ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ヨガで生活の次元を変化させる方法 〜刺激的なものだけが人生ではない〜

今回は
”刺激をコントロールするメリット”
という内容です。




『刺激』は
快楽的な側面があり、


ついつい
刺激の甘い罠にはまってしまいます。




今回は
その罠にはまるデメリットと、
そこから抜け出すと
どうなるのか?
の紹介です。




その内容とは


①意識の向きをコントロールする
②どうせならメリットのあることをする
③次元を飛び越えて幸福感を得る


というものです。








【】




聖人である『マザーテレサ』は
反戦集会に行かないけれど
平和集会には行きます」
という言葉を残しており、


そうなってほしいことに
『意識』を向ける大切さを
メッセージとして
受け取ることが出来ます。




そして
ヨガでは
『アヒンサー』という
『非暴力』の教えがあります。




一見これは
『暴力』に意識が合って、


反戦集会」的な思考なのではないか?
と思われるかもしれませんが、


本質的には
『非暴力』と
反戦マインド」には
明確な違いがあります。




なぜなら
反戦』マインドには
争いを「憎む」気持ちがありますが、


『非暴力』マインドには
暴力を「行わない」という
抑止の気持ちが現れているからです。




このように
「行わない」ことには
『欲望』を抑える意味が含まれているため、


「離れる」ことが出来る
というメリットや効果があります。






一方で
反戦』を「行う」ことは
一つの欲望を持っていることになり、


『争い』に意識を移動させているので
巻き込まれないよう注意が必要です。




つまり
意識を向ける方向を
調整する必要があり、


反戦」だと
『戦争』に意識が向いてしまう可能性があり、


「非暴力」だと
意識を『ストップ』させる効力を持っています。




この辺りを理解することで
『意識』の流れが読めるようになり、


意識の流れが読めるようになれば
『無意識』のうちに
意識を奪れなくなります。










【】




平和か?
戦争か?
を例に出しましたが、


この章で伝えたいことは
善か悪かの
『二極的』な思考が
存在しており、


どうせなら
『善』を意識するほうが
ストレスが少なく
幸福度の高い人生となる
ということです。




『平和』的なものや
『善』に思考を合わせておくことで
その世界の影響を受け、
思考や言動や行動が
プラスになっていきます。




プラスとはなんなのか?
というと、


人類が進化で獲得してきた
『協力』の力を働かせるエネルギーで、


『協力』に基づいた
思考・言動・行動であるほど
パワフルさを得ることができます。




逆に
『戦争』的なものに思考を合わせることで
思考や言動や行動に
「違和感」が生まれ、
パワー不足となります。




言うなれば
「この道で合っているのか?」
と思いながら進むのと、


「この道で間違いない」
と思って進むのでは
歩みの速度が違ってきて、


『道徳(善)』的なことであるほど
最後まで
疑問を持たずにいられます。




このように
どうせ進むなら、


納得したうえで
パワフルに力を発揮できるものに
思考・言動・行動などの
『資本』を投資したいものです。








【】




『二極化』において
どちらに進むのか?
という問題とは別に、


「いかに影響を受けずにいられるか?」
ということは大きな課題です。




なぜなら
何かに『反応』することで、


水面に波が立ち、
水の底にある「本来の自分」が
見えなくなってしまうからです。




そのことに気づかず
「水面の波」に支配されていると、


その次元で
『快楽』を得ようとしてしまい、
終わらない渇望が生まれます。




激しい『波』を
快楽の『刺激』と勘違いしてしまうと
その世界でしか生きられなくなり、


水の底にある『本質』を
見逃して生きることになります。




また
水面の波は
「快楽神経」と表現することもできます。




というのも
『楽しい』と感じる神経は
『不快』を感じる神経と同じで、


快楽を求めるほど
不快に敏感になってしまい、


不快を打ち消すために
快楽を求め続け、


さらに神経が敏感になり
不快から逃げることに
必死になってしまいます。




このように
『水面』の次元にいると
終わりの無い苦しみが続くため、


神経を発達させず
『波』を抑えることが大切です。




しかし
「そんな刺激の無い人生つまらない」
と思う人も中には居て、
苦しみをあえて楽しんでいる人もいます。




これは
「苦しみを楽しむしか選択肢が無い」
と思っている
と言い換えることができ、


本当の『幸福』を
知らないだけの場合があります。




本当の『幸福』とは何か?
というと、


瞑想や
ヨガをやった後の
『静寂』『落ち着き』から得られる
多好感のことです。




あの
・スッキリして
・なんの心配事もない
・気持ちよさ
を感じている瞬間は、


水面の波が止み
『水の底』を感じている瞬間と言えます。




その状態が
日常生活でも続いているのが
『サトヴィック』な生活であり、


ヨガではこの状態が
深く長く続くことを
一つの目的としています。








【まとめ】




以上が
”刺激をコントロールするメリット”
の紹介でした。






この世界には
平和・戦争
善・悪
快楽・不快
などの
『二極化』が存在しており、


意識を向ける方向を間違うと
悪影響を受けてしまい
苦しみを受けることになります。




しかし
そもそも『二極化』の
どちらかにしかいけないのか?
というと
そうではなく、


二極化の『次元』を
飛び越えることが出来ます。




その飛び越えた状態とは
ヨガでいう『サトヴィック』のことで、


水面に波を発生させず
静かな状態を保つことで
幸福感を得ることができます。




少し表現を変えると、
ドーパミン系の
激しく刺激的な快感ではなく、


エンドルフィン系の
鎮痛的な多好感に切り替わるイメージです。




刺激が無くても
幸福度を高めることができるため、
良ければ取り入れてみてください。






それでは良き人生を。






ありがとうございました。