ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ヨガの道徳、ヤマ・ニヤマのメリットとは? 〜日本の『普通』は道徳に反している?〜

今回は
”道徳のメリット”
という内容です。






『道徳』とは
ヨガでいう
ヤマ・ニヤマのことですが、


これらを守ることで
多くのメリットが得られます。






それは
『IQ』や
『元気』などの
生きるうえで大切な力で、


総合的な
人間力』に繋がることです。






なぜ
人間力』に繋がるのでしょうか?






その内容とは


①道徳を破るデメリット
②道徳を守るメリット
③普通と道徳の関係


というものです。










【道徳を破るデメリット】






周囲に迷惑をかける人は
IQが下がっている人です。






なぜなら
迷惑をかけると
『自分』が一番の被害者になることに
気づいていないからです。






迷惑をかけると
『反感』をかって
人が離れていくのと、


脳が
「自分は迷惑をかけられてもいいんだ」
というマインドになるため、


自分が「嫌だな」
と感じることを
無意識のうちに選択していき
引き寄せてしまいます。






というのも
人間が本来行うべきは
『道徳』的なことで、


『道徳的観念』は
進化の過程で獲得した能力であるため
道徳を守ると『力』が貰えます。






逆に
道徳を破ると『力』が減ります。






そして
力が減った状態が
IQが下がっている状態と言えます。






少し厳しいことをいいましたが、


ここで伝えたいことは
IQ、
バイタリティー
力強さ、
などの
総合的な
人間力』は、


道徳を破ることで減り
守ることで高まる性質がある
ということです。










【道徳を守るメリット】






「道徳を守るのがキツイ」
と感じる人は、


「エネルギーを人から奪えなくてキツイ」
と言っているようなものです。






なぜなら
エネルギーが溢れ
満たされている人は、


道徳を破る必要がないからです。






では
エネルギーとはなんなのか?
というと、


簡単にいうと
『元気』のことです。






『元気』は
脳内物質である
アドレナリンや
エンドルフィンから作られますが、


例えば
ワクワクして
何かに集中して取り組んでいる時は、


あっという間に時間が過ぎ
子供が徹夜でゲームをするかのごとく
高いエネルギー量が生まれています。






同じご飯を食べ
適切に健康的な生活をしていても、


ワクワクしている人と
そうでない人とでは
『行動量』に圧倒的な差が生まれます。






そして
高いエネルギー量は
本来「自分の内」にあるもので、


『外』に意識を向けていると
無限と言えるパワーに
アクセスできなくなります。






なぜなら
『集中力』が散漫になることで
力の源を特定できなくなるからです。






さらに
『道徳』は
進化の過程で手に入れたものですが、


これを破るということは
『生存』を脅かす行為で、
破ると「ヤバい」ことに
本能的に気づいており、


続けて道徳を破るためには
その信号を無視しなければいけなくなり
感覚をどんどん鈍くしていきます。






つまり
道徳を破るほど
集中力が減り
人間力』から遠ざかります。






そして
エネルギーが足りない欠乏感が
『欲望』として現れるため、


道徳を破り
集中力を失うほど
欲望が強まっていきます。










【普通と道徳の関係】






抽象的な表現が多くなったので
もう少し具体的な例を出すと、


人を見下したり、


権力主義で
ヒエラルキー的なマインドであったり、


印象操作をして
欲望のために人心掌握をすること
などは、


道徳に反していることです。








なぜなら
「自分がされて嫌なことをしない」
というのが、
道徳の基本的な考えだからです。






もう少し別の言い方をすると、


ブーメランが刺さって辛くなるので
投げないように注意しましょう。
という親切な教えが道徳です。






正確に言うと
・非暴力
・嘘をつかない
・盗まない
・欲望を持たない
などですが、


心の中で相手を傷つけることや、
盗み聞きなども
これにあたります。






脳は
自分の行動や言動を
自分自身で観察し、


さらに
「自分と相手」
という概念が無いため、


人のことを見下すと
それと同じ度合いだけ
自分を惨めな思いにさせます。






だからこそ
「やらないほうがいいこと」
という概念が生まれていますが、


「道徳とか知らんし」
と思っている人は、


『悩み』の原因が
自分の行動や言動や思考
だと気づいていません。






もっと重症化している人は
感覚が鈍感になり過ぎて
『悩み』に気づいていないこともあります。






しかし
この『迷惑』の基準は
国によって
捉え方が違います。






日本人は
『普通』から外れずに
『調和』を重んじる文化ですが、


声が大きい人が勝手に
『普通』をつくったりします。






そして
『調和』のために利用されるべき
『普通』を、


同調圧力
空気や
一般論など、


様々なテクニックを使って
印象操作がされ、
都合よく利用されています。






そして
これを行うとどうなるのか?
というと、


『欲望』の混ざった
『普通』が蔓延し
『調和』が生まれなくなります。






また
本来は道徳を守ることが
『普通』なのに、


非道徳的な『普通』が広まることで
混乱が生まれ、
社会不安が高まります。






つまり
『普通』に生きたいのに、


何が普通か分からない状態なので
守りたくても守れず、


いつの間にか
『調和』や『道徳』を破壊することに
加担してしまい、


国全体で
『平和レベル』を
低下させてしまってる
可能性があります。












【まとめ】






以上が
”道徳のメリット”
の紹介でした。






道徳とは
ヨガでいう
ヤマ・ニヤマのことですが、


これを守ることで
人間力』や
『IQ』や
『元気』を得ることに繋がります。




しかし
日本では
『普通』と『道徳』が混同していて、


正しいことをしているつもりで
道徳を破っている可能性があるため、
注意深くいる必要があります。






そして
道徳を守れているかどうか?は、


ヤマ・ニヤマを振り返り
チェックするといいです。






守れているほど
根源的な『力』を
引き出しやすくなるので、


守れていないと感じる人は
余力があると言えます。






なので
残りの力を引き出して
人生に役立てみて下さい。








それでは良き人生を。








ありがとうございました。