ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

IQを高める方法 〜ヨガ的なIQの解釈〜

今回は
”IQを高める方法”
という内容です。






IQを高めるためには
リラックスが必要ですが、


リラックスのためには
『安全』が必要です。






逆に
『危険』を
物質的か精神的に感じていてると、


緊張して
IQが下がります。






これを踏まえたうえで
どのように
IQを高めればいいのでしょうか?






その内容とは


①セーフティゾーンに入るとIQが上がる
②IQを下げてくる人がいることを知る
③心の強さを持てばIQが下げられない


というものです。












【安心するほどIQが上がる】






リラックスをすると
IQが高まります。






IQが高まると
クリエイティブな発想が生まれ、


価値の高いアイディアや
誰しもが納得のいく答えを導き出せます。






そして
『安全地帯(セーフティゾーン)』
に入ることで
リラックスが出来て
IQが高くなるため、


IQを高めるには
慣れ親しんだ
家や環境などの
安全地帯に入っておく必要があります。






一方で
安全地帯から出ることで
『緊張』が生まれ
IQが低下してしまいますが、


これは
生存率を高めるための
体の機能と言えます。






なので
どちらが良いとかは無いのですが、


IQが高いほうが
クリエイティブな活動を行いやすいので
現代を生きるうえで
とても役に立ちます。






また
『安全地帯』は、


家などの
『物質的』に安心を感じる空間と、


友人関係などの
『精神的』な安心を感じる環境など、


様々な次元に
存在しています。






そのことを理解しておくと
「今IQが下がっているかもしれない」と
気付くことが出来るため、


基本的にはリラックスをしておき、
『緊張』に反応できるようにしておくと
普段の生活で
クリエイティブを保ちやすくなります。






どんなに緊張しそうな場面でも
『リラックス』することが出来れば、


人生全体の
生産性を高めることが出来ます。










【IQの低下を防ぐには?】






ヨガをすることで
どんな状況でも緊張しなくなり
全てが『安全地帯』になります。






なぜなら
ヨガを続けていると
世界が輝いて見え
リラックスしやすい状態となり、


一方で
他者がどんなに緊張を与えようとしても
「あ、そうなんだ」と
心の底から気にならなくなる
マインドとなるからです。






また
筋トレをすることで
精神力が強くなりますが、


筋トレをして自信が湧くのは
筋力が生存率を高めて
危険な状況が少なくなるからで、


肉体で物理的な
『安全地帯』を作ることで
リラックスしやすくなり
IQが高まりやすくなります。






しかし
これは『ラジャス』的な
安全確保の方法で、


「肉体的」な安心感はあっても
「精神的」な安心感は
得られていないことがあります。






そうなると
精神攻撃を受けた時や
プレッシャーを抱えた時に
肉体の強さで対抗しようとするため、


本質的な改善に
繋がらない時があります。






なので
物理的な『安全地帯』と
精神的な『安全地帯』の
両方を手に入れる必要があります。






では
精神的にリラックスするには
どうしたらいいのか?
というと、


まずは
IQを下げようとしてくる人がいることを
理解することです。






生物は
慣れ親しんだ『安全地帯』が脅かされると、
その存在を排除しようとします。






また
ラジャスの人は
『恐怖』や『怒り』などの
プレッシャーにより
『緊張』を周囲に与え、


周りのIQを下げて
攻撃能力を低下させることで
精神的な安全地帯を確保しようとします。






そして
このような『攻撃』があることを
理解しておくことで
防御力を高めることが出来ます。






なぜなら
すでに「知っている」ことは
知らないことよりも
慣れ親しんでいるので
知らない時よりもリラックスして
IQが高まりやすく、


IQが高ければ
IQが低い人からの
攻撃が効かなくなるからです。






なぜ
攻撃が効かなくなるのか?
というと、


IQが高いほうが
情報量が多く、
それだけ対処法が見つかるからです。






つまり
「知っている」状態であれば
どうすれば防御できるか?
が見えるようになります。










【精神力を高めてIQの低下を防ぐ】






精神的にリラックスする
他の方法は、


「心の強さ」を
手に入れることです。






筋トレで
『安全地帯』が広がることで
IQが高まり、


その分
「心の強さ」も高まるので
それでもいいのですが、


これは
「打たれ強さ」的な
心の強さと言い換えることが出来ます。






ですが
ここで言う
「心の強さ」とは、


イキイキして、


子供のように
無邪気に楽しみ、


生きている喜びを感じている、
『サットヴァ』の状態です。






この状態は
他の人にも影響を与え、


一緒にいる人は
「緊張させられない安心感」の中で
同じような喜びを
味わうことが可能になります。






また
『サットヴァ』が高まると
世界が輝いて見えることがありますが、


そうなると
悩みや緊張の次元とは離れ
どんなことが起きても
リラックスしていられるため、


高いIQを
常に保つことができます。






このように
「打たれ強さ」的な
心の強さというよりも、


根本的な認識の違いから生まれる
『安心感』的な
”心の次元の高さ”を
手に入れることで、


IQを
常に高めておくことが出来ます。






しかし
『サットヴァ』を高めるには、


それなりの環境で
ヨガ的な活動をする必要があるため、


現代人には
少しハードルが高く感じられます。






ですが
この『ハードル』は
サットヴァを高めるほど
低く感じられるので、


実は
ハードな生活な人ほど
ヨガを取り入れたほうが
良かったりします。






そうすることで
ラジャスの『恐怖』を利用した
ストレス攻撃への免疫が高まり、


疲れが溜まりにくくなり
生活が楽になっていきます。










【まとめ】






以上が
”IQを高める方法”
の紹介でした。






IQを高めるには
『安全地帯』に入る必要があり、


そこから外れると
IQが下がって
本来の実力を発揮できなくなります。






このように
安全地帯では
『リラックス』できるため
IQが高まりますが、


逆に
『緊張』することで
IQが低下します。






そして
リラックスを維持するには、


物質的な安全地帯と
精神的な安全地帯の
両方が必要であり、


例えば
筋トレをすることで
『物質的』な安全地帯が手に入ります。






一方で
『精神的』な安全地帯は、


IQを下げてくる『攻撃』への
対処法を理解することや、


リラックスが揺るがない
強い精神状態を作ることで
得られます。






強い精神状態とは
「打たれ強さ」ではなく、


『悪』が通用しない
圧倒的な『善』の状態で、


心の穏やかさや
ハッピーを感じている、
住んでいる次元の違いのことです。






ヨガをすると
精神状態が強くなっていくので、


忙しい人ほど
ヨガを取り入れて
効果を実感してみて下さい。








それでは良き人生を。












ありがとうございました。