ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

好きなことがゴールを達成しやすくする理由

f:id:the-gazette-zakuro:20200625191503j:plain

今回は
”やりたいこととゴールの関係”
という内容です。
 
 
 
 
『ゴール』を設定することで
散漫になっている『力』を
一点集中できるようになります。
 
 
 
 
そして
「好きなこと」や
「やりたいこと」は、
 
『ゴール』の中に
含まれやすいので、
 
「やりたいこと」を突き詰めていくと
『ゴール』と
深い関係ができていきます。
 
 
 
 
そこで
今回は
『ゴール』の設定方法と、
 
「やりたいこと」との関係を
紹介していきます。
 
 
 
 
その内容とは、
 
①本当の意味でのやりたいことを探る
②ゴールを達成する方法とは?
③ゴールの設定方法とは?
 
というものです。
 
 
 
 
 
 
 
【本当の意味でのやりたいこととは?】
 
 
 
 
「やりたいこと」をしながら
生きていくことは
『理想的』な人生ですが、
 
本当は何がしたいのか?
をはっきり把握しておかないと
「やりたいこと」は
始められません。
 
 
 
 
というのも
『理想』とは
『ゴール』であるため、
漠然として
フワッとしがちです。
 
 
 
 
例えば
「お金持ちになって快適な人生にしたい」
という『理想』があった場合、
 
「お金持ちになった理由」や
「何を快適と感じるのか?」などの
細かい『設定』や『ディテール』が無いと、
 
そこに辿り着く
『道のり』が無いことになり、
理想の達成が出来ません。
 
 
 
 
「やりたいこと」も同じように、
 
何がしたくて、
どうしてしたいのか?
などの、
 
『理由』や『意味』が無いと
続けにくくなります。
 
 
 
 
例えば
「パンを作るのが好き!」だから
『パン屋』になるのなら、
 
「好きで、いつまでも続けられる」という、
パン屋を『続ける』ための
『根拠』を持っていることになります。
 
 
 
 
ですが
「パン屋が儲かりそうだから」
という理由で
『パン屋』をしていると、
 
「思ったより儲からない」
という状況になった場合、
 
「続ける理由」が無くなって
辞めてしまいやすくなります。
 
 
 
 
 
このように
「やりたいこと」の中には、
 
「自分が好きだから」や
「目的の達成に役立ちそうだから」
などが含まれており、
 
「好きだから」という理由であれば
いつまでも続けられ
「目的の達成」にも繋がるので、
 
言い換えると
『好き』の中に
「目的の達成」も含まれいる
ことになります。
 
 
 
 
 
つまり
『好き』であれば、
 
『理想』や『ゴール』を
達成しやすくなります。
 
 
 
 
そして
「本当にやりたい」であるからこそ、
 
そこに
『力』が生まれます。
 
 
 
 
 
 
 
【ゴールを達成する方法】
 
 
 
 
 
『ゴール』の
イメージを具体的に持って
細かい設定などを描くことで、
 
逆算的に
「達成の方法」が見えてきて
 
ゴールが
達成しやすくなります。
 
 
 
 
 
そして
人は誰しも『幸福』になりたい
と感じており、
 
『ゴール』を描くと
『ハッピー』な未来を想像します。
 
 
 
そうなると
「好きなこと」
「興味のあること」をしながら、
 
焦りや不安などの
『苦しみ』から遠ざかっていく
という、
 
誰しもに当てはまるような
「快適そうな状態」が
ゴールに設定されていきます。
 
 
 
 
 
なので
誰しもこのような
『ゴール』を設定するのですが、
 
そのままにすると
『具体性』が無く、
フワッとしたままとなるので、
 
『ピント』や『チャンネル』が
合わせられず
達成できなくなります。
 
 
 
 
 
逆に言えば
達成されたゴールの『空間』を
はっきりと『イメージ』すれば
そこに『チャンネル』が合います。
 
 
 
 
ちなみに
手に取るように『イメージ』が
はっきりとしていることを、
 
「『臨場感』が高まる」
と表現することが出来ますが、
 
例えば
『パン屋』で成功していることに
『イメージ』『臨場感』が湧くと、
 
「どのような方法や道のりで
成功したのか?」という
『背景』が
含まれていることになります。
 
 
 
 
 
そして
この『背景』が
『ゴール』を達成する方法で、
 
その中には
「好きだから続けられた」
というエピソードも含まれていきます。
 
 
 
 
だからこそ
「好きなこと」「やりたいこと」を
徹底的に『理解』しておく必要があり、
 
好きなことに
意識を『集中』していくことで、
 
『ゴール』に繋がる
『ヒント』を応用的に閃くことが出来ます。
 
 
 
 
つまり
『ゴール』をリアルに思い描くほど、
 
ゴールを達成した
『ストーリー』が見えてきて、
 
そのストーリーが
「達成方法」となり、
 
「好きなこと」であると
『ストーリー』の辻褄が合って
イメージがしやすくなります。
 
 
 
