ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

生活保護とチャクラの関係 〜安心感で自殺率が下がる理由〜

今回は
”不安を和らげる方法”
という内容です。
 
 
 
『不安』には
いくつかの種類がありますが、
 
最も強く現れるのは
『生活の不安』です。
 
 
 
なぜなら
『生理的欲求』や
『安全欲求』などの、
 
「命に関わる欲求」は
『緊急性』が高く設定されているからです。
 
 
 
今回は
この「根源的な不安」を
取り除く方法を紹介します。
 
 
 
その内容とは、
 
生活保護を視野に入れるだけでいい
生活保護の抵抗感を別問題ととらえる
③チャクラから見た有効性
 
というものです。
 
 
 
 
 
生活保護を視野に入れる】
 
 
 
お金を稼ぐために
『仕事』をして
生活を安定させている人が
世の中には沢山いますが、
 
「お金を稼がないとヤバい」
というマインドを持っていては、
『焦り』から
様々なデメリットが生まれるため、
 
修整する必要があります。
 
 
 
その方法とは
例えば、
 
日本には『生活保護』という制度があり
日本に住んでいる以上
生活の安全は保証されているので、
 
生活保護』を頼ることで
無駄な『焦り』を
減らすことが出来ます。
 
 
 
しかし
生活保護を受けるのは恥」などの、
 
「受けるのは良くない」という
社会通念を持っていることで、
 
生活保護を『選択肢』から
外してしまう人が沢山います。
 
 
 
実際は
生活保護を受けられる
『条件』が整っていれば
誰でも受けることが出来るのですが、
 
「受けてはいけない」という
『制限』をかけることで、
「精神的なゆとり」を
失うことに繋がっています。
 
 
 
ここで言いたいことは
生活保護を受けましょう」
ということを勧めているのではなく、
 
生活保護があるから大丈夫」
という、
『安心感』を
積極的に取り入れて、
 
無駄な『焦り』を取り除くことを
オススメしています。
 
 
 
というのも
「生活に対する不安」は
人間が持っている『欲求』の中では
『下位』のもので、
(承認欲求は割と上位)
 
下位の欲求であるほど
「満たしたい」という『思い』と、
 
満たせない時の
『不安』が強くなるので、
 
満たせなかった時に
大きく『IQ』を下げてしまい、
 
後から冷静に考えた時に
「なんてバカなことをしてしまったんだ…」
という後悔を持ちやすくなります。
 
 
 
だからこそ
「日本にいる以上、生活は保証されている」
という『事実』を認識しておき、
 
『IQ』を大きく下げてしまわないように
『マインド』を
コントロールしておくことに
メリットが生まれます。
 
 
 
 
 
【不安のチャクラ的見解】
 
 
 
生活保護』を受けることと、
 
周囲の反応に影響され
自らに『制限』をかけることは、
 
別の問題です。
 
 
 
生活保護』の目的は
健康で文化的な生活をおくることですが、
 
そのことに対して
「税金の無駄使いだ」などの
周囲の声に反応することは、
 
個人的な『トラウマ』に
起因しているものです。
 
 
 
このように
生活保護という『制度』と、
 
そこに含まれる『感情』は
別のものなので、
 
この2つは
切り離して
別々にとらえておく必要があります。
 
 
 
つまり
生活保護があるから大丈夫だろう」
というマインドを持てるように、
 
生活保護を貰うのは忍びない」
という『抵抗感』は
一旦置いておくことが必要で、
 
それにより
「精神的な自由」を
確保しやすくなります。
 
 
 
もう少し
別の表現をしてみると、
 
「生活への不安」は
第1チャクラである
『ムーラダーラ・チャクラ』
と関係しており、
 
「周囲の反応が気になる」のは
第3チャクラである
『マニプラ・チャクラ』
と関係しています。
 
 
 
チャクラのことは
ここで紹介していますが、
 
『チャクラ』は、
不安定な精神状態になると
「下のチャクラに落ちる」
という特徴があり、
 
1番下のチャクラが安定していないと、
上の高尚なチャクラが活性化していても
弱ってしまった時などに
一気に下まで落ちてしまいます。
 
 
 
つまり
下から順に
『安定』させていかないと、
 
いつまでも
同じ『不安』を繰り返してしまいます。
 
 
 
そして
「最悪の場合は生活保護で何とかなる」
などの、
 
『生活』に関する
精神的な『安心感』を
持っておくことで、
 
1番下の「チャクラの悩み」を
解決できるようになります。
 
 
 
そこが一旦解決出来たうえで、
 
次は
生活保護を「貰うこと」への
『抵抗感』が生まれてきます。
 
 
 
もう少し詳しく
生活保護を貰う」場合のケースを
チャクラ的な流れで
解説すると、
 
生活保護を貰える選択肢」
があることで
第1チャクラを『安定』させると、
 
そこから
第3チャクラ的な
『マインド・心』に関する
「貰うことへの抵抗感」が発生しますが、
 
『抵抗感』ゆえに
「貰うこと自体考えるのはよそう」
とするのではなく、
 
「抵抗感は確かにあるけど、
『貰える』ことの安心感があるからマシ」
というマインドに切り替えることで、
 
第1チャクラの『生活の不安』を
軽減することが出来ます。
 
 
 
もちろん
第3チャクラ的な
『マインド』の不安は残りますが、
 
『生理的欲求』や
『安全欲求』は満たされるため、
 
『IQ』が下がりにくくなり
不安を和らげることが出来ます。
 
 
 
また
「仕事をし続けないといけない」
ことへの『不安』を
抱えている人もいますが、
 
それらの不安を抱え続けていると
IQが極限まで低下し、
 
『逃げる』ことへの
強い衝動が生まれ、
 
「逃げるため」に
『自殺』してしまうケース
などもあるので、
 
IQを激しく低下させないように
普段から
『生活の不安』は
取り除いておくようにしましょう。
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
以上が
”不安を和らげる方法”
の紹介でした。
 
 
 
『生活の不安』から
『仕事』を行っていると、
 
「働きたくないけど働かないとヤバい」
などの
『鬱』的な状態を
回避しにくくなります。
 
 
 
なので
生活保護』などの
「生活の保証がある」ことを
心の隅に置いておき、
 
『IQ』が低下しすぎないように
マインドをコントロールしておきましょう。
 
 
 
今回は
生活保護』という、
 
日本に住む人なら
誰でも利用できる
分かりやすい例を使って紹介しましたが、
 
要は
『生活の不安』という、
チャクラでいうところの
『根っこ』の部分を
『安定』させるものなら何でもよく、
 
『根っこ』を安定させれば
激しいIQの低下を
防ぎやすくなります。
 
 
 
IQが低下すると
『緊張』が生まれますが、
 
緊張が生まれる理由は
・視野を狭くして逃げることに一点集中する
・血が出ても止まりやすくする
などの、
『逃避行動』を高めるためで、
 
例えば
「仕事から逃げたい」
という思いを
IQが下がった状態で『実行』すると、
 
『自殺』という
最悪の選択をしてしまうことになります。
 
 
 
しかし
IQが高まった状態ならば、
 
普通に
「仕事を辞める」や
「環境を変える」など
冷静な選択が出来ます。
 
 
 
日本社会は
『自殺率』が高いことが原因なのか、
 
自殺への
『抵抗感』が
他国に比べて薄くなっている印象なので、
 
IQが低下して
『不安』が高まっていると
自殺が『選択肢』に入りやすくなるので、
 
IQやマインドを
うまく『コントロール』することが
重要なアクションとなります。
 
 
 
不安を和らげ
幸福度の高い人生を送って下さい。
 
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
関連記事