ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

本を書くメリットと方法 〜書籍化の難易度が下がっている時代を利用する〜

今回は
”本を書くメリットと方法”
という内容です。
 
 
 
『本』を出すと
社会的な信用性が高まります。
 
 
 
カードや銀行の『信用』とは
種類が違いますが、
 
「本を出せる程の実力のある人」
と認識されることで
『仕事』がしやすくなるため、
『信用』と表現できます。
 
 
 
では
どのように
『本』を書けばいいのでしょうか?
 
 
 
その内容とは、
 
①今は本が出しやすい時代
②『ブログ』をそのまま『書籍化』できる
③ブログを毎日更新する方法
 
というものです。
 
 
 
 
 
【誰でも本が出せる時代】
 
 
 
『本』は、
出すこと自体が
『社会的ステータス』となっており、
 
内容がそこまで充実していなくても
「本を出してるのは凄い」
と思われやすい時代です。
 
 
 
実際のところ
電子書籍』が社会的に受け入れられ
「誰でも書ける」ようになったことで、
 
「本を出す」こと自体の価値は、
「出版社に必ず通さなければいけない」
時代よりも下がっています。
 
 
 
また
Kindle』という
電子書籍ツールを利用して
本を書くことで、
 
『読み放題』を利用して
本を読んでくれる人がいるため、
 
「あまり価値が無いかも…」と
自分で思っているような内容でも
”本を出している”だけで
『印税』が入ってくることがあります。
 
 
 
また
『価値』の判断基準は
人それぞれなので、
 
自分で「価値が無いかも」
と思っていても、
誰かに刺さる可能性は十分にあります。
 
 
 
ですがそれも
『本』が実際に
誰かに読まれるように
『準備』が整っていてこそ
分かることで、
 
昔よりも
本を出しやすい環境だったとしても
『行動』しないと意味がありません。
 
 
 
そのためには
『本』を読むなどの
『インプット』をする必要がありますが、
 
ここで
「本を読むことすらめんどくさい」
と思う人もいます。
 
 
 
そして
このように
「本を読まない人」からすれば、
 
”本を出している”だけで
「凄い」と思われます。
 
 
 
つまり
人の目に触れる『形』を作ること自体に
『価値』があるため、
 
「価値が無いかも…」と
思う必要はなく、
 
書くこと自体の
ハードルが下がっていて、
なおかつ
「本を出している」こと自体に価値のある
今のうちに、
 
本を書いておくと良いです。
 
 
 
なぜなら
ブログを書いている人が沢山おり、
 
その流れで
本を出す人がいるため、
 
これから『本を出す』ことの価値は
ゆるやかに下がっていくからです。
 
 
 
ですが
「読まない」人が
まだまだ沢山いるため、
 
そのような人達からすれば
大きな『ステータス』と感じられ、
 
情報格差』の点から
未だ『需要』が満たされていないため、
実際の『社会的価値』もあります。
 
 
 
なぜ
一般の人から「凄い」と思わるのか?
というと、
 
『後光効果』という、
『権威』のある存在や内容には
「凄い」と感じるような
心理効果が働くからです。
 
 
 
そして
出版の難易度が下がっていたとしても、
 
「本を出す」ことには
『権威性』があり、
『資格』のような効果を発揮するため、
 
資格取得だと思って
本を書いてみることを
提案しています。
 
 
 
 
 
 
【ブログは書籍化できる】
 
 
 
 
『ブログ』を書いている人は
『本』も出す傾向にありますが、
 
これは
『書く』能力や持久力が高まることで、
1から本の作成に取り掛かっている
のではなく、
 
今まで書き溜めた『ブログ』を
そのまま引用、
あるいは『コピペ』をして
『本』を作っています。
 
 
 
もちろん
「実力が高まったから1から書こう」
という人もいると思いますが、
 
そのような人も
今までの『アウトプット』から
得た知識により
本を書くことになるため、
 
『ネタ』が十分に整っている点では
『コピペ』と本質的に同じと言えます。
 
 
 
つまり
「毎日の積み重ね」により
『本』を作成することができ、
 
同じ内容だとしても
『ブログ』と『本』の
2つのコンテンツが作れることになります。
 
 
 
そして
ブログを読むユーザーと
本を読むユーザーでは
『客層』が違うため、
 
自分の『発信』を
より多くの人に届けやすくなります。
 
 
 
