ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ゾーンに入る方法 〜3つのステップで誰でもゾーンに〜

 

今回は
”誰でもゾーンに入れる方法”
という内容です。
 
 
 
『ゾーン』に入ると
パフォーマンスの高い結果が残せ、
 
『精神的』な
安定感が高まるため、
 
幸福度を高めることが出来ます。
 
 
 
しかし
『ゾーン』に入るのは
「限られた人」しかいない
イメージが持たれており、
 
そもそも
興味が持たれていない場合があります。
 
 
 
ですが
コツさえ掴めば
誰でもゾーンに入れます。
 
 
 
その内容とは、
 
①ゾーンに入る3ステップ
②リラックスの重要性
③仕事でも応用が出来る
 
というものです。
 
 
 
 
 
【ゾーンに入る3ステップ】
 
 
 
『ゾーン』に入る条件の1つに、
「まず『ストレス』を感じる」
というものがあります。
 
 
 
 
そして
最初に『ストレス』を感じて、
その後に『リラックス』をして、
最後に『行為』に集中するという、
 
3つのステップを踏むことが
『ゾーン』に入るとされています。
 
 
 
 
 
というのも
『ストレス』を感じると
『交感神経』が高まり、
 
『リラックス』をすると
『副交感神経』が高まります。
 
 
 
そして
『交感神経』と
『副交感神経』が
両方たかまることで、
 
『ゾーン』にはいります。
 
 
 
さらに
『行為』に集中することで
『ゾーン』を維持できます。
 
 
 
なぜなら
『行為』でない状態は、
 
裏を返せば
『思考』や『記憶』に
アクセスしていることになり、
 
『記憶』は
『恐怖心』が保存されている場所なので、
 
ステップ1の
『ストレス』の段階に
戻ってしまうからです。
 
 
 
 
 
このように
①ストレス
②リラックス
③継続
の3つのステップを踏むことで、
 
誰でも
『ゾーン』に入ることが出来ます。
 
 
 
 
 
【リラックスの方法】
 
 
 
筆者の場合、
 
ブログを書いていると
『ゾーン』や『フロー』に
入っているのを感じますが、
 
いくら『ゾーン』に入ることが
分かっていても、
時には「やりたくない」
という気持ちが高まることがあります。
 
 
 
 
昔は
「やりたくない」という
『ストレス』を感じると、
 
とことん動かない
『気分屋』的な面が強かったですが、
 
今は
『ストレス』を感じても、
「リラックスをすれば、
この後にゾーンに入るぞ」ということを
感覚的な事実として
理解しているため、
 
ストレスに負けることが
少なくなりました。
 
 
 
 
さすがに
「嫌なこと」を続けていると
「疲れ」が出てくるので
いつまでも続けるのは
相変わらずキツイですが、
 
『ブログ』や
「プラスになること」
「やりたいこと」などは、
 
『3ステップ』で
調子を取り戻して
継続させることが出来ます。
 
 
 
 
 
そして
その『リラックス』の方法は、
 
まずは
『呼吸』で落ち着かせます。
 
 
 
『深呼吸』を行ったり
『呼吸法』をやってみたりしますが、
 
その理由は
『呼吸』は
「コントロール出来る自律神経」
と言われていて
直接『副交感神経』を
高めることができるからです。
 
 
 
また
『呼吸』という
『身体感覚』に集中することで、
 
次のステップの
『行為への集中』に
意識が切り替わり、
 
ストレスの原因の1つとなっている
『思考』や『記憶』から
遠ざかります。
 
 
 
 
 
そして
大抵の場合
『呼吸』でリラックスできますが、
 
場合によっては
『タッピング』を使うこともあります。
 
 
 
よく使うタッピングの方法は
『顔』を指でトントントン
と触れる方法ですが、
 
『貧乏ゆすり』や
『ルーティン』でも
同じ効果が得られ、
 
特にスポーツ選手は
『ルーティン』をよく利用し、
イチロー』も
バッターボックスに入ると
ルーティンを行っていました。
 
 
 
