ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

最適化のメリット 〜ルーティンを作るとIQを高めやすくなる〜

f:id:the-gazette-zakuro:20200629224310j:plain


今回は
”最適化のススメ”
という内容です。
 
 
 
 
『最適化』には
いかに効率よくこなすか?
という目的が含まれています。
 
 
 
 
そして
『効率的』であることは、
 
余計な『ストレス』を軽減し
IQを高める効果があります。
 
 
 
 
では
どのように『最適化』をして
ストレスを減らし
『創造力』を高めればいいのか?
というと、
 
『メリット』や『効果』を
きちんと理解することです。
 
 
 
 
 
その内容とは、
 
①最適化のメリット
②最適化の必要性
③最適化の方法
 
というものです。
 
 
 
 
 
 
【最適化のメリット】
 
 
 
 
 
『リラックス』をすると
IQが高まりますが、
 
逆に
『交感神経』という
体と心の『アクセル』が
強く働くことで
IQが大きく下がります。
 
 
 
 
 
しかし
『ルーティン』を作っておくことで
IQが下がりにくくなります。
 
 
 
 
なぜなら
『悩む』と
交感神経が高まりますが、
 
ルーティン通りに行動することで
悩まずに済むからです。
 
 
 
 
そして
「服を選ぶ」などの
比較的簡単なことは
出来るだけ
『最適化(ルーティン)』していくことで、
 
「重要なこと」に
力が使えるようになります。
 
 
 
 
 
ここでいう
「重要なこと」とは
『創造的活動』のことですが、
 
創造的な活動をする時には
IQを高めるために
『リラックス』が必要になります。
 
 
 
 
 
最近では
「自律神経を整えるメリット」が
よく説かれていますが、
 
その理由は
現代人は『自律神経』が
乱れているからです。
 
 
 
 
 
「自律神経を整える」とは
『リラックス』するということでもあり、
 
リラックスが高まれば
『副交感神経』が高まって、
 
異常に高ぶった『交感神経』の働きを
バランスの良い状態に
調整してくれます。
 
 
 
 
 
というのも
現代人は『交感神経』が
特に高まっており、
 
これが
「自律神経が乱れている」と
言われる原因で、
 
自律神経を整えれば
ストレスから離れられ
『人生』も整っていきます。
 
 
 
 
 
そして
『最適化(ルーティン化)』が
自律神経の乱れをおさえ、
リラックスを高めることになります。
 
 
 
 
例えば
「ブログを書かないと」と思った時に、
 
「こうすれば書ける」
という方法を知っていれば
焦りがなくなっていきますが、
 
このような
「やらなくては」などの
『焦り』を消すことが
『リラックス』を高めることです。
 
 
 
 
 
また
「今日は何を食べようかな?」や
「どれにしようかな?」という
『選択』をすると
交感神経が高まり、
IQが下がります。
 
 
 
 
 
なぜなら
『選ぶ』ことなどに、
 
『集中』して、
他のことが見えなくなることが
「IQが下がっている」
状態だからです。
 
 
 
 
 
このように
「些細なこと」から
知らない間に緊張していき、
 
さらに
自律神経が一度乱れると
『3時間』は
パフォーマンスが回復しません。
 
 
 
 
 
 
なので
「これから仕事」などの
パフォーマンスを高めておきたい時は
『選択』をしないほうがよく、
 
例えば
寝る前などに
仕度を全て終わらせておくと良いです。
 
 
 
 
 
そして
このような
「心の負担」を消して、
 
パフォーマンスを高めることが
『最適化』の目的です。
 
 
 
 
 
 
 
【最適化の必要性】
 
 
 
 
 
もっと言うと
『最適化』は
「気を散らさない工夫」であり、
 
『マインド』という
精神活動を乱さないために、
 
『行動』をして
下準備を済ませておく必要があります。
 
 
 
 
 
そして
この『最適化』が
うまく出来ていないからこそ、
 
多くの人が『自由』を
欲しがっています。
 
 
 
 
 
というのも
「乱れた自律神経を整えたい」
という反射的な反応が、
 
「お金や時間や選択肢」を欲する
”不足を補う”ような
マインドを生みます。
 
 
 
