ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

コミュニケーションの疲れを回避する方法 〜話が合う人と繋がれる時代〜

今回は
”居心地の良い環境を整えるマインド”
という内容です。
 
 
 
「居心地の良い環境」は
『人』との関係によって
大きく変化してきます。
 
 
 
なので
『コミュニケーション』を
うまくコントロールして、
 
自分にとって
居心地の良い環境へ
マインドを寄せていくことは、
有益な活動と言えます。
 
 
 
では
どのように
『コミュニケーション』を活用し、
 
「居心地の良い環境」を
整えれば良いのでしょうか?
 
 
 
 
その内容とは、
 
①現代のコミュニケーションの実態
②コミュニケーションの改善点
③うまく繋がる方法
 
というものです。
 
 
 
 
 
【現代のコミュニケーションの意味】
 
 
 
『コミュニケーション』は
生きていくうえで
多くの時間とエネルギーが
使われる行為です。
 
 
 
なぜなら
『集団』で生きることによって
生存率が高まり、
 
コミュニケーションによって
集団に属することができるため、
 
元々
『安全』のために
コミュニケーションを
多くとっていたからです。
 
 
 
しかし
現代社会においては
『集団』のインフラが整っているため、
 
コミュニケーションを
ほとんど取らなくても
『安全』が保証されています。
 
 
 
つまり
現代において
『集団欲求』は
ほとんど満たされた状態で、
 
『承認欲求』や
自己実現欲求』を
満たすために
『コミュニケーション』が
行われています。
 
 
 
そして
自己実現欲求』に近づくほど
『精神的』な満足感が得られるため、
 
コミュニケーションは
精神安定剤』のように
使われているが多い
と表現することが出来ます。
 
 
 
しかし
現代において、
 
コミュニケーションによって
『ストレス』を感じている人が
沢山います。
 
 
 
さらに
『ストレス』の発散を
コミュニケーションで行う人がおり、
 
コミュニケーション自体に
『疲れ』を感じている人が
目立っています。
 
 
 
 
 
【コミュニケーションの改善方法】
 
 
 
では
どのように
「疲れるコミュニケーション」を
回避すればいいのか?
というと、
 
「環境を変える」
ことです。
 
 
 
すでに
「疲れるコミュニケーション」の
関係性が出来てしまっている場合は、
 
『タッピング』という
トントントンと
体のどこかを軽く叩くことで
『リラックス』することができ、
 
コミュニケーションをとっても
『自分』を見失わずにいられ、
パフォーマンスを落とさずにいられます。
 
 
 
『貧乏ゆすり』でも
同じ効果があり、
 
『副交感神経』が高まることで
「アツく」なって
我を失ってしまい、
 
「とらわれ」から
『疲れ』が生まれる状況を
回避することが出来ます。
 
 
 
また
『俯瞰』的に状況が読めるようになるため
IQを高めることができて、
 
精神的な疲れに加え、
緊張からくる
 
身体的な『疲れ』も
緩和することが出来ます。
 
 
 
しかし
これはあくまでも
「一時しのぎ」であり、
 
根本的な『問題』を
解決しなければ、
 
何度も「疲れるシチュエーション」が
訪れるため、
 
思い切って
『環境』を変えることを
オススメしました。
 
 
 
しかしこれは
例えば
『仕事』において
ストレスが高まっている場合に、
 
「辞めたほうが良いですよ」
ということを
オススメしているわけではなく、
 
『疲れ』の原因である
『ストレッサー』から
離れることが出来るなら
そうしたほうがいい
という提案です。
 
 
 
例えば
地震や災害の時に
『危険』な場所から離れるのは
最も自然な『防衛手段』であり、
 
『ストレス』によって
「心身への悪影響」が出るならば、
 
安全な場所へ
『避難』したほうが良いです。
 
 
 
それが
「仕事を辞める」に
繋がる人もいるかもしれませんが、
 
部署の移動をして
もう少し小さな規模で
環境を変えてみるなど、
 
『ストレッサー』から
離れる工夫をする必要があります。
 
 
 
 
なぜなら
『ストレス』がかかると
『緊張』して
『IQ』が下がり、
 
極端な行動や
『思考停止』が
起きてしまい、
 
『回避行動』が
取れなくなるからです。
 
 
 
このような
『末期』の状態となる前に
一旦環境を変え、
 
『IQ』を回復させてから
『対処』を施すと良いでしょう。
 
 
 
そんなことをしなくても
『対処法』を考えつき
『疲れ』を回避できる人ならば、
 
そのようにすることが
手っ取り早いですが、
 
「IQの低下」は
結構気付きにくいので、
 
『タッピング』や
『避難』を一回はさみ、
 
冷静に判断出来るよう
環境を整えておくと良いでしょう。
 
 
 
 
 
【コミュニケーションしやすい人と繋がる】
 
 
 
ストレスの生まれる
『コミュニケーション』の
回避方法を紹介しましたが、
 
逆に
「良質なコミュニケーション」
をとるには、
どうすれば良いのでしょうか?
 
