ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ヨガを習慣づける方法 〜条件付けと潜在意識を利用する〜

今回は
”ヨガを習慣づける方法”
の紹介です。






「よしやろう!」と
『マインド』の力を利用して
何かを行うことは、
長続きしない原因の1つです。






なぜなら
『力』が弱いからです。






それよりも
マインドの2万倍の力がある
『潜在意識』の力を利用すれば、
物事を成しやすくなります。






その『潜在意識』を利用する方法とは


①条件付けを利用する
②条件付けを強化する
③ヨガに応用する具体的な方法


というものです。












【条件付けを利用する】






ヨガに限らずですが、
習慣化したければ
『条件付け』が有効です。






これは
『広告』にも利用されているもので、


例えば
女優は俳優などの
『好ましい』人を
商品のイメージキャラクターに起用し
テレビなどで宣伝すると、


商品にも
『好ましい』感情を抱くようになり
よく売れる
といったものです。






そして
この『条件付け』を
『ヨガ』に応用することで、


潜在意識で自動的に
「ヨガでもしようかな」
という気分になれます。










【条件を強める】






条件付けの方法は、
『強化』と『消去』を利用することです。






例えば
『梅干し』を見て
”実際に食べる”ことで
唾液が沢山出るようになりますが、


逆に
『梅干し』を見て
”実際に食べない”ことで
唾液があまり出なくなります。






また
梅干しを食べたことが無い人は
梅干しを見ても
「すっぱい!」という気分にならず、
唾液が出ることはありません。






つまり
「梅干し=すっぱい=唾液が出る」
という
条件反射的な体の反応を、


『強める』か『弱める』
ことによって
『条件付け』をコントロールできます。






『強化』は
梅干しを見た時に
実際に食べて
「すっぱい!」と感じることを
”繰り返す”ことで起こり、






『消去』は
梅干しを見た時に
その時に食べずにいることで
「梅干しの映像=すっぱくない」
と体が覚えるので、


これが”繰り返される”ことで
唾液が出てくる量が減ります。












【ヨガに応用する具体的な方法】






次に
この『条件付け』を
『ヨガ』に応用する方法を紹介します。






その方法は
『ヨガマット』を
勝手に踏んでしまう所に
”敷いておく”ことです。






「ヨガマットの踏み心地=ヨガをする」は
ヨガを何度か経験している人なら
体が覚えており
既に条件付けが完了しています。






これを利用して
『ヨガマット』を
知らずに踏んでしまう所へ置いたり、


いつもの生活スペースへ
広げたまま置いておくことで、
ヨガマットを”踏む機会”を増やします。






これにより
「そういえばヨガでもしようかな」と
なんとなく自動的に
『思い』が起こる機会が増えるため、


ヨガへの抵抗も減り
取り組みやすくなります。








また
「ヨガマットを踏む=ヨガをする」を
『強化』していくことも重要で、


ヨガマットを踏んだら
①太陽礼拝1セット
アーサナ1ポーズ
③マットに座り目を閉じる、


のどれでも良いので
実際に行うことで
「ヨガしよ」という『思い』が
湧き上がりやすくなります。






要は
『条件付け』が『強化』されれば良いので
短い時間でもいいので
マットを踏んだらヨガを行いましょう。






そして
一度始めれば
『ついで』に
長時間行うことでも出来るので、


まずは
壁を『定着』されることが重要です。














【まとめ】






以上が
”ヨガを習慣づける方法”
の紹介でした。






方法自体は
単純なものですが、


『条件付け』は
”無意識”のうちに起こるので、


『習慣化』には
ぴったりです。








また
この方法はヨガに限らず
どんなことにも応用出来るため、


『習慣化』したいことがあれば
『強化』をしてみましょう。






全く『条件付け』が無い
初めてのことを
習慣化するのは、


最初のうちは
少し時間がかかりますが、


何度かヨガを行っていたりと、
すでに『経験』していることは
『強化』を利用して
『習慣化』しやすくなります。








よければ
人生が豊かになることに
応用してみて下さい。










それでは良き人生。










ありがとうございました。