ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

コロナの影響を経済活動に活かすには? 〜『今』価値が高まっていることをする〜

今回は
”コロナとこれからの経済”
という内容です。






経済とは
『経国済民』という、


国を治め、民を救い、安定させる。
ことを目的とした活動です。






しかし
コロナの影響により
経済が停滞しています。






そこで
このような状況
”だからこそ”できる、


自分にも
世の中にも
役に立つ活動を紹介します。






その内容とは、


①コロナとネットの関係
②悩みを解決するメリット
③今だからやったほうがいい活動


というものです。



kuuurooo.hatenablog.jp







【コロナがネットに与えた影響】






コロナの影響により
各国のGDPが低下しており、


日本も
コロナの影響で
閉店してしまうお店が
いくつか出てきています。






経済的な意味でも
『社会問題』化している
コロナの影響は、


これからも
しばらく続きそうです。






しかし
給料や売上が減り
一般市民の『消費活動』が
低下しているのは
事実ですが、


全体の『経済』は
完全に止まったわけではなく
「持っている人」は
相変わらずお金を使います。






そして
お店が閉まり
娯楽も減っているため、


そのお金の『使い道』は
『インターネット』に集中しており、


「会議」や「飲み」などが
『オンライン化』
している影響などもあり、


これからも引き続き
『ネット』の影響力が
強く残っていきます。






つまり
『コロナ』という
イレギュラーな「環境変化」に
人類が適応した結果、


”潜在能力”
までしか見せていなかった
『ネット』の力が
”顕在化”しつつあり、


これから
急速な転換を迎えるでしょう。










【日本は悩み多き国】






インターネットでの
『商売』の影響力が強くなれば、


GDPも回復していき
経済が安定します。






また
インターネットの世界は
豊富に開拓できる
”新しい土地”なので、


うまく利用できれば
GDPを
大きく高めることが出来ます。






そして
『日本』は
「成熟した国」であり、


『悩み』が社会問題化して
『自殺』や『精神病』の率が
格段に高くなっています。






逆に言えば、


特に『日本』という国が
自殺率が他の国よりも
群を抜いて高いことから、


日本の『社会問題』が解決されれば
他の国の『先進国病』などの
問題も解決できるほど、


『ポテンシャル』が高い国
とも言えます。






だからこそ
この国での
”悩みの解決”には
大きな『価値』があり、


お金を出してでも
「悩みを解消したい」
と思っている人が
山ほどいます。






筆者は
『心理学』を専攻していたので、
「心の悩み」を持っている人を
『知る』機会が
普通の人よりも
多くありましたが、


正直なところ
医療機関』を利用して
多くの時間をかけたとしても、
「心の問題は、なかなか完治できない」
という感想を持ちました。






このような
『深い悩み』とまでいかなくても、


・人間関係で悩みたくない
・モテたい
・お金が欲しい
・健康でいたい
などなど、
誰しもに『悩み』があり、


「解決法があるなら
お金を出してでも知りたい」
と思っている人がいます。






そして
ここで言う
「お金を払う」という感覚は、


『消費』ではなく、
『投資』に近いものです。






なぜなら
お金や時間や労力をかけて
「悩みの解決」をすれば、


悩んでいる間に失われる
『機会損失』を
減らすことが出来るからです。






つまり
”悩みが解決された自分”
を手に入れることで、


悩みの反動などで起きる、
「無駄な」
”お金や時間や労力”を
を使わずに済み、


トータルで見ると
プラスになるため、


『投資』的な意味で
「お金を払ってでも解決したい」
という考えを
(無意識的にも)持つ人がいます。






ですが
『悩み』は需要が高いわりに、


『供給』が
全然追いついていません。






だからこそ
インターネットの
『ネットワーク力
(需要と供給を繋げる力)』を利用して、


人のためになる事(仕事)を
拡大することに
大きな意味があり、


拡大するほど
『悩みの解消』と
『報酬』が大きくなり
GDPも高まります。








【今だからこそ出来る活動】






需要と供給が合っていないので
『ネット』を利用すると良い。
ということを解説しましたが、


どのように
何をすればいいのでしょうか?






それは
『情報発信』をするか、


役に立つものを紹介
アフィリエイトや営業)することで、


需要を満たしたり
供給を促すことが出来ます。






というのも
まず、


・役に立つ情報や
・エンターテイメント
などの
「人のためになること」を
”できる人”は、
潜在的には沢山いるのですが、


「こんなことが役に立つのか?」と
自分の能力を
能力と”認識していない”ことで、


『供給』を
潰してしまっている人が沢山います。






確かに
「プロでないとお金は貰えない」
という価値観が
日本に蔓延していますが、


『商売』の本質は
「安い場所で仕入れて、
高く売れる場所でさばく」
ことなので、


「悩みの解き方を知らない人へ
コツなどの答えを届ける」
ことは
『経済活動』と言え、


「プロかどうか?」は
”需要と供給を満たす(経済)”こととは
別問題です。






つまり
「知らない人」へ
「知っていること」を届けることが
『価値』なので、


「これって役に立つのか?」
という考えを巡らせるよりも、


「知っていることを、
どのようにして
知らない人に届けようか?」
を考えるほうが
生産的と言えます。






そして
人1人の『経験』は、


多様性のこの時代において
十分な『価値』となるため、


「人を救えるポテンシャルがある」
ことを理解し、
自信を持って
『情報発信』をすると良いです。






「私はこう感じた」という
『個人的』な意見は、


「その言葉が欲しかった!」や
「反面教師にしよう」など
千差万別の『意見』を生みます。






そして
このように
相手に『影響』を与えることで
『反応』がどこかから返ってくるため、


お互いに影響し合い、
双方の『成長』が生まれます。






さらに
自分なりの『フィルター』を通した
『情報発信』は、


”オリジナル”なもので
それだけで『価値』があり、


「プロ(その分野に秀でた)か否か?」
という『価値』と、
同じ位『重要』なものとなります。






このように
『プロ』である必要はなく、


『情報』は
「あるだけ」で
『価値』が生まれるので、


『情報発信』には
大きなメリットがあり、


それを
「知らない」人へ届ける
アフィリエイトや営業)ことにも、
同じ位の『価値』があります。










【】






以上が
”コロナとこれからの経済”
の紹介でした。






コロナの影響で
『経済』に打撃が出ていますが、


『ネット』の世界に
消費が集中したり、
『オンライン化』が進んでいるため、


『ネット』の世界で
「出来ること」が増え、
可能性が拡大しています。






そして
ネットの世界でも
お金を回すことで
経済が安定していきます。






というのも
日本では
『悩み』を解決することに
大きな『価値』があるため、


「悩みの解決方法」などの
『情報発信』による
経済効果の可能性が
高まっています。






『情報発信』を行えば、


・悩みの解決と
・経済回復を
同時に行うことができますが、


逆に言えば
すでにある『需要』に
『供給』が追いついていない状態なので、


コロナを機に
『供給』を高めていくと良いです。






というのも
「お金を出してでも悩みを解決したい」
と思っている人は沢山いて、


悩みが解決できれば、
トータルで見れば
払った金額の元が取れるため、


『投資』として
リターンを望んでいる人は
『供給』を求めています。






そして
需要と供給を満たすことで、
相手と自分の両方が
『繁栄』していくことが、


「国を治め民を救う(安定させる)」
という意味の、
『経国済民(経済)』の
メリットです。






コロナの影響により
時代の流れが変わりそうなので、


ネットを活用して
人の役に立つ活動をしてみませんか?






それでは良き人生を。










ありがとうございました。




関連記事
kuuurooo.hatenablog.jp