ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ヨガと気功の関係 〜ヨガで元気になる理由は気が高まっているから〜

今回は
”ヨガと気功の関係”
という内容です。






『気功』と聞くと
かなり怪しさが高まりますが、


実は
『ヨガ』は気功の一種で、


ヨガをやった後に
「なんだか元気になった」と感じるのは
気が高まっているから
だったりします。






つまり
ヨガを体験したことがある人は、


表現が違うだけで
気功を経験している人です。






今回は
①ヨガと気功の共通点
②食事との関係
という内容の紹介です。










【ヨガと気功の共通点】






ヨガは『気功』的な側面があり、
ヨガと気功を
同じものだと認識している人は
割と沢山います。






というのも
ヨガの
『プラーナ』や『ナーディ』
という概念は、


『気』や『経絡』と
同じもので、
共通点が多くあります。






実際
ヨガをしていると
体が元気になったり、


IQが上がって
頭がよくなったりしますが、


体が元気になるのは
『気』が高まっているからです。






もう少し具体的に言うと、


ヨガ(アーサナ)をすると
神経や『ナーディ』が刺激され
エネルギー(電気信号など)が
通りやすくなり、


第2チャクラの
生命力(性力)が
全身に行き渡り、


活力や元気が高まり
エネルギッシュになります。






このように
「なんだか体が軽いな」
と感じられる状態を、


「気が高まっている」
と表現することができます。






また
「気功を使うには
頭を良くする必要があり、
頭を良くするには
リラックスをする必要がある。」
という言葉がありますが、


これは
リラックスによりIQが上がり
IQが上がることで
気功が使えるようになる
ということです。






なぜ
IQが高いと
気功を使えるのか?
というと、


IQが高いと
体に起きている
エネルギーの変化が
視野に入るからです。






逆に言えば、


普段の生活の中で
「体の変化」に気づけていないから
気功が使えないということで、


瞑想的に
普段から物事の
微妙な変化に気付けていれば、


「気功とはこういうものか」
ということが
理解できるようになります。






また
『意識』には
素粒子を弾き飛ばしてしまうほどの
エネルギーがあり、


そして
「真空」に意識を向けると、


真空内の活動を停止している
素粒子が振動して
完全な真空が出来なくなります。






このように
『意識』とは
エネルギーであり、


体から発生する『熱(気)』を
意識できるようになると
少なからず
コントロールできるようになります。






例えば
熱量(エネルギー量)を上げたり、


体内を流れる
エネルギーの動きを
(血流や電気信号の反応)
活発にしたりです。






そして
ヨガをすると
ナーディが開くなどが原因で、


勝手に
エネルギーが高まったり
活発になったりするので、


その変化の違いを感じることで
体内のエネルギー(気)を
感じることが出来るようになり、


意識的に高めることが出来るようになれば
一応
気功(気のコントロール
となります。










【食事での共通点】






気功の世界では
『先天の気』と
『後天の気』というものがあります。






先天の気とは
生まれ持っている
『気』のことで、


『素質』に近い
力のことです。






一方
後天の気とは、
生まれた後から取り入れる
『気』のことで、


食事から
主に得ている気のことです。






そして
ここでいう『気』とは、
『太陽エネルギー』のことです。






例えば
『植物』は光合成により
『太陽』から
エネルギーを吸収しています。






そうして
太陽の力で成長した葉肉などを、


動物が食べることにより
『太陽エネルギー』が
動物の体内に移動します。






つまり
野菜か肉を食べると
『太陽エネルギー』を
取り入れることになり、


これが
『後天の気』
と呼ばれるものになります。






そして
ヨガでは
『食事』の重要性が説かれおり、


言い方を変えると
『後天の気』の
重要性をヨガでは教えられています。






特に
ヨガでは
『野菜』をとることを勧められており、


野菜を摂取することで
「心と体」が健康になる
『サトヴィック』
という状態になります。






一方
『肉』を摂取すると、


体は元気だけど
心が弱っている
『ラジャスティック』
の状態となります。






このように
食べるものによって
健康状態に変化が現れるため
食事の重要性が説かれおり、


特に
”自分で栽培した野菜”をとると
高いエネルギーが得られる
とされています。










【まとめ】






以上が
”ヨガと気功の関係”
の紹介でした。






ヨガと気功は
概念的な共通点が多く、


同じものとして
認識している人が多いですが、


目的が違うので
区別されています。






また
『食事』の観点からも、


気功では
「先天の気」、


ヨガでは
「3つのグナ(サトヴィックなど)」
として、


重要なものとして
認識されています。






さらに
気功で重要なことは
IQの高さですが、


ヨガをすると
IQが高くなる効果を
沢山得ることが出来ます。






ヨガをしている人は
気功のことも勉強してみると、


共通点から
より深く学びを得られるかもしれません。






健康や人生の役に立つ情報を仕入れ、
幸福度を高めて下さい。








それでは良き人生を。








ありがとうございました。