 
お金や時間を手に入れて
『安定』した環境を整えることで
リラックスして
『安心感』が生まれるため、
 
『ストレス』から離れ
自律神経が整うような環境のために
『準備』を整えようとして、
 
大きな視野で
『自律神経』の回復をしようと
思考が働きはじめます。
 
 
 
 
しかし
「お金や時間」でなくても
”自律神経が乱れない工夫”をすることで
根本的な問題を解決できたりします。
 
 
 
 
 
というのも
『ストレス発散』のために
買い物をするというのは、
 
『報酬』を得るのと引き換えに
「自律神経の乱れ」を受け入れ、
 
乱れた自律神経の回復のために
『報酬』を使うようなものなので、
 
そもそも
『自律神経』が乱れなければ
お金がかからなくなります。
 
 
 
 
 
言い換えると
自律神経を整えると
ミニマリスト』のようになり、
 
『生活スタイル』が、
 
服選びや
散らかりの少なさを生み、
さらに
自律神経を整えることになります。
 
 
 
 
 
つまり
『断捨離』とは
最適化のことで、
 
断捨離が
「自律神経が乱れない工夫」
の一つと言え、
 
長い目で見るほど
効果が高くなります。
 
 
 
 
 
といっても
突然ガラリとは変わりませんが、
 
『目的』を達成するための
『閃き』が降りてくる状態となるため、
 
『方法』が分かったうえで
道を進めるようになり、
 
歯車が一つずつ噛み合って
ジワジワ人生が向上していきます。
 
 
 
 
 
もっと言うと、
 
『最適化』によって
リラックスし
IQを常に高めておくことで
”未来の可能性”が広がり、
 
「将来の心配」
という大きなストレッサーが軽減し
IQが下がりにくくなります。
 
 
 
 
 
IQが高まることは
『創造力』が高まるということですが、
 
『創造的』な状態となると
閃きがいつまでも尽きないので
『仕事』がはかどりやすくなり、
 
体力や精神を消費していく
生活スタイルから抜け出していけます。
 
 
 
 
 
また
仕事などで
大きく自律神経を崩すのなら
『改善(最適化)』の必要があると言え、
 
自律神経の乱れを放置すると
『鬱』や『慢性疲労症候群
になる可能性が高まります。
 
 
 
 
なので
「仕事を変える」か
「自律神経が乱れない工夫」を
施すことには
大きな意味があります。
 
 
 
 
 
このように
『仕事』や『生活スタイル』などの
『人生全体』で
IQを下げない工夫をすることが、
 
『最適化』を行う
ということです。
 
 
 
 
 
 
 
【最適化の方法】
 
 
 
 
では
どのように
『最適化』すれば良いのか?
というと、
 
まずは
『ストレス』を
最初にしっかりと認識することです。
 
 
 
 
先程の例でも紹介した
「朝の服を選ぶ」ことは
毎日行っていて
『当たり前』なので、
 
『ストレス』に慣れて
気付きにくくなります。
 
 
 
 
なので
「探す」「迷う」ことなどが
IQを下げていることを
自覚する活動を、
 
まずは行っていきます。
 
 
 
 
 
といっても
特別何かを行う必要はなく、
 
『最適化』のことを
『念頭』に置いておけば、
 
自動的に
「今のはストレスがかかって、
自律神経が乱れたかも?」などと
意識に上がりやすくなります。
 
 
 
 
 
 
次に
その『ストレス』に対して
アプローチをするステップで、
 
どうやったら楽になるか?
どのように手間を省けるか?
などを、
『トライ&エラー』で見つけます。
 
 
 
 
例えば
「探しもの」は
IQを下げますが、
 
「5分探して見つからなかったら、
他のもので代用しよう。」などの、
 
『代案』などで
「気持ちの切り替え」が起こるものを
見つけていきます。
 
 
 
 
 
このように
「落としどころ」を決めるなどで、
 
色々な『パターン』を試してみて
それぞれの工夫の
メリットとデメリットを
認識していきます。
 
 
 
 
と言っても
いちいち覚えおく必要はなく、
 
「へぇー、こうやったら良いんだ」という
『発見』をするだけで良いです。
 
 
 
 
 
