ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

良質なコミュニケーションのとりかた 〜ヨガをすることでコミュニケーションの質が高まる理由〜

今回は
”良質なコミュニケーションのとり方”
という内容です。






「人との出会いが全て」
と言われるほど、
人生は他の人の影響力が強いものです。






なので
この強い『影響力』を
良い方向に使う方法を知れば、
人生が豊かになります。






その方法とは
コミュニケーションにより
『ベストな情報』を
交換することです。






その内容とは


①コミュニケーションの種類
②仲良くなるためのコミュニケーション
③高め合うためのコミュニケーション
④ヨガで質が高まる理由
というものです。












【コミュニケーションの流れ】






『コミュニケーション』には
・関係値を高めるものと
・相乗効果を起こすもの
があります。






『関係値』を高める
コミュニケーションとは、


相手と
「仲良くなる」ための
コミュニケーションで、


会話の内容の他にも
ジェスチャーなどの
身体的なコミュニケーションも


『関係値』のコミュニケーション
に入ります。






一方で
『相乗効果』を起こす
コミュニケーションとは、


ディベートのような
論理的な「内容重視」な
コミュニケーションです。






『相乗効果』というだけあって、


情報を話すことで
さらに有益な情報が返ってきたり、


お互いに得のある
充実した勉強の時間になることが
このコミュニケーションの特徴です。






『関係値』のコミュニケーションと
『相乗効果』のコミュニケーションは、


どちらも同時に行われたり、
どちらか一方で行われたりします。






そして
どちらも同時に行うことで
『質の高い』
コミュニケーションとなります。












【関係値のコミュニケーションとは?】






『関係値』のコミュニケーションは
『相乗効果』のコミュニケーションに
必要なステップです。






なぜなら
警戒心のある相手の話は
なかなか受け入れられないからです。






どんなにお得な情報でも
「この人が言ってるならウソかも」
などと思われては、


『相乗効果』が
生まれたとは言えません。






なので
「仲が良い」とまでいかなくても
「敵では無い」位に思われるだけで、


『相乗効果』に繋がる
『関係値』のコミュニケーションは
成功していると言えます。






では
どのように
『関係値』のコミュニケーションを
とればいいのか?
というと、


「話を聞く」ことです。






その人がどんな人なのか?
どのように考える人なのか?
などを知ることで、


「他人」から『知り合い』になり、
自分の中で相手の『重要性』が
高まります。






もちろん
「はじめまして」のレベルの質問と
「知り合い」レベルの
会話の内容を
調節する必要はありますが、


要は
『思いやり』がお互いに持てる距離に
コミュニケーションで近づくことが
『関係値』のコミュニケーションです。






人間は『社会』の力により
協力で進化した生き物なので、


『思いやり』により
力が与えられるシステムがあります。






逆に
ウソをついたり
傷つけるような
「非協力的」な個体は、


自然淘汰により
進化の過程で消滅していったので、


『マウント』をとったり
エネルギーを奪ったりする行為は
得がありません。






そして
現代はそんな人が割と多いので、


そういう「自殺行為」をしないだけで
『関係値』が
自然と高まる状況だったりします。






つまり
『思いやり』を持って接することで
必要な情報を交換しやすい『関係』
となります。










【相乗効果のコミュニケーションとは?】






『相乗効果』のコミュニケーション
で重要なことは、


「言うべき場面で必要なことを言う」
ことです。






例えば
誰かが発言したそうにしていたら、


「何か言いたそうだね」
と声をかけることなどです。






ここで重要なことは
「言うべきタイミングで言う」
ことで、


相手に必要な
『ベストな情報』が届くことです。






というのも
『会話』とは
キャッチボールなので、


相手のミットに
正しくボールを投げないと、
こちらにボールが返ってきません。






そして
ここでの『キャッチボール』とは
『本質的な情報』なので、


相手のミットにボールが入っているか
常に確認する必要があります。






それを行わずに
自分の言いたいことだけを言ったり、
自分の話すタイミングじゃないのに
喋ってしまうと、


必要な情報を
聞きそびれてしまいます。






では
どのように確認すればいいのか?
というと、
『観察』することです。






もう少し言い方を変えると、
「無駄口を言わない」ことです。






無駄口ばかり言っていると
本質的で有益な情報を
聞き逃します。






ここで得られる情報は
成功や成長などの
『幸福』に繋がっている内容なので、


これを聞き逃すと
いつまでも同じ悩みに
苦しむことになります。






また
ヨガの教えでも
「意味の無いことを言うと
言葉の力が弱くなる」
とも言われています。






なので
相手にベストな言葉をかけられるよう
注意を払っていれば
幸福に近づきます。






そして
相手にベストな情報が届けば
自分にもベストな情報が返ってきます。






なぜなら
自分では気付いていない
潜在的な「自分が欲しい情報」を、


相手の力を借りて
一緒に引き出すことが出来るからです。






これが
『相乗効果』のコミュニケーションの
特徴です。










【まとめ】






以上が
”良質なコミュニケーションのとり方”
の紹介でした。






まずは
”オープンマインド”を
お互いに持つために
『関係値』をある程度高めておきましょう。






オープンマインドでいることで
お互いに
「これは言わないほうがいいかも」と
遠慮せずに、


”必要な情報”かもしれない言葉を
言いやすくなります。






そして
お互いにオープンマインドになったら、


お互いの成長になるための
有益な情報を交換しましょう。






「人との出会いが全て」
と言われるほど、


他の人から得られる情報は
貴重で価値の高いものです。






そして
『全ての人』は
貴重で価値の高い情報を持っています。






いかにその情報を引き出すか?は
自分次第ですが、


「会話のタイミング」を
見極める方法を一度掴めば、


どんどん情報が入ってきて
人生が好転します。






しかし
中には『ドリームキラー』という
人生が好転するのを邪魔する人もいます。






そのようなことをする理由は
『無駄口』により
必要な情報を受けとれていないからです。






なので
相手や自分が
「ベストなことを言っているか?」
を知ることで、


ドリームキラーかどうかも見極められ
防御にも役立つようになります。






また
そのような静かなマインドで
「ベストなタイミング」を
無意識にでも持っている人がいたら、
積極的に話してみましょう。






このような
「静かなマインド」を
ヨガでは
『サトヴィック』と言い、


サットヴァが高い人とは
ベストな情報交換がしやすくなります。






そして
『サトヴィック』を高めるには
ヨガをすると良いです。






なぜなら
そのような「静かなマインド」に
『サトヴィック』という
言葉をつけられる程、


その道に精通しているからです。








ですが
「会話に注意を払う」だけでも
十分ベストな情報を得ることができます。








なので
ぜひとも
コミュニケーションにより
人生を豊かにしてみてください。








それでは良き人生を。










ありがとうございました。