ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

お金に対する正しいマインドとは? 〜稼ぐためではなく、人のためが本質な理由〜

今回は
”正しいお金のマインドの持ち方”
という内容です。
 
 
 
お金を稼ぐことに
『メンタルブロック』が
かかっている人がいますが、
 
この状態でいると
世間の『悩み』が解決されず
自分も『豊かさ』を
手に入れにくくなり、
 
『需要』に『供給』が
追いつかず
GDPも下がります。
 
 
 
なので
『メンタルブロック』を
解除するためのヒントを
ここで紹介します。
 
 
 
その内容とは、
 
①お金に対するブロックを認識する
②お金に振り回されないマインドの持ち方
③正しいお金の稼ぎ方
 
というものです。
 
 
 
 
 
【お金へのブロックを認識する】
 
 
 
世界の
「お金と物」のバランスとして、
 
『物』よりも
12倍の『お金』が存在しています。
 
 
 
これは
圧倒的に
「お金の刷りすぎ」ですが、
 
お金と物のバランスが崩れることで
様々な障害が出ます。
 
 
 
例えば
『お金』に物の数を合わせるため、
 
『生産』を増やそうとして
無駄な物を作るなど、
 
「無意味な仕事」
を作りあげています。
 
 
 
このような
『デメリット』が
生まれていることから、
 
人々は「お金儲けは怪しい」とか
守銭奴が経済を操ろうとしている」
などなどの、
 
お金に対する
「負の感情」が生まれやすくなっています。
 
 
 
しかし
本来のお金の役割は
「価値の保証」であり、
 
『経済』や『商売』は
「人の役に立つ」ことが
前提となっています。
 
 
 
なぜなら
「経済」という言葉には
『経国済民』という、
 
人々の苦しみを取り除き、
世の中を良くするための活動
という意味が込められているからです。
 
 
しかし
『お金』という、
 
・良い側面(救済)と
・悪い側面(バランスを崩す)を
持っているものを
ひとまとめにして、
 
「結局、お金儲けは悪いもの」
という印象を持つのは
ある意味で仕方ないことですが、
 
逆に
良い側面と
悪い側面を
正しく理解すれば、
 
『印象』という
「なんとなく」でしか
分かっていない状態から抜け出し、
コントロールすることが
出来るようになります。
 
 
 
ここで言う
『コントロール』とは、
 
お金に対する
『価値観』の持ち方も含まれており、
 
「知らない」ことで受ける
デメリットを減らすことも
コントロールの1つです。
 
 
 
そして
コントロールすると
経済の恩恵である、
 
人助けから得られる
自己実現欲求」の解消や、
金銭的な『安定』を
手に入れることが出来ます。
 
 
 
逆に
コントロールが出来ていないと
「お金さえあればいい」
「お金を儲けることが全て」
という、
 
『成金思考』に
自らが振り回されることになります。
 
 
 
なぜなら
「人の役に立った」という実感なしに
お金が手に入ると、
 
『あぶく銭』と同じになって
マネーゲーム」的な視点で
お金儲けをするようになります。
 
 
 
ゲームということは
ゼロサム化』という、
勝者が生まれる一方で
敗者が生まれることがある、
 
『価値の総和』が高まらない
「プラスマイナス0」
的な思考になる可能性があります。
 
 
 
また
ゲームの世界で勝って
優越感に浸るのと、
 
現実世界で
人にマウントをとって
優越感に浸るのでは、
「人格のヤバさ」の次元が異なっていて、
 
現実世界でマウントをとる人は
『成金思考』のように
人を見下すこともあります。
 
 
 
そして
そのような行動をする人を見ると
多くの人が『嫌悪感』を感じています。
 
 
 
 
 
【お金に振り回されないためのマインド】
 
 
 
ですが
「人の役に立った」という
実感を伴った仕事ならば、
 
自己実現欲求』が満たされやすく
人にマウントをとる必要がなくなり、
 
「生きている」
という実感を得やすくなります。
 
 
 
なぜなら
『人間』は
『社会性』を進化させた種族で、
 
「人のため」に
何かをすることで
喜びを感じるように
体のシステムが進化しています。
 
 
 
この『進化の力』は、
 
心の安定や
「生きる意味」にも繋がり、
 
「大きな悩み」が解決される
ポテンシャルが含まれています。
 
 
 
ここで言う
「大きな悩み」とは、
 
『本質的』で
「なぜ生きているのか?」などの、
 
センチメンタルでありながら
誰しもが潜在的に抱えている
共通の悩みだったりします。
 
 
 
