ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ヨガで悩みが解決される理由 〜SNSでは消えない悩み〜

今回は
”悩みの本質”
という内容です。






誰しもが『悩み』を抱えていますが、
その悩みの原因は『欲望』です。






ここでは
『欲望』とのうまい付き合い方と、


『悩み』を解決するヒントを
紹介していきます。








その内容とは


①現代の本質的な悩み
②『心の自由』が解決のカギ
③「飽きるまでやる」という解決法
④ヨガで解決できる


というものです。












【本質的な悩みがある】






日本には
”物質的な価値”が十分に揃っています。






世界的に見ても
物質的な価値さえ届ければ
貧困問題を解決すること出来るほど、


物質的な『技術』は
十分便利な状態へ成熟しています。






つまり
マズローの5段欲求である
『生理欲求』
『安全欲求』
を満たしており、


社会生活を営んでいるため
『集団欲求』も満たされているため、


現代の”悩みの次元”は
『承認欲求』
自己実現欲求』
のどちらかに当てはまります。






物質的に豊かになり
『命の危険』が無くなった世界では、


いかに
「誰かに認められる」ことや
「誰かのために力を使う」か?
に頭を悩ませています。






そして
現代はインターネットの普及により
物質から『情報』へ世界が広がり、


『価値』の幅も
それに応じて多様化しています。






ゆえに
『選択肢』の多さや
『幸せの価値』の多さから、


「なにがしたいのか?」
という悩みが多くなりました。






このように
『承認』や『自己実現』を達成するために
『インターネット』を
駆使する時代となっていますが、


その分
「虚しさ」や「満たされない思い」が
強まっているようです。






例えば
SNSで『いいね!』を貰うことで
『承認』を満たそうとしたり、


インターネットの『繋がり』を利用し
自己実現』の速度を早めたり
などですが、  


ここで
「それがどうしたのか?」
「人生とはこれのことか?」
と疑問に思う人が増えている
ということです。






SNSや
インターネットを便利に使うこと自体は
なんの問題もありませんが、


『本質的な悩み』を解決できず、
その悩みの理由も分からないため、


とりあえず
『承認』や『自己実現』を満たして
その穴を埋めようとしますが、


うまくいかずに
同じことの繰り返しになる
という具合になり、


漠然とした『物足りなさ』を
感じて生きている人がいます。








このように
「何かが違う」と感じている人は、
『本質的な悩み』を持っている人
と言えます。








我々人類が本当に求めているのは
”物質的な豊かさ”や
”認められ喜び”などの
『欲求』ではなく、


本当の
『心の自由』です。












【『静けさ』は心の薬】






では
『心の自由』とは
なんなのでしょうか?






それは
『静寂』と表現できる
心の静けさのことです。






ヨガでは
「本当の心」は
水の奥底にあり、


感情的になるなどして
水面が波立っていては
「本当の心」を見失ってしまう。
とされており、


いかに
この「本当の心」の状態でいられるか?
が重視されています。






そして
『ヨガ』の本来の目的は
この「本当の心」を得ることです。






『ポーズ』などはあくまでも
「本当の心」を手に入れる
”手段の1つ”ですが、


この部分がうまく伝わっておらず
肉体的な効果のみに
注目が集まっています。






しかし
現代人が求めており
本当に必要な効果は、


この「本当の心」から得られる恩恵です。






「本当の心」をとらえれば
『サトヴィック』という、


心の平安・静寂・喜び
の状態となるため、


『鬱』や『自殺』の多い日本では
特に必要とされる
「精神的な効能」ではないでしょうか?






また
腰の軽さ・人当たりの良さ・活力
などの、


生きていくうえで不可欠な要素も
『サトヴィック』で手に入るため、


ほとんどの『悩み』を
解決することが出来ます。






むしろ
『人生』がうまくいかないことが
『悩み』のタネですが、


ヨガを行うことで
『人生』に必要な要素を
全て手に入れることが出来ます。






その
「必要な要素」の1つに
”肉体的な健康”が含まれており、


その部分に注目が集まって
『精神的な効果』の高さが
あまり広まっていないのが、


大変”勿体ない”ことです。












【飽きるまでやる】






また
『悩み』の原因は
『欲望』から発生しているもの
だったりしますが、


ヨガの教えには
「欲望を我慢」するような表現が
いくつか見られます。






その部分が
あまり日本人にマッチしていないことも、


『ヨガ哲学』が浸透しにくい
原因の1つです。






ですが
ヨガでは同時に、


「飽きるまでやる」ことの
大切さも説かれています。






欲望が強すぎて
気持ちが高ぶってしまったら、


次に進むための『マインド』が
うまく整いません。






なので
例えば
「ゲームがしたい」
「遊びに行きたい」
「ゆっくり休みたい」などの感情が
強く出てしまい、


「今はこのことしか考えられない」
状態だとしたら、


気持ちが落ち着くまで
とことんやってみましょう。






他にも
例えば


ヨガ中に『閃き』があったら、
メモをとるなどして
閃きに集中が奪われように工夫するなど、


小さな欲望や
『集中』が乱れそうになるものがあったら
うまく発散させて
調整していくと良いです。








このように
ある程度『発散』させたり
『飽きる』までやってみることも、


『悩み』を解決する
1つの手段です。














【まとめ】






以上が
”悩みの本質”
の紹介でした。






悩みは
『欲求・欲望』から生まれてくるもので、


とくに現代は
そのタネが多く存在しており、


いつまで経っても
そこから抜け出すことが出来ません。






それの解決方法は
『心の静寂』を手に入れ、
『サトヴィック』の状態になることです。






というのも
『欲望・欲求』が止めどなく現れるのは
『ラジャスティック』という状態で、


ジャスティックから
『サトヴィック』へ
「心と体」の次元を移すことが


ヨガでは勧められており、
それが『解決』になります。






ですが
これだけ『多様性』の時代であるため、


いきなり
「欲望を断つ」のも
難しいと思います。






なぜなら
現代人は”快楽神経”が敏感で、


大きな
『快楽』と『不快』に
振り回されているからです。






「快楽神経」とは
筆者が勝手に作った言葉ですが、
どのようなものかと言うと


『快楽』を感じる神経と
『不快』を感じる神経は同じものなので、


『快楽』を求めすぎると
『不快』へのダメージが大きくなり
『悩み』が増えます。






なので
「ある程度発散」させて
「飽きて」きたら、


”次のステップ”へ
進みましょう。






そして
「飽きた」と感じる目安として、


「同じことの繰り返しになってきた」
「なんのためにこんなことをしているの?」
「人生とはなんなのか?」
という疑問を持ちはじめた位が


飽きてきた頃合いと言えます。






また
すでにそのように感じている人は
『ヨガ』を行うことで
「本質的な解決」に近づくことが出来ます。






ヨガを行い
『サトヴィック』な状態となり、


『静寂』を手に入れることが
「次のステップ」です。








悩みを解決して
静かで喜びのある人生をはじめてみては
いかがでしょうか?








それでは良き人生を。










ありがとうございました。