このように
「上手いリラックス」を
身につけることで
『ゾーン』に入りやすくなります。
 
 
 
 
 
 
【仕事でも応用が出来る】
 
 
 
先程も触れましたが、
 
「嫌なこと」を続けるのは
筆者は苦手なので、
 
『ブログ』や
「やりたいこと」に
生活や意識のリソースを
多く使っています。
 
 
 
 
 
しかし
毎日の『仕事』が
「嫌で仕方ない」と
悩んでいる方もいるかと思います。
 
 
 
 
ですが
『3ステップ』は
仕事での「嫌だなぁ」にも
応用することが出来るため、
 
『ストレス』を
緩和させる方法として
利用してみて下さい。
 
 
 
 
 
その時の注意点として、
 
「ゾーンに入れるから、
なんとか頑張ってみよう」という
『無理』は
しないことです。
 
 
 
なぜなら
「嫌で仕方ない」場合は、
 
心身に
『拒絶反応』が出ていて、
 
「体調不良」や
精神的な「苦痛」から
「嫌で仕方ない」
という気持ちになっているからです。
 
 
 
 
なので
まずは『3ステップ』を試してみて、
 
そこで
『覚醒』したり
『成長』が感じられ、
「これなら続けられる」
と思った場合は続けてみて、
 
「ゾーンには入れたけど、
根本的な解決にはなっていないな」
と感じた場合は、
 
ある程度ゾーンの『コツ』を掴んだら
辞めてしまうのも
手だと思います。
 
 
 
なぜなら
『ゾーン』を体得すれば
『クリエイティブ』な
能力が高まりますが、
 
「好きなこと」などを仕事にして
効率的に『創造性』を
世間に供給したほうが、
 
社会全体や
長い目でみると
『価値』が高い場合が多いからです。
 
 
 
 
 
もちろん
毎日の『仕事』に
満足している人でも、
 
『3ステップ』は応用可能なので
是非とも実践してみて下さい。
 
 
 
特に
「今日はやる気が出ないな」とか
「ストレスが高い日だな」
という場合には、
 
それがバネになり
『ゾーン』に入りやすくなります。
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
以上が
”誰でもゾーンに入れる方法”
の紹介でした。
 
 
 
ゾーンに入るためには
『3ステップ』あり、
 
①ストレスを感じる
②リラックスをする
③行為に集中する
ことで、
誰でもゾーンに入れます。
 
 
 
もちろん
ある程度『コツ』を
掴む必要はありますが、
 
要は
『交感神経』と
『副交感神経』が
両方とも高まれば『ゾーン』に入れ、
 
日本人の多くは
『ストレス』から
『交感神経』がよく高まっているため、
 
『リラックス』を
意識して取り入れてみて下さい。
 
 
 
 
その方法は
『呼吸』や『タッピング』や
『ルーティン』を行うことで、
 
この部分の『コツ』を掴めば
ゾーンに入りやすくなります。
 
 
 
 
そして
「嫌だなぁ」で終わらせるのではなく、
 
実際に『行動』することで
③行為への集中
に入るため、
 
「やってみる」ことも
大事な『コツ』と言えます。
 
 
 
 
もちろん
この『3ステップ』は
『仕事』で応用できるため
是非利用してみてほしいのですが、
 
「根本的な解決」になるかは
その人の『環境』次第です。
 
 
 
例えば
『ゾーン』に入っても
「嫌な気持ち」が消えなければ、
 
『3ステップ』を
今後もうまく活用出来ないかもしれません。
 
 
 
そんな時は
「好きなこと」で
『3ステップ』を活用できるように
人生をシフトさせていくと
良いかもしれません。
 
 
 
 
 
『ゾーン』に入ると
精神的な安定感が高まるため、
 
それを活用して
人生を有意義に
過ごしてみて下さい。
 
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
関連記事