ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

実はすごい『呼吸』の秘密 〜ヨガでゾーンに入るスイッチは呼吸〜

今回は
”呼吸の大切さ”
という内容です。






『呼吸』なタダなので
あまり注目されていませんが、


日本人は
『呼吸』と縁が深いし、
マスターすることで
大きな恩恵を得られます。






また
『ヨガ』では
『呼吸』は重要なものとされていますが、


どのように重要で
どんなメリットがあるのか?
はあまり伝わっていません。






そこで
この記事では
『実は凄い呼吸の秘密』
を解説します。






その内容とは


①ヨガをするとゾーンに入る
②ゾーンに入る条件の1つが呼吸
③呼吸をコントロールするには?
④日本人と呼吸の関係


というものです。










【ヨガが凄い理由】






ヨガをすると
『ゾーン』に入りやすくなり、


仕事などのパフォーマンスが
高まります。






その理由は
体を動かすことによって
『興奮』しながら、


同時に
ストレッチなどによって
『リラックス』が得られることで、


『興奮』と『リラックス』が
同時に高まり
『ゾーン』や『フロー』に
入りやすくなるからです。






というのも
スポーツの分野や
医学界では、


『興奮』の交感神経と
『リラックス』の副交感神経が
同時に高まることで、


「時間が止まったような感覚」を得つつ
視野が一気に広がり
高いパフォーマンスが発揮されることが
解明されています。






そして
このような
・時間感覚の変化や
・視野の広がりとは
『ゾーン』に入った時の特徴です。












【リラックスの仕組み】






『リラックス』の条件の1つに
『呼吸』をする
というものがあります。






「呼吸なんていつでもしてる」
と思われがちですが、


『緊張』すると
無意識のうちに
呼吸が浅くなったり
止まったりします。






そして
呼吸が止まると
『ため息』をして
呼吸のリズムを整えようと
体が調整します。






つまり
『緊張』=『無呼吸』
であり、


逆に
『リラックス』=『呼吸』
でもあります。






そして
現代人は『緊張』が多いため、


「呼吸をする」という
当たり前なことが
なかなか出来ていません。






だからこそ
「呼吸のコントロール」に価値があり、


コントロールすることで
『リラックス』と
『ゾーン』を得ることが出来ます。






そして
ヨガには『呼吸法』という
「呼吸をコントロールする方法」
があります。






なので
ヨガをやっている人は
『リラックス』や、
『ゾーン』に近い
『フロー』や『集中』を持っています。












【呼吸を観察するメリット】






では
ヨガをしていない人は
呼吸のコントロールが出来ないのか?
というと、
そうではありません。






要は
『呼吸』をすればいいので
息をすることを『意識』することが
コントロール法とも言えます。






なので
ヨガ以外のコントロール法とは
「呼吸の観察」
をすることです。






ちなみに
ヴィパッサナー瞑想』という
瞑想センターで行っている
呼吸を観察する瞑想法があります。






このセンターで瞑想をする条件として
・十日間の瞑想と
・他の人と目を合わせたり喋らないことと
・本や携帯などの使用の禁止と
・1日2食(晩無し)の食事制限と
・途中辞退禁止
などの
様々なルールを
守る必要があります。






それほど集中して
『呼吸』を観察する瞑想を行うと、


繊細になって
最終日に泣いてしまったり、


体に振動や電気を感じたりと
様々な変化が訪れます。






それほど
『呼吸の観察』には力があります。






そして
常に『観察』することが身に着けば
いつでも呼吸が出来て、


『緊張』することも無くなり
怖いものが無くなっていき、


人間関係の悩みや
不安などから開放され、
幸福度も高まります。






ちなみに
『呼吸』を長く行うほど
動揺や不安などからの
「心の耐性」が強くなります。






なぜなら
『平常心』であるほど
落ち着いて
ゆるやかな呼吸になり、


逆に
ゆっくり呼吸をすることで
『平常心』を作りだせるからです。






そして
『肺』が柔らかくなれば
呼吸をゆっくり行うことができ、


『呼吸法』を行うことで
肺が柔らかくなります。






なので
「ヨガは時間も体力も無いからちょっと…」
と思っている人は、


『呼吸法』だけでも
十分に効果が得られるので
ぜひとも取り入れてみて下さい。












【まとめ】






以上が
”呼吸の大切さ”
の紹介でした。






なかなか軽視されがちな
『呼吸』ですが、


呼吸は
「コントロール可能な自律神経」
と言われており、


呼吸によって
体や精神の状態を
整えることが出来ます。






そして
『自律神経』による病気の多い
現代人はとくに、


『呼吸』のコントロール
大きな効果を発揮します。






「病院では治らなかったけど
ヨガで治る病気がある」のは、


ヨガが
『自律神経』の専門分野
だからでもあります。






また
黄色人種』である日本人はとくに
『呼吸』と相性が良い
体のつくりになっています。






というのも
『肌の色』は
太陽からの熱吸収率に影響があり、


黒人と
白人と
黄色人種では、


太陽エネルギーの影響で
骨格やマインドに
大きな変化を与えています。






そして
土地や気候の影響もありますが、


基本的には
黄色人種は『呼吸』的な人種です。






ちなみに
白人は
アメリカとイギリスなどで
違いがありますが、


基本的には
『内省』的な人種で、
『証明』をしたがります。






黒人は
『肉体(五感)』的な人種で、
音楽やダンスの才能があったりします。






そして
黄色人種は『呼吸』に適した人種で、


特に日本人は
「空気を読む」文化があるほど
呼吸に関するネタに敏感です。






だからこそ
『呼吸』をマスターすることが
大きなメリットを生みます。








呼吸の恩恵が多い
『日本人』の特性を活かして、
人生を豊かにしてみて下さい。








それでは良き人生を。








ありがとうございました。