ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

無駄遣いの仕組みと辞め方 〜ゾーンに近づくほど整っていく〜

今回は
”無駄遣いを減らす方法とメリット”
という内容です。
 
 
 
『無駄遣い』を減らすことで
お金に余裕ができ、
 
お金の余裕が
「気持ちの余裕」を生みます。
 
 
 
気持ちの余裕がないと、
 
IQが下がり
『トラウマ』が想起されやすくなり、
 
『穴』を埋めるために
さらに『無駄遣い』的な行動に
走ってしまう可能性があります。
 
 
 
では
どのように
『無駄遣い』を減らせばいいのでしょうか?
 
 
 
その内容とは、
 
①不足感が無駄遣いに繋がる
②不足感を埋めるには?
③ゾーンに近づくほど不足感が減る
 
というものです。
 
 
 
 
 
 
【不足感が無駄遣いを生む】
 
 
 
『無駄遣い』は
『欠乏感』から生まれます。
 
 
 
というのも
『脳』は、
 
同じ刺激を受けていると
「新しい刺激」が欲しくなり、
それを『買い物』などの刺激で
埋めようとします。
 
 
 
そして
このような『刺激』が足りなくなり
「もっと欲しい」という
精神状態になるのは、
 
ヨガでいう
『ラジャス』で、
 
ラジャスの状態だと
心と体がせわしなく動き回ろうとします。
 
 
 
つまり
「もっと欲しい!」
「足りない!」という
思考や感情は、
 
『健康状態』が良くないことが
原因となっており、
 
『買い物』などで
それを補おうとします。
 
 
 
もちろん
『買い物』は1つの例であり、
 
『不足』を補うために
様々な形で
『発散』的な行動をします。
 
 
 
 
 
【不足感を埋める方法】
 
 
 
ここでいう
『不足』とは、
 
『癒やし』で
埋めることが出来ます。
 
 
 
なぜなら
ヨガでいう『ラジャス』は、
 
『交感神経』という
アクセルのみが働いている状態で、
 
『ブレーキ』が効かないことで
暴走してしまっており、
 
 
この
『ブレーキ』の役割を果たすのが
『副交感神経』で、
 
副交感神経は
『リラックス』や『癒やし』などで
高まるからです。
 
 
 
このように
「とらわれ」などの
『欲望』が暴走している理由は、
 
『ブレーキ』のかけ方が
よく分かっていないからで、
 
その暴走を止めるために
無意識的に
『ブレーキ』を求め、
 
『癒やし』が
『買い物』という形などで
現れてきます。
 
 
 
つまり
『無駄遣い』が多い人は
『ストレス』が溜まっており、
 
それを発散(癒やす)させるために
無駄遣い以外にも
様々な『症状』が現れます。
 
 
 
そして
『無駄遣い』を我慢しても
他のところで
しわ寄せが来てしまうため、
 
『根本的』な解決が
必要になります。
 
 
 
 
また
『衝動』が強くなっている時は、
 
『副交感神経』が
下がっている可能性が高いので、
 
うまく緩和させられるように
調整していきましょう。
 
 
 
 
 
【ゾーンに近づくほど欲望が減る】
 
 
 
「根本的な解決」とは
『副交感神経』を高めることですが、
 
副交感神経と
交感神経の
両方ともが高まることで、
 
『ゾーン』に入ります。
 
 
 
そして
『ゾーン』に入ると、
 
『恍惚感』などを得ることで
「満たされている」状態となるため、
 
『欠乏感』が無くなり
『発散』の必要もなくなります。
 
 
 
さらに
『作業』に没頭して
高いパフォーマンスを発揮できるため、
 
例えば
『仕事』でゾーンに入ることで
「仕事が趣味」の状態となり、
 
発散のための『趣味』などで
『無駄遣い』の必要が無くなり
人生全体の『バランス』が
整っていきます。
 
 
 
もっと言うと、
 
『ストレス』があることで
発散したくなるので、
 
そもそも
「ストレスのかからないこと」だけを
やっていける状態にする良く、
 
それは
「好きなことを仕事にする」
ことなどで近づけやすくなり、
 
これらによって
無駄遣いが減って
『お金』に余裕が出来ると、
 
「焦り」などが減り
IQが下がりにくくなり
さらに
パフォーマンスを
向上させることができます。
 
 
 
つまり
『ゾーン』に入り続けていれば、
 
 
金銭的な「焦り」が減りやすくなり
さらに『ゾーン』に入りやすくなります。
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
以上が
”無駄遣いを減らす方法とメリット”
の紹介でした。
 
 
 
無駄遣いをする理由は
「ストレス発散」によるもので、
 
『ストレス』を溜めずにいれば
無駄遣いをする必要が無くなります。
 
 
 
そして
『副交感神経』を高めれば
『衝動』を抑えられるし、
 
足りなかった『ピース』を
直接埋めることが出来ます。
 
 
 
その『ピース』とは
『満足感』のことですが、
 
副交感神経を高めることで
『ゾーン』に入るため、
 
気持ちが満たされ、
『ストレス』とは無縁の次元の
意識状態となります。
 
 
 
 
つまり
『ゾーン』に入ることが
無駄遣いを減らすことに繋がり、
 
その方法が
『副交感神経』を高めることです。
 
 
 
「あれもこれも欲しい」という欲求や
『無駄遣い』が減ることで、
 
金銭的な「焦り」が減り
IQを下げずにいられますが、
 
そもそも
IQが下がることで
『無駄遣い』が発生することがあります。
 
 
 
なので
『衝動』を感じたら、
 
顔などをトントントンと叩く
『タッピング』や、
「いつものルーティン」を行ったり、
 
『癒やし』を取り入れるなどで
気分を落ち着せてみましょう。
 
 
 
そうすることで
人生全体の
「とらわれ」が減り、
 
無駄な『アクション』が減って
過ごしやすくなります。
 
 
 
 
以上です。
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
関連記事