 
 
その方法とは
「話の合う人を探す」
ことです。
 
 
 
というのも
誰とでも上手に
コミュニケーションをとる人がいますが、
 
そのような
『キャッチボール』が
上手な人は、
 
相手に話を「合わせている」
とも言え、
 
あくまでも
キャッチボールを
『意識的』に行っている人です。
 
 
 
しかし
そのように「自ら仕掛ける」ことが
得意でなかったり、
 
その行動自体に
『疲れ』を感じている人が
中にはいます。
 
 
 
なので
ここでは
『意識的』に「すり合わせ」を
行う関係性の発展よりも、
 
自然と
「話が合う」関係性を
見つけにいくことを提案しています。
 
 
 
そして
現代の『情報化社会』という
繋がりやすい時代だからこそ、
 
「見つけにいく」という
選択肢の提案ができます。
 
 
 
ここまで
「居心地の良い環境」を探せる時代は
今までにはなく、  
 
ここ数年で
一気にインフラが整い、
 
これからもさらに
見つけやすさに
拍車がかかるでしょう。
 
 
 
そして
そのように
「話が合う」人を見つける方法は、
 
自分が「面白い」と感じる
『情報』を流している人と繋がり、
 
自らも
「面白い」と感じる
『情報』を流すことです。
 
 
 
そうしないと
お互いに見つけることが出来ないので、
 
『趣味』や
『仕事』でも
内容はなんでも良いので、
 
『発信』を行い
『アンテナ』を立てる
アクションをとりましょう。
 
 
 
そうすることで
誰かが『電波(存在)』を
拾うことができ、
 
似た『電波』を
放っている人同士が繋がっていき
大きな『集合体』となっていきます。
 
 
 
ちなみに
筆者の知り合いに
人気ブロガーがいますが、
 
その人は
『オフ会』を開いており、
 
会う条件として
お金を貰うこともあれば
『お菓子』の寄付で
代用していたりします。
 
 
 
このように
『商売』目的の発信というより、
 
「仲間集め」も
目的の1つとして行うことで、
 
お金では手に入らない
「居心地の良さ」を
手に入れることが出来ます。
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
以上が
”居心地の良い環境を整える方法”
の紹介でした。
 
 
 
『コミュニケーション』は
生きていくうえで
必要なアクションですが、
 
それにより
『ストレス』がかかることは
「本末転倒」と言えます。
 
 
 
なぜなら
本来は
『人生』を豊かにするために
『コミュニケーション』は
とられており、
 
豊かでないなら
コミュニケーションを
とる必要が無いからです。
 
 
 
というのも
『仕事』はあくまでも
『人生』を支えるための
アクションであり、
 
『人生』を豊かにしないのならば
選択する必要がありません。
 
 
 
確かに
『お金』で豊かさは
手に入りますが、
 
『出会い』によって
生きるための『知恵』が
手に入れば、
 
その情報は
『お金』以上の価値となることがあります。
 
 
 
例えば
「お金をかけない生活の方法」
を知ることが出来れば、
 
『お金』を稼ぐ必要が
薄くなります。
 
 
 
また
その『知恵』は、
 
他の人が
ヒントをくれる場合や、
 
自らがストレスから解放され
『IQ』が高まり
知恵が降ってくることで
手に入れるパターンがあります。
 
 
 
つまり
「良質なコミュニケーション」を
とらないことが
『機会損失』となる可能性があるので、
 
出来るなら
「居心地の良い環境」や
「必要な情報」を与えてくれる人と
繋がると良いかもしれません。
 
 
 
そのためには
『発信』をして
アンテナをたて、
 
『仲間』に
ネット内の居場所を伝えることです。
 
 
 
そうすることで
『繋がり』が生まれ、
 
『インフラ』が
さらに整っていきます。
 
 
 
良質なコミュニケーションを取れる
『仲間』を探し、 
 
過ごしやすい人生を
創造してみては
いかがでしょうか?
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
関連記事