なぜなら
『認識』するだけで
脳内で『点』を『線』にしてくれて、
 
その『線』が
『閃き』として
脳からアウトプットされるからです。
 
 
 
 
 
なので
『わざと』失敗してみることでも
そこから次の工夫に繫げられます。
 
 
 
 
すると
全ての物事を
「失敗ありき」で捉えられ、
 
「失敗してもいいからやってみる」ではなく
「仕組みの理解に必要だから失敗してみる」
というマインドに切り替わり、
 
「失敗したらどうしよう…」という
『緊張』を和らげることが出来ます。
 
 
 
 
なのでまずは
他の人から注意を受けない、
 
『日常生活』的なことから
最適化していくようにして、
 
「失敗のライン」を
見極めていくと良いです。
 
 
 
 
 
といっても
このような『トライ&エラー』は
誰しも普通にやっている
ことだったりします。
 
 
 
 
しかし
「出来る人」というのは
失敗のラインの『見極め』が
的確に判断できており、
 
 
いわゆる『成功者』は
「いかにスムーズに済ませるか?」
という『最適化』が得意です。
 
 
 
 
なぜなら
『整理整頓』や『最適化』が、
 
余計なことに
『意識』を使わずに済むのを
本能的に理解しているからです。
 
 
 
 
 
もっと言うと、
 
『創造的活動』の
邪魔になることが分かっているからこそ、
 
『トライ&エラー』で
最も効率的な方法を探そうとします。
 
 
 
 
 
要は
『必要性』が高まれば
『トライ&エラー』や『最適化』の
『工夫』を
無意識に起こしていくため、
 
 
『創造力』を
使うような活動をして
日頃から必要性を高めておくことが
『最適化』に必要な要素と言えます。
 
 
 
 
 
 
【メリットを知ることで最適化が起こる】
 
 
 
 
このように
『最適化』をする方法は
『創造性』を高めることと言えますが、
 
普段から
『自律神経』が整っていないと
創造的な閃きは起きません。
 
 
 
 
 
というのも
ヨガには
『グナ』という概念があり、
 
『タマス』という
『愚鈍』な性質が高まった状態だと
心も体も停滞して、
頭も働かなくなります。
 
 
 
 
逆に
『サットヴァ』という
『純粋』な性質にしておくことで
頭がクリアになります。
 
 
 
 
 
なので
『サットヴァ』のような、
 
『心的健康状態』を得る活動には
大きな需要があると言えます。
 
 
 
 
 
そして
『成功者』的なマインドの人は、
 
マインドを整えるために
知識を得たほうが、
 
『時間効率』や
『精神衛生』が良いことを
知っているからこそ、
『知識』に投資します。
 
 
 
 
その結果
『創造性』が高まり
高い価値を生産できるようになるので、
ますます繁栄していきます。
 
 
 
 
 
つまり
『最適化』には
人生のレベルを変えるほどの
『メリット』や『効果』が
あることを知ることが、
 
「最適化の方法」の
一つと言えます。
 
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
 
以上が
”最適化のススメ”
の紹介でした。
 
 
 
 
『最適化』により
余計な『ストレス』を軽減でき
その結果IQが高まって、
 
人生のあらゆる場面で
最適な選択をとれるようなる
などの『メリット』が受けとれます。
 
 
 
 
逆に言えば
『最適化』や『ルーティン』を
行わないでいると、
 
日常的に
交感神経が高まって
自律神経を乱し、
 
『人生』全体に
悩みが多くなってしまいます。
 
 
 
 
 
そして
『最適化』の方法とは、
 
『トライ&エラー』を行い
効率よく手間を省いていくことで、
 
手間が少ないほど
自律神経が乱れる原因が
少なくなっていきます。
 
 
 
 
 
そして
その『方法』を
うまく取り入れるためには、
 
最適化の『メリット』や
他のことへの『影響』などの
『効果』を詳しく理解しておくことで、
 
そうすることで
『意識』に強く残り
自動的に思い出して
実行しようとします。
 
 
 
 
 
以上です。
 
 
 
 
『最適』で『快適』なものを取り入れて
創造性を高め、
 
人生の『幸福度』を
高めてみて下さい。
 
 
 
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
関連記事