ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ヨガ的なライフスタイルとは? 〜ナチュラリストやミニマリストとヨガの関係とは?〜

今回は
”ヨガ的なライフスタイル”
という内容です。




日本でヨガ的な生活をおくると
ナチュラリスト』や
ミニマリスト』のような
ライフスタイルになることがあります。




割と多くなっている
これらのライフスタイルと
ヨガの共通点はどんなものなのでしょうか?




その内容とは


①ヨガをしていると自然なものが恋しくなる
②多くを持たないというヨガの教え
③日本ではまだまだ実践しにく理由


というものです。










【自然とヨガの関係】






ナチュラリスト
という言葉がありますが、


これは
自然のものを
生活に取り入れようとする考えのことで、


文明から少し離れた生活
を好む人達にも共通している
生き方の選択肢です。




また
実際に山や自然の多いところで
生活する人に限らず、


ガーデニングをしている人や、
食事で自然のものを
多く取り入れようとする人も


ナチュラリスト』的な
自然を好む傾向のある人達です。




というのも
『自然』や『緑』に触れることで
リラックスが高まる効果がありますが、


ストレスの多い現代人にとっては
ナチュラルな成分を求める割合が
高くなっています。




つまり
ナチュラリスト
とまではいかなくても、


それに近い感性を持っている人達や、
潜在的に求めている人達が
多くなっているのは、


『現代』で起こるべくして起こっている
自然な流れと言えます。








【持ち物を少なくするというヨガの実践】






ヨガをすると
自然のものを多く取り入れたくなります。






これは
筆者の実体験ですか、


ヨガを始めたばかりの時に
1日4時間を2か月行いましたが、


その結果、
今まで
肉中心の食生活だったのが、
自然と
野菜しか欲しくなくなってきました。




また
ヨガには、


『サントーシャ』という
「あるがままに満足する」
教えがあります。




つまり
ヨガの教えを守ることで、


必要以上にあれこれと求めず
今あるもので満足できるようになり、


アーサナを行うことで
『生活習慣』レベルから
自然なものを求めるため、


『自然』への興味が高まっていきます。






もう少し言い方をかえると、


『自然』は誰しももっていて、
心の波をざわつかせることで
ナチュラルな「本来の自分」を
見失っている状態と言えます。




なぜなら
思考や感情が
水面を波立たせると、


水の底にある
「本当の自分」が見えなくなる
と言われており、


「本来の自分」は
サントーシャなどの
ヤマ・ニヤマを
好ましく感じるからです。






逆に
波の原因である
思考や感情は
『欲望』から生まれている可能性があり、


欲望が膨らむほど
本来あるべき姿を見失います。




つまり
ミニマリスト』的な
生活を送ることで、


ヨガ的な
考えや
ライフスタイルに
近づく可能性があります。








【欲望の強い現代のデメリット】




『欲望』により
自然から離れたマインドに
なりやすいことを紹介しましたが、


もう少し正確に言うと
『ラジャス』が高まると
『欲望』が高まります。




そして
日本人は『ラジャスティック』
な人が多く、


欲望や怒りを高め
自然な精神状態から
遠ざかりがちです。




そして
人同士は『感応』しあっているため、


ラジャスの影響が多い場所では、
自分もいつの間にか
そのようになっていることがあります。




つまり
『日本』という
ラジャスの高い環境にいると、


欲望や怒りが
「当たり前」になりやすいので、
気をつけなければいけません。




先ほども紹介しましたが、


『欲望』は
水面に波を発生させ、
水の底にある「本来の自分」を
見えなくさせています。




なので
環境に注意しないと、


いつの間にか
持つ必要のない『欲望』を
持ってしまうかもしれません。




では
どのような『環境』に
身を置けばいいのか?
というと、


『サットヴァ』という
『善』の性質を持っている人
の多い環境にいくか、


自己中心的で
攻撃的な
『ラジャス』の人達から
意識や行動が
交わらない環境に移動することです。




仕事などで
どうしてもそのような人と
関わらければいけない時は、


自分で
「影響を受けているかもしれない」
と自覚して生活をすることで
ある程度回避することもできます。




そして
筆者のおすすめは、


『インド』の田舎で
ノンビリ過ごすことです。




なぜなら
インドは物質的な発展があまり無く
仕事のやり方もセカセカしていないため、
『ラジャス』になりにくいからです。






そして
インドでは半年で30万円くらい
で過ごすことができるため、


金銭的な焦りを軽減でき
ゆっくりと『ラジャス』を
落ち着かせることができます。




インドでなくても
物価が安く
ノンビリ過ごせる国は沢山あるので、


時間ができた時には
治療目的で
長期滞在してみてはいかがでしょうか?










【まとめ】




以上が
”ヨガ的なライフスタイル”
の紹介でした。






ヨガ的な生活スタイルは
ナチュラリスト』や
ミニマリスト』と
共通しているところがあり、


自然なものを取り入れたり
多くのものを持たないことが、
ヤマ・ニヤマ的で
アーサナの効果と同じなため、


ヨガをしている人は
これらのライフスタイルが
参考になるかもしれません。




しかし
『欲望』の多い環境にいると
自分も欲望が増してしまうため、


ヨガ的な効果を得たければ
『環境』を変えることも大事です。




そして
ある程度時間をかけることで
感覚を取り戻すことが出来るため、


時間ができたら
海外の田舎でノンビリ過ごしてみるのも
一つの手かもしれません。






本来の自分を取り戻し
幸福度の高い人生を
おくってみてください。






それでは良き人生を。








ありがとうございました。