ですが
ここで言いたいことは、
 
多くの人は
「誰かの役に立っている」
という実感を得られるだけで、
「心の安定」も得られ、
 
『鬱(不安など)』を解消するためには
「人のため」に何かをすることが
効果的であることが
『心理学』で分かっているほど、
 
「悩みの解決」には
『社会性(協力)』が有効である
ということです。
 
 
 
このように
『満足感』を得られることは重要で、
 
そのうえお金も貰えるという、
「こんなのでお金貰っていいの?」
状態となることで、
 
幸福度や
自由度(人生の選択肢)を
大きく高めることが出来ます。
 
 
 
『自由』とは
例えば、
 
「人の上に立たないといけない」
みたいな
『強迫観念』を持っている人が
割といたりしますが、
 
「この仕事は世のためになっている」
という実感を得られれば
『強迫観念』などが消え、
 
自分の能力や
世間の需要を加味したうえで
「人を引っ張るほうが向いているな」
という冷静な判断が下せるようになる
という、
 
「思い込みの不自由」からの
『開放』と表現できます。
 
 
 
このように
「しなければ」という
『強迫観念』を持っていて
冷静な判断が下せない状態だと、
「選択の自由」が
少なくなっており、
 
「しなければ」ではなく
「需要があるからする」ならば、
 
自分で選択できているから
『ストレス』も少ないし
納得して取り組めます。
 
 
 
この辺りの
「仕事とお金の向き合い方」を理解すれば、
 
充実感をコントロールしながら
報酬を得ることができます。
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
以上が
”正しいお金のマインドの持ち方”
の紹介でした。
 
 
 
『お金』への
心理的なブロックがかかる理由は
いくつかありますが、
 
その理由の一つに
お金と物質の『バランス』が
崩れていることが
あげられます。
 
 
 
数字のマジックなどにより、
 
『車』や『宝石』など
物質的に存在するものよりも、
 
『お金』が
12倍存在しており、
 
その弊害が
『社会問題化』して、
 
「お金はややこしく、問題のあるものだ」
という、
潜在的な認識を
持っている人が沢山います。
 
 
 
しかし
『経済』の本来の意味は
「豊かになること」なので、
 
お金を稼ぐことが
「良くないもの」という
『イメージ』は
払拭される必要があります。
 
 
 
でないと
経済の本来の『恩恵』を
逃してしまう可能性があるからです。
 
 
 
そのためには
『成金思考』ではなく、
「人の役に立つ」ことを
念頭に置く必要があります。
 
 
 
というのも
「お金を稼ぐことが良くないこと」
と思っている理由は、
 
”(12倍の)数字のマジック”により
「働かなくても稼げる」という、
自然の摂理から反した
『認識』にとらわれることで、
 
「働かずに人の上に立ちたい」(成金思考)
という思いを持つこと自体が
”良くないこと”と
世間から判断されていて、
 
「働いたから対価が発生する」
(原因があって結果が生まれる)
という
『自然の摂理』は
コントロールされるべきものです。
 
 
 
もっと言うと
「何もしてないのにお金が欲しい」
という思考自体は
ただの怠けであり、
 
実際にそうして手に入ったお金も
『あぶく銭』なので
自分のためになっておらず、
 
また
大金を手に入れるには
「悪いことをしてお金を稼ぐ」
(12倍の数字の操作)
という
不自然な現象を生むことので、
 
それらのことについて
「良くない」という
印象が持たれるのは
自然な流れですが、
 
ついでに
全うに「経済を回す」ことについても
「良くない」という印象を持つのは
話が変わってきます。
 
 
 
そして
「人の役に立つ」ことは
『人間』の本来の力を発揮するので、
 
この力をコントロールすることは
『自然の摂理』に
則した行動と言え、
 
 
さらに
「誰かに認められた」
という『満足感』を得ながら、
その対価として
『お金』が貰えることは、
 
お金にプラスして
『いいね!』を貰っているということで、
 
この『いいね!』が形を持ったものが
『お金』の”本来の姿”と言えます。
 
 
 
つまり
「お金が欲しいから働く」
のではなく、
 
「人のためになることをするから
お金が貰える」
という認識を持つことで、
 
『豊かさ(いいね!)(報酬)』を
手に入れることが出来ます。
 
 
 
正しくお金を稼ぎ
『喜び』を増やす活動(ノンゼロサム化)
をしてみませんか?
 
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
ありがとうございました。