 
 
 
【ゴールの設定方法の紹介】
 
 
 
 
人は「知っている」ことしか
『認識』できません。
 
 
 
 
ということは
『ゴール』も
「知っている範囲」の中でしか
思い描けません。
 
 
 
 
だからこそ
「知っている」ことを
増やす必要があるのですが、
 
大抵の場合
「好きなこと」「興味のあること」を軸に
『知識』は広がっていきます。
 
 
 
 
なので
「好きなこと」を
”突き詰める”ことで、
 
知識が広がり
『ゴール』も
より理想に近くなっていく。
と言えます。
 
 
 
 
もっと言うと
「今やっていることに意味があるのか?」
と疑問に感じることがあっても、
 
「好きだからやっている」のであれば
ゴールの達成に役立ち
十分に意味があります。
 
 
 
そもそも
「意味があるのか?」と思うことは
『生産性』を気にしての疑問なのですが…
 
 
 
 
 
また
知識が増えたり
行動していくことで
『ゴール』に近づいたら、
 
「新しいゴール」を
設定することも必要です。
 
 
 
 
「やりたいことがコロコロ変わる」
という悩みを持っている人も
いるかもしれませんが、
 
『知識』が増えることで
『ゴール』が修正されるのは
当たり前なので、
 
ゴール設定が出来たら
「トライ&エラー」で
『知識』を増やしていくことを
優先していくと良いです。
 
 
 
 
そして
『チャレンジ』により
『現状』をある程度理解したら、
 
『ゴール』に必要な部分を
切り出して応用したり、
 
『壁』になっている部分などから
『需要』を見出すなどして
活用していきましょう。
 
 
 
 
 
と言っても
『ゴール』を大きく設定していれば、
 
それらの
経験的な『知識』を、
 
『無意識』が自動で
応用してくれて、
 
『閃き』『アイディア』として
『意識』に降ろしてくれるため
あまり難しく考える必要はありません。
 
 
 
 
重要なのは
『ゴール』を更新していくことであり、
 
『経験』によって
設定できる『ゴール』が
変化していくため、
 
考えうる
最大の『ゴール』を
リアルに思い描くほど
『無意識』の力が強まります。
 
 
 
 
 
しかし
『ゴール』は、
 
「自分にはこれ位しか出来ない」という
『過去』の経験から
設定するのではなく、
 
「到底叶いそうもない」ような
『未来』だからこそありえる
設定にする必要があります。
 
 
 
 
なぜなら
『無意識』の力が強く働き、
 
ゴールを叶えるための
「最善の方法」を
『発見』『閃き』やすくなるからです。
 
 
 
 
 
ただ
「知っている」ことしか
『認識』出来ないので、
 
『過去』からし
『ゴール』が作れません。
 
 
 
 
だからこそ
『過去』が更新されるごとに、
 
『ゴール』も
更新する必要があります。
 
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
 
以上が
”やりたいこととゴールの関係”
の紹介でした。
 
 
 
 
まず
「やりたいこと」を
本当にやりたければ、
 
「自分がやりたい」のか
「やったほうが得だからやる」のかを
見極める必要があり、
 
「自分がやりたい」ことであれば
『ゴール』が達成されやすくなります。
 
 
 
 
なぜなら
ゴールを達成をするためには、
 
『ゴール』をリアルに
思い描く必要があり、
 
そのゴールの中には
「好きなことをして、
快適に過ごしている」という状態が
含まれている場合が多くなり
(幸福な状態を誰しも目指すから)、
 
ゴールが達成される
『ストーリー(設定)』が
思い描きやすくなるからです。
 
 
 
 
 
しかし
『ゴール』を設定する段階では、
 
例えば
現段階での
「好きなこと」などの、
 
「過去の実績」とは
全く関係の無い、
 
「到底達成できないようなゴール」
とするほうが良いです。
 
 
 
 
 
なぜなら
『無意識』が
ゴールを達成するために
最善の一手を見つけるからです。
 
 
 
 
 
つまり
流れとしては、
 
『ゴール』を設定して
その後に、
 
「好きなこと」や
「本当にやりたいこと」について
考えていくのがよく、
 
そこで閃いたことは
『ゴール』を達成するために
何かしらの『意味』を持っている
可能性があります。
 
 
 
 
あるいは
今まで『経験』したことの中から
「新たな視点」を得て、
 
これまでは思い付かなかった方法で
『経験』を活かせるパターンもあります。
 
 
 
 
このように
『ゴール』をうまく設定して
『リアル』に思い描いていれば、
 
「やりたいこと」や
『経験』をうまく活かせるようになります。
 
 
 
 
 
理想の人生を目指して
うまくしてみて下さい。
 
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
  
 
 
 
 
関連記事