ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ヨガが欲望のコントロールを勧めている理由とは? 〜足るを知ることでIQが上がる〜

今回は
”欲望のデメリット”
という内容です。






欲望が良くないもの
ということは
なんとなく予想がつきますが、


どれほどの被害が生まれ
なにを失うのか?
ということを紹介します。








その内容とは、


①日本は欲望の高い国
②欲望のデメリットと満足のメリット
③足りないという思い込みは、お金への不安
④満足を知ればエコになる


というものです。












【日本は欲望で発展している?】






ヨガには
『サントーシャ』という、


「今あるものに満足する」ことを
すすめる教えがあります。






しかし
現代には
十分にお金や財産があるのに、


「もっと欲しい」
「まだ足りない」と
欲望が尽きない人が沢山います。






これは
特に日本人に多い傾向にあり、


「満たされない」という欠乏感が
特に顕著です。






その理由は
すでに物質的に満たされているのに、


「さらにお金が必要だ」という
マインドコントロール
いたる所で受けているからです。






そんな
社会からの
マインドコントロールに加え、


脳は
『危険』を避けることに
大きなエネルギーを使うため、


「もっと安全になりたい」
という
生存的な欲求を強く発揮します。






つまり
「より快適な生活」のために
毎日社会を動かし、
仕事をするのが
当たり前なマインドになっているのと、


生きることへの『不安』を煽られて
『生存欲求』が刺激されている
などの理由により、


「満足する」ことが
難しい社会となっています。










【欲望のデメリット、満足のメリット】






「もっと欲しい」
という欲望が膨らむ人と、


「これ位でいいや」と
サントーシャが身についている人に
二極化している
『現代』ですが、


それは
「もっと欲しい」という
欲望の『デメリット』を
理解しているかどうか?
の違いでもあります。






というのも
「もっと欲しい」の
欲望を強めていくと、


『快楽』を感じる神経が発達し
少しの刺激では
満足出来なくなりますが、


快楽を感じる神経は
『不快』を感じる神経と同じなので、


少しの不快感でも
激しい嫌悪を感じるようになります。






つまり
欲望を強めるほど、


「嫌なこと」への
ストレス耐性が弱くなります。






また
「もっと欲しい」と願い
欲望を強くさせていると
『ラジャス』となり、


怒りが強くなり
相手に不快感を与えやすくなります。






相手に不快感を与えると
自分が「居心地の悪さ」を感じますが、


自分が発生源になっているため
原因を特定できないまま
悩みの堂々巡りがおき、
欠乏症がさらに大きくなります。






逆に
サントーシャを守り
いまあるものに『満足』していると、


持っているものの
『ポテンシャル』を引き出せるため
どんどん物が必要なくなってきます。






つまり
『欲望』を手放しで強めていると
負のスパイラルにハマり
ますます欲望が増加していき、


『満足』に方向転換することで
正のスパイラルが生まれ
欲望がどんどん遠ざかっていきます。






このように
『欲望』をコントロールすることで、


二極化の
どちらへ進むのかを
選択することができます。












【足りないという思い込み】






サントーシャを守らず
『欲望』を強くすると、


「お金で買える幸せ」を
満たそうとします。






また
「お金で買えないものはない」
という思想にもなりがちです。






このように考える理由は
過去の『トラウマ』が原因で、


物質的な価値観から
エネルギーが奪われた経験がある人です。






そして
そこからさらに
エネルギーを奪われないために、


エネルギーが奪われた方法を学習して
防御法を生み出します。






つまり
これ以上エネルギーを奪われないための
『防御法』が、


『欲望』を大きくする
原因になっている可能性があり、


『生存欲求』という大きな力で
『欲望』を膨らませている
可能性があります。






なので
自分が持っている『価値観』と
『恐怖』を見極める必要があり、


「お金がないと不安」
という思いが強い場合は、


『サントーシャ』を
意識することで
恐怖を軽減することができます。












【まとめ】






以上が
”欲望のデメリット”
の紹介でした。






ヨガでは
欲望をコントロールする教えがあり、


このコントロールを得ることで
欲望からの
『解放』を体験することができます。






そのコントロール
ヤマ・ニヤマの
『サントーシャ』という教えですが、


これは
「足るを知る」という考え方で、


満足を知ることで
持っているものの
『使い道』を最大限
有効活用できるようになります。




例えば
普通の感覚ではゴミだと思うような
『ヒモ』があったとすると、


それを見た瞬間に
「そういえばあそこにヒモが必要だったな」
と直観的に
使い道を閃くようになります。






このように
「目のつけどころ」が変わるだけで
道具を使いこなせるようになりますが、


これは
「IQが上がった」
と表現することができます。






なぜなら
「違った着眼点」は
IQが上がらないと
見付けられないからです。






そうして
「物質的な対処法」を
手に入れることができれば
恐怖から一旦離れ
冷静になることができるため、


「お金で買えない幸せ」を考えるための
脳の容量が空きます。






冷静に考えれば
お金で買えるものと
そうでないもの
の区別をつけることができますが、


ラジャスで
興奮し
視野が狭く
IQが下がっている状態では
判断がくるってしまうものです。






つまり
『欲望』のままに動いてたり
『恐怖』に突き動かされていると
目がかすんでしまい、


『満足』を感じて
『冷静』になることで
はっきりと状況が見えるようになります。








欲望は『苦しみ』なので
それを取り除き
人生の満足度を高めてください。








それではよき人生を。












ありがとうごさいました。