ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

仕事で成果を出したいならヨガをしよう 〜ヨガのすごさの紹介〜

今回は
”ヨガが仕事の役に立つ理由”
という内容です。






ヨガは
本来はとても貴重なもので、


『一般人』には
教えてもらえないほど
価値の高いものでした。






しかし
現代はヨガが広まって
誰でも触れることが出来るため、


現代人は
とてつもなくラッキーです。






少し言い過ぎではないのか?
と思われるかもしれませんが、


ヨガの奥深さを知ると
納得の『時代背景』と『効果』です。








その内容とは


①ヨガは実は凄かった
②一番重要な部分を鍛えるのヨガ
③仕事で役に立つ理由


というものです。












【ヨガはめっちゃすごい】






ヨガには
およそ2000年の歴史があると言われ、


ヨガの『起源』となったものを含めると
5000年の歴史があると言われています。






それまでは
『口頭』で伝えられていた
ヨガの『真髄』は
一般の人には”難しい”内容
であったため、


現代行われている
『ポーズ』をとるヨガを
『パタンジャリ』という人が考案しました。






このおかげで
限られた人にしか理解出来なかった
『真髄』を、


多くの人が
理解出来るようになりました。






なので
ヨガを続けていると、


古代の人が
一子相伝で伝えていた『真髄』を
誰でも理解することが出来ます。






そして
この考案された『ヨガ』は、


当時は
”男性”で”王族”の人にしか
行うことが許されていませんでした。






ヨガとは
それほどの『奥義』が秘められたもので、


本来の目的や効果は
『エクササイズ』にとどまっていません。






もちろん
体にも嬉しい効果がありますが、


それはあくまでも
「心と体」は繋がっており、


『心』のコントロールを行うために
『体』のコンディションを整えることが
準備段階として用意されているからで、


肝心な部分は
『心』という内的で
精神的な部分です。












【心をコントロールすれば最強】






というのも
『ポーズ』は
全部で8段階あるうちの
1つの段階にしか過ぎません。






そして
これら8つの段階を行うヨガを
『ラージャ・ヨガ』と呼びます。






また
『アシュタンガヨガ』とも
呼ばれていますが、


ヨガの考案者『パタンジャリ』さんは
アシュタンガヨガを考案した人です。






では
なぜ『ラージャ・ヨガ』とも
呼ばれているのか?
というと、


まず
『ラージャ』は
『王』という意味で、


人体の『王』は
『心』とされています。






そして
ゆっくりと体を伸ばし
『痛み』と『心地よさ』を感じるのが
『アシュタンガヨガ』ですが、


アシュタンガヨガは
体の感覚を観察したりと
内的なもので、
『心のヨガ』とも呼ばれています。






一方で
アシュタンガヨガの後に考案された
『ハタヨガ』は、


『ラージャ・ヨガ』に必要な
体をつくる準備段階のヨガで、
肉体的な効果が期待されます。






つまり
『ラージャ・ヨガ』は
「心のためのヨガ」で、
『奥義』が秘められており、


『ハタヨガ』は
”準備体操”と言えるかもしれません。












【『万能』な人になる】






では
『心』のコントロールとは
どのようなものなのでしょうか?






まず
『心』を物理的に表現すると
『脳』になります。






そして
『体』は『脳』のための
発電機関であり、
脳の触覚とも言えます。






つまり
本来『体』は
『脳』のためにあり、


脳の”電気信号”の中身が
『心』なので、


『心』の重要性は
とても高いものと言えます。






そして
この『心』は
記憶でもなく、
感情でもありません。






本来の『心』は
水の底にあるもので、


『記憶』や
それに基づく『感情』によって
波が立つと、


見えなくなってしまいます。






つまり
『静寂』の中に
本来の『心』があり、


この状態を掴んでいると
『力』が湧いてくるとされています。






というのも
『サトヴィック』という
ヨガの”理想的な状態”があり、


この状態を保つことで
『静寂』『知性』『力強さ』『喜び』など
プラスなものを
手に入れることが出来ます。






そして
ヨガをしていると
『万能な人』になると言われており、


知性やバイタリティが上がるため
”何でも出来る”ようになります。






この
『万能』な状態を
『仕事』で役立たせることができるため、


いわゆる「出来る人」になり、
人格も高い人になります。






なので
仕事もプライベートも
全てを『充実』させるためには
『サトヴィック』な状態は欠かせません。






このように
『サトヴィック』になると
様々に良い効果をもたらせますが、


『真髄』は
また別の次元にあり、


あくまでも
「仕事が出来る」のは、


「体が健康になる」ような
『副産物』のようなものとも言えます。












【まとめ】






以上が
”ヨガが仕事の役に立つ理由”
という内容でした。






ヨガは
『肉体的』な面に注目が集まっていますが、


本来は
『全て』を良くする効果があり、


人生にも
仕事にも良い効果が現れます。






そして
哲学的な探求が進むと
『真髄』に触れるほど
重要な『奥義』でもあり、


肉体的な効果や
仕事で役立つ効果は
『副産物』と言えるかもしれません。






しかし
『人生』が豊かになることは
間違いないので、


特に現代人は、
この部分を利用しながら
ヨガを続けることが重要ではないのか?
と思います。








多くの女性の方が
『ヨガ』を習い事にされていますが、


『仕事』に大きな影響をもたらせるため
男性にも取り入れてほしいと思っています。








それでは良き人生を。












ありがとうございました。