このように
『発信力』を強めることと
『肩書』を手に入れることが
できるため、
 
ブログを毎日更新して
本にしてみましょう。
 
 
 
『本』にするには
『コピペ』するだけなので、
 
いきなり
「本を一冊分書く」ような
意気込みは必要なく、
 
強いて言うなら、
本にする『前提』で
ブログを書いておく
というコツを取り入れると良いです。
 
 
 
 
 
 
【ブログを毎日書く方法】
 
 
 
では
どのように
毎日『ブログ』を書けばいいのか?
というと、
 
本を読むなどの
『インプット』を行い、
 
そこで学んだことを
ブログとして
『アウトプット』することです。
 
 
 
ですが
丸々コピペすると
『パクり』となるので、
 
インプットの内容を
自分がしてきた『体験』と照らし合わせ
自分の中に一旦落とし込み、
 
その『体験ベース』の情報を
アウトプットすると良いです。
 
 
 
というのも
ヨガでは
『体験』こそ本物の『知識』と
言われており、
 
本などで得た情報を
『体験』と照らし合わせたり
実際に行うことで『知識』となり、
 
『情報』の段階にあるものは
価値をうまく伝えられません。
 
 
 
例えば
「自転車の乗り方」を
本や人に聞いて知ったとしても、
 
実際に乗れなければ
「知っているだけ」となります。
 
 
 
そして
実際に乗ってみて、
 
「あの情報はこういう意味だったのか」と
『体験』的な理解に落とし込むことで、
 
点と点が『線』となり
情報量が一気に高まります。
 
 
 
また
人に教えたり伝える時も
「やったことがある」ことならば、
 
細かいコツや
乗り越え方などの
『経験者』ゆえの情報を
アウトプットできます。
 
 
 
このように
『情報』に触れた時には
『実体験』に照らし合わせ、
 
その情報の『意味』を
深く理解して
情報量を高めておくことで、
 
ブログなどの
『アウトプット』の
量と質を高めることが出来るため、
試してみて下さい。
 
 
 
さらに
もう一つコツを紹介すると、
 
もったいぶらずに
『全力』で知識のアウトプットを
することで、
 
自分の『限界』を超えて
アウトプットが行えます。
 
 
 
なぜなら
アウトプットをすることは、
 
自分の中の『線』になっている情報を
分解して『点』にする作業で、
 
分解して『材料』と『完成品』の
情報整理が行えることで、
 
そこにくっつきそうな
新たな『点』を発見できるからです。
 
 
 
そして
このように
『材料』を組み換えたり
プラスしていくことで、
 
本などで得た
「元の情報」を
グレードアップさせることができ、
 
『パクり』にならずに済み
『オリジナリティ』を発揮できます。
 
 
 
このように
「有料の情報だから」と
出し惜しみせず、
 
ブログとして『アウトプット』することで
情報量を高めることが出来ます。
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
 
以上が
”本を書くメリットと方法”
の紹介でした。
 
 
 
現代は
『本』へのハードルが
とても下がっているのに、
 
本を読む人が少ないことで
そのことがあまり認識されておらず
「やったもの勝ち」
のような状態となっています。
 
 
 
そして
「本を書く」ことは
『肩書』となるので、
 
その『資格』を取得するために
資格の勉強をしていきましょう。
 
 
 
その方法が
毎日『ブログ』を書くことで、
 
積み上げることで
『書籍化』が出来ます。
 
 
 
そして
毎日更新するコツとして、
 
『インプット』した情報を
『体験』と照らし合わせ、
 
自分なりの
「例え話」として書き換えることで
『オリジナル』の情報となるので、
 
そのように
『ネタ』を作っていくと良いです。
 
 
 
『パクり』のように
思われるかもしれませんが、
 
そもそも人類は
『情報』を交換して、
 
それぞれの『意見』として
自分なりの見解を持つことで、
『多様性』のある社会を
発展させることが出来ているため、
 
情報は
『リメイク』されてこそ
『価値』が生まれていると言えます。
 
 
 
また
この『リメイク』は、
 
点と点が『線』になっているものを分解し、
『再構築』したものなので、
 
新たな『見解』や『気付き』を得られ
ブログの『ネタ』が広がります。
 
 
 
「本を出した」という
『資格』を取得して、
 
『仕事』や
「人生の選択」に
役立てみて下さい。
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
関連記事