ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

教えるメリットとは? 〜ヨガ的な教わり方とは?〜

今回は
”教わることと教えることのメリット”
という内容です。






『教える』ことは
日常でよく発生するイベントですが、


その中には
様々な形の『成長』が 
含まれています。






では
どんな成長が見込めるのでしょうか?






その内容とは


①社会人として必要な成長
②IQが高くなる理由
③教えることで学習効果を高める


というものです。










【尊敬のメリット】






ヨガには
いくつかの種類があります。






その中に
『カルマヨガ』というものがあり、


カルマヨガの教えの中に
「相手をリスペクトするほど
その人の力を貰うことができる」
というものがあります。






これは
『教育』に精通しているところがあり、


インド人は
仕事の上司にあたる人を
『尊敬』することが常識で、


さらに
あまり具体的に
仕事の内容を教えたりしません。






つまり
仕事の上司をリスペクトし
その人の力を得ることで
仕事を覚えていくスタイルで、


この教育システムが
カルマヨガに精通している
と言えます。






ちなみに
『カルマヨガ』自体は
ボランティア的な側面があったり、


『行い』を正すことで
道を進むヨガの方法です。












【本物の知識にする方法】






人に何かを教える時は
『体験』したことであるほど
よく伝わります。






というのも
ヨガの教えでは、


「実際に体験して知りえたことこそ
本物の『知識』である」
されており、


教科書などで得られる
情報的な知識は、
「体験的な知識」を得るまでの
準備段階と言えます。






そして
本で読んだ知識を
「本物の知識」に落とし込んでいれば、


他の人へ
深い知識を伝えることが出来ます。






もちろん
本で読んだ知識も
人に伝える必要がありますが、


体験的な知識と
合わせて人に伝えることで
より多くの情報が伝わります。






なぜなら
点と点が『線』になることで
大きな理解を得ることができ、


情報的な知識も
1つの『点』となるからです。






そして
このように
点と点が『線』になることも
1つの『体験』であり、


『線』になったことを
「IQが上がった」と
表現することができます。






つまり
IQが上がることは
本物の知識を得ることであり、


『体験』をすることは
IQを上げるのに
大きく役立ちます。










【教えて教わる】






自分の
学習効果をあげるには、


実際に誰かに教えることで
高めることが出来ます。






なぜなら
相手の「足らない知識」を理解することで
自分が何を伝えればいいか?
が分かるからです。






つまり
「教えることは教わること」
なので、


何か学習をしたら
誰かに教えてあげて下さい。






というのも
棋士藤井聡太プロが受けていた
モンテッソーリ教育』の中に
「縦割りクラス制度」
というものがあります。






これは
高学年が低学年の
『お手本』となるように振る舞う制度で、


簡単に言うと
子供自らが『教える』ことで
それが『成長』となります。






また
後輩などが出来て
『教える』機会が得られた時に、


一層理解が深まって
仕事などがはかどった
という経験をした人もいるかと思います。






教えることで
『学習』が深まるため、


インプットをしたら
アウトプットをすると良いです。










【まとめ】






以上が
”教わることと教えることの関係”
の紹介でした。






ヨガ的には
『リスペクト』をすることで
学習効果が高まる
とされています。






その理由は
尊敬をすることで
注意深い『観察力』が
発生するからです。






そして
IQが上がるように
点と点を『線』にすることで、


教わったことを
「本物の知識」に
昇華することが可能です。






注意深く観察するほど
『点』が大きくなり
『線』が繋がりますが、


『線』になるということは
「わかった」「理解した」
ということなので、


教科書的な
知識としての理解よりも
情報量が多くなり、


今までの『体験』と
『知識』がリンクし、
「本物の知識」に
昇華しやすくなります。






さらに
「人に教える」ことは
「人に教えてもらう」こと
でもあるため、


インプットがあった場合には
アウトプットを心がけましょう。






このように
『教える』ことで、
様々な要素により
『成長』することが出来るため、


教える機会を増やして
人生の質を向上させてみて下さい。








それでは良き人生を。








ありがとうございました。