
レベルの高いIQを
発揮出来るようにすることが、


「才能の発揮のしかた」です。






そして
『ヨガ』をすることで
この『リラックス』を
手に入れることが出来ます。






ヨガをするということは
”自分の内面”と向き合うことであり、
そのような
『訓練』を行っているようなものなので


周囲に流されたり
影響を受けて
『緊張』してしまう
ことが少なくなります。






つまり
”才能を発揮する”ための
土台が出来ていきます。






そして
実際にヨガの経典にも
「ヨガは力を与える」
ということが書いてあり、


人生に役立つ『力(才能)』を
得る手助けになります。












【まとめ】






以上が
”才能を発揮する方法”
の紹介でした。






「自分には才能が無いのではないか?」
と感じ、
『承認欲求』を
うまく満たせずにいて、


次の段階である
自己実現の欲求』へ
進めずにいる人が
沢山いるように感じます。






なのでまずは
自分の”存在意義”を
確立して下さい。






うまく才能が発揮出来ていない時は
『休憩』のタイミングであり、
その時間にも価値があります。






そして
誰しもが持っている
「夢中でやってしまう」ことに
多くの時間を使いましょう。




疲れ知らずで
レベルの高いものを
量産できるようになります。






しかし
環境を変えたり
新しいことにチャレンジすることが
難しい人もいるかと思います。






実際には
「夢中でやってしまうこと」を
実践してみると、
効率の高さや
充実感を得られますが、


それを知らない人にとっては
ハードルが少し高いかもしれません。






そこで
確実な効果のある
『ヨガ』を行ってみることを


ここでは
提案させて頂きました。






ヨガでは
充実感も
閃きも感じ、


才能を発揮する
土台も作られ、


それを実践するバイタリティも
手に入ります。






効率的であり
本質的な『投資』なので
良ければ取り入れてみて下さい。






『才能』をすでに発揮している人にとっても
さらなるプラスな効果があります。








才能を発揮して
楽しい人生をおくって下さい。










それでは良き人生を。












ありがとうございました。