ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

お家でヨガをしよう 〜コロナで外出できないならヨガをしたほうがいい理由〜

今回は
”ヨガの効果”
という内容です。






ヨガの効果の高さは
割と周知の事実となってきましたが、


外出が出来ない時などには
特に効果的です。






なぜなら
外出が出来ないと
ストレスが溜まりやすく
気分がふさぎがちですが、


ヨガでは
体のなまりと
気分のふさぎの
どちらも解消できるからです。






そこで今回は
外出が出来ない時の
体の不調と、


それを解決するヨガの効果
に焦点をあてています。






その内容とは


①動けないとやる気が無くなる理由
②心を元気にするメリット
③バランスをとると健康になる


というものです。










【やる気が無くなる理由】






家からずっと出られないと
心がふさぎ込んでしまい、
憂鬱な気分になっていきます。






体を動かせば
気分も向上していくことを
感覚的に理解している人は
沢山いますが、


ヨガ的に表現すると
どうなるのでしょうか?






例えば
ずっと家の中にいて、
”心も体も”
元気が無い状態は


『タマス』という
植物が枯れて
腐っていくような状態です。






一度この状態になると
ますます『やる気』が
削られていき、
怠け者になっていきます。






慣性の法則』という
止まっているものは
止まり続けようとし、


動いているものは
動き続けようとする
物理法則がありますが、


これは
『心』にも作用し、


やる気が無くなってしまうと
その状態を保ち続けようとします。






逆に
例えば
朝、一度体を起こしてしまえば
後は自然とやる気が高まって
そのまま仕事へ行けたりと、


動いてしまえば
動き続けようとする働きが
人体にも作用しています。










【心を元気にすれば全て解決する】






仕事へ行くけど
「実は行きたくない」
と思っている人は、


『ラジャス』という
”体”は元気だけど
”心”が不活性な状態な
可能性があります。






ラジャスを続けていると
『心』が疲弊しているのに
頑張ろうとして、


体を壊してしまったり
心の病気になったりと
危険な状態になりやすいです。






そして
『ラジャス』で仕事をして、


帰宅した後に
『タマス』になって
体の疲れを癒やす。
という生活をしている人が多く、


これを繰り返していると
いつまで経っても
「気だるさ」が抜けず、
元気の少ない生活になってしまいます。






これは
ラジャスも
タマスも
『心』が不活性になっていることが原因で、


「気だるさ」の『気』は『心』なので
心の問題を解決しないと
根本的な解決となりません。






そして
”心と体”が元気な
『サットヴァ』という状態になれば、


ラジャス、
タマスで生まれた
『悩み』を根本的に
解決することが出来ます。






もう少し言うと、
普段の生活で起きる
『悩み』は
心の不調から生まれてくるもので、


心を健康にすることで
体も元気になり、


全ての調子が良くなっていきます。






冷静に考えてみれば
『心』さえ上向いていれば、


自然と行動力も増し
様々なことがうまくいきやすいのは
経験的に
誰もが知っていることですが、


なぜか
逆方向へいっている人が
沢山います。










【ヨガをすると心身ともに健康になる】






では
どのように
『心』を高めればいいのか?
というと、


ワクワクすることや
好きなことをしたり、
『サットヴァ』を高めることです。






そして
サットヴァを高めるには
『ヨガ』をすることが
効率的です。






ヨガには
『食事』や『哲学』など
様々な教えがあり、


それらを全て取り入れることで
より効果的に
サットヴァを高めることが出来ます。






例えば
家でずっとゴロゴロしていて
心も体も不活性になった場合は、


少なくてもいいので
アーサナ(ポーズ)』をすることで
心にも体にも
スイッチを入れることができ、




「ゴロゴロしていた」などの
短期的な視点ではなく、


長期的に『サットヴァ』を
取り入れたければ
『食事』を野菜中心にしたり、


『哲学』で根本的に
”人体や生活”の概念を
切り替えるほうが良かったりと、


様々な角度から
ヨガを取り入れることで
『心』が元気になっていきます。






特に
運動量が少なくなった時には
アーサナ』は効果的で、


小さなスペースと
短い時間と
少ない運動量で
『心』をスッキリさせることが出来ます。






なぜなら
ヨガをすると
神経や血流が活性化し、


地味に見えても
体内の動きが大きくなるからです。






そして
体が動きだせば
心(頭)が動きだします。






例えば
お腹を圧迫すると
便が出やすくなりますが、


これは
お腹が圧迫された信号が脳に届き、
脳が「出そう」という信号を出すことで
腸が動き出します。






腸が圧迫されて
スペースが少なくなり、
ポンプのように
直接、物理的に出てくるわけではなく、


排泄を管理している『脳』が
信号を出すことで
出やすくなります。






このように
体を動かすと
それがインプットとなり、


”脳を経由して”
体に『活性』などの
反応(アウトプット)が現れます。






そして
アーサナをすることで、


神経・血流・筋肉・呼吸などが
刺激を受け『活性化』し、


その信号が脳に届くと
「体が”バランスよく”元気になっている」
と認識するため、


健康な
『マインド』や
『体の健康』として
レスポンスが返ってきます。






また
ここで重要なのは
『バランス』で、


バランスがとれていることは
『健康』で、


バランスを崩すことは
『不健康』なので、


神経や血流や筋肉や呼吸などの
諸々のバランスを整えながら
体を動かすことで
健康を保つことができ、


体の健康が
心にも影響を与えていきます。






つまり
バランスを整えることで、


”心と体”の両方に
良い作用をもたらすことができ、


「気だるさ」などの
肉体と精神の
両方にダメージが入っている状態を
打ち消すことが出来ます。






アーサナ』は特に
心と体のバランスに効果的で
自律神経のバランスを整えやすいので、


1ポーズだけしてみるだけで
気持ちを切り替えることが出来ます。












【まとめ】






以上が
”ヨガの効果”
の紹介でした。






日本人は
心が不健康だけど
体は元気な
『ラジャス』な状態で仕事をして、


心と体が不健康な
『タマス』で休息をとるという、


バランスを崩した状態で
生活をおくりがちです。






それを解決するには
心と体が元気な
『サットヴァ』に切り替えることです。






サットヴァに切り替えることで
「心が元気だと
体や生活が潤っている」
という
理想的な状態となり、


生活、精神、肉体、仕事、プライベート
などの
様々なバランスがとられていきます。






特に
アーサナ』は
効果が早く大きいので、


家でゴロゴロしがちな時に
1ポーズやってみるだけでも
違いを感じることが出来ます。








外出が出来なくて
気分がふさぎ込んでしまった時に
少しだけでも取り入れて
元気を出して下さい。








それでは良き人生を。








ありがとうございました。