ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ヨガで行動力が上がる理由 〜考えると行動しなくなるのは本能〜

今回は
”ヨガで行動力が上がる理由”
という内容です。






ヨガをすると
体が軽くなり、
行動を起こしやすくなりますが、


『身体的』な理由の他にも
様々な理由により
『行動力』が上がります。






今回は
その理由の1つを紹介します。






その内容とは


①行動を妨害するのは『思考』の理由
②思考せずに過ごすことは『瞑想』
③やらない理由が分かれば『出来る』理由


というものです。












【考えることのデメリット】






『行動』に移すまでに
あれこれと『想像』をしてしまうことで、
『やる気』が落ちてしまいます。






その理由は
記憶は『不安』と
リンクしているからです。






記憶を司る『海馬』の横には
感情と関係のある『扁桃体』があり、
そこを通って
『側頭葉』に記憶が保存されますが、


要は
『記憶』は
「危険なこと」や「嫌だったこと」を
強く覚えるシステムになっています。






その理由は
同じ過ちを繰り返すと
『命』の危険があるからです。






なので
何かを始める時に
「過去に似たようなことがあったな」とか
「これを今までの経験に当てはめると」
など、


記憶を引っ張りだしたり
関連づけたりすることで、


『不安』が起こり
「やりたくない」
という感情が湧きやすくなります。






つまり
あれこれ考える前に行動しないと、
いつまで経っても行動できません。












【考えなければ即行動できる】






「今この瞬間」に集中していれば
『即行動』になります。






なぜなら
『瞑想』は
『行動』を見つめており、


思考も肉体も
感じている対象全てが
『行動』の中にあるからです。








もう少し表現を変えると、


「やるか」「やらないか」
の2択ではなく、


常に「やっている」ので
「行動する」という
考えではなくなります。






つまり
「やらないと」という、
『行動』を邪魔している
『想像』のステップを


飛ばすことができるため、
モチベーションが下がらなくなります。






分かりにくいかもしれないので
もう少し感覚的に説明すると、


「やらないと」という考えは
『思考の世界』であり、
現実ではありません。






そして
瞑想などで
『今』を見つめている状態だと、


『現実の世界』を生きているため
思考が入りこみません。






このように
「考えない」でいると
直感的に体が動くため、


最初の一歩が
『自動的』に踏み出されます。












【理由が分かれば壁を突破できる】






ヨガをしていると
思ったことを
即行動に移せるようになりますが、


その理由が
「考えない」からです。






これは
「ポジティブになった」
と表現することもでき、


あれこれと考えなくなれば
自然と『ネガティブ』が
減少していきます。






ヨガをしていると
心と体を
常に『観察』している
『瞑想』に近い状態となります。






そして
「心の動き」を観察出来ていると、


感情と思考を
『俯瞰』して
『客観的』に見ることが出来るため、


「やりたくない理由」が
一瞬で理解できるようになり、


理解してしまえば
解決の方法が分かります。






つまり
そもそも
「考えない」状態になり、


その理由は
考えたとしても
『理由』が分かっているため
問題にならなくなるからで、


その結果
ネガティブよりも
『ポジティブ』が優先され
物事に素早く取り組めるようになります。










【まとめ】






以上が
”ヨガで行動力が上がる理由”
の紹介でした。






要は
気持ちや
行動を
『客観視』することが出来れば、


「やりたくない」
「めんどくさい」
という気持ちがあっても
関係なくなります。






なぜなら
それは『自分』では無いからです。






また
そこまで客観的でなくても、


「嫌な理由」さえ見つけてしまえば
足止めがゆるくなり
ポジティブな思考になります。






そして
最も大きい効果は
「考えない」ことで
『不安』から遠のくので、


『行動』の邪魔が無くなることです。






他にも様々な理由がありますが、


ヨガすることで
総合的にマインドが良くなり
『行動力』が高まります。






その一部を
今回はご紹介しました。








『行動量』は
『成功』なので、


やるなり
書くなり
関わるなり、


沢山行動を起こして
人生を有意義に過ごして下さい。








それでは良き人生を。










ありがとうございました。