ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

人生の全ての質を高める方法 〜ヨガでハッピーになる理由とは?〜

f:id:the-gazette-zakuro:20200701124743j:plain


今回は
”自律神経を整えるメリット”
という内容です。
 
 
 
 
 
『自律神経』が整うと
『ストレス耐性』が高まり、
 
人生のあらゆる面で
『IQ』を高めておけます。
 
 
 
 
逆に
『ストレス』となることは、
 
「IQが下がっている」から
発生している可能性があり、
 
ストレスによりIQが下がり
IQが下がることにより
「解決方法が見い出せない」
という、
 
いわゆる
『負のスパイラル』に
知らないうちに
はまっている可能性があります。
 
 
 
 
 
なので
『正のスパイラル』に入って、
 
快適な状態がIQを高め
高いIQが快適な状態を作る
という、
 
『理想的』な状態を
作り出すことに、
 
大きな『メリット』と『需要』が
生まれています。
 
 
 
 
そして
『ヨガ』は
その『需要』を満たしているものの
一つと言えます。
 
 
 
 
 
では
その理由は何で、
 
どのようなすれば
『正のスパイラル』に
入ることが出来るのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
その内容とは、
 
①自律神経によって心が整う
②ヨガで自律神経が良くなる
③日頃から下げないことを意識する
 
というものです。
 
 
 
 
 
 
【自律神経によって心が整う】
 
 
 
 
自律神経が整うと
「嫌なこと」が
気にならなくなります。
 
 
 
 
なぜなら
『副交感神経』が働くと
ストレスに『免疫』ができるからです。
 
 
 
 
逆に
『交感神経』が高まると
『緊張』してIQが下がり、
 
「目の前のこと」しか
見えなくなります。
 
 
 
 
 
そして
急激な『交感神経』の高まりにより
『自律神経』が乱れると、
 
全体的な
『パフォーマンス』が落ちていきます。
 
 
 
 
 
もっと言うと
「ほんの些細なストレス」でも、
 
小さな歯車が
”全体の歯車”の動きを止めるように
「全体のパフォーマンス」を落として
『負のスパイラル』に入ります。
 
 
 
 
 
というのも
一度『自律神経』が乱れると
3時間は元に戻らず、
 
その3時間の間に
次から次へと『ストレス』が高まって、
 
自律神経を
『回復』させる時間が無くなり、
 
結局
「一日中パフォーマンスが落ちている」
状態となりやすくなりますが、
 
このような
『悪循環』が
『負のスパイラル』です。
 
 
 
 
 
逆に
『正のスパイラル』に入ることで、
 
IQが高まって
全体が見えるようになり、
 
『問題解決』の方法などが見えて、
状況が好転していきます。
 
 
 
 
 
そして
このような
『精神論』の根本になっているのが
『自律神経』です。
 
 
 
 
また
『自律神経』は、
 
『血管』や『内臓』と
繋がっているため、
 
自律神経を整えることで
「体の健康」を保つことができます。
 
 
 
 
 
逆も然りで
例えば、
 
「デスクワーク」などで
『体』が動かせない状況だと、
 
自律神経が
うまく働かなくなり、
 
『免疫力』が低下して
病気になりやすくなります。
 
 
 
 
このように
『心と体』をつなげているのが
『自律神経』の特徴と言えます。
 
 
 
 
 
 
【ヨガで自律神経が良くなる理由】
 
 
 
 
ヨガは
「バランスを整える」ことを
強調して教えています。
 
 
 
 
さらに
ヨガの『目的』は
『ハッピー』になることです。
 
 
 
そして
『自律神経』の観点からも、
 
『人生』の全ての分野の
バランスをとることで
『幸福度』が高まると言えます。
 
 
 
 
 
例えば
『バランス系』のアーサナ
『集中力』が大事だとされており、
 
『一点集中』を行うことで
バランスがとれるようになります。
 
 
 
 
逆に
「心が乱れている」と
『バランス感覚』を失い
うまくポーズが取れません。
 
 
 
 
このように
ヨガは
『心と体』のバランス
をとることの重要性を、
 
『体感的』に理解できるような
仕組みとなっています。
 
 
 
 
 
さらに
「食事の量」のバランスも
重要とされており、
 
1回の食事では
「お腹の半分位」が丁度良く、
 
「同じ食事がもう1回できる位」が
ヨガ的には適量だとされています。
 
 
 
 
 
その理由は
『食後』や
『体調』を考えてのことで、
 
要は
「未来への配慮」という、
人生全体を俯瞰したうえでの
『バランス』を整えることが
意識されています。
 
 
 
 
 
また
『精神』は『肉体』から作られ、
肉体は『食事』から作られるので、
 
「精神的なバランス」
を整えるためには
”食事のバランス”を
整える必要があります。
 
 
 
 
というのも
良くないものを食べると
それが『血肉』となり、
 
数週間は影響を受けてしまうので
注意が必要で、
 
『栄養バランス』を整えることで
体のパフォーマンスが高まります。
 
 
 
 
 
さらに
ヨガには
『イダー』と『ピンガラ』
という概念がありますが、
 
イダーとピンガラは元々
『自律神経』と思われていたもので、
働きがよく似ています。
 
 
 
 
 
ちなみに
現在の『イダー』と『ピンガラ』は、
 
『自律神経』ではなく
『経絡』的な考えですが、
 
最近になって
『経絡理論』が
『心理学』に応用されてきているので、
 
中には
経絡的な捉え方のほうが
分かりやすい人もいるかもしれん。
 
 
 
 
 
そして
ヨガでは
『イダー』と『ピンガラ』
のバランスを整え、
 
両方とも高めることで
『サマディ』に
入るという教えがありますが、
 
『副交感神経(イダー)』と
『交感神経(ピンガラ)』を
両方とも高めることで、
 
『ゾーン(サマディー)』に入れることが
医学的に解明されています。
 
 
 
 
 
 
このように
『ヨガ』の教えの中には、
 
『自律神経』を整えることと関連した
『教え』が沢山盛り込まれています。
 
 
 
 
 
 
 
【自律神経は日頃から下げないようにする】
 
 
 
 
『不安』は
『緊張』を生み、
大きく自律神経を乱します。
 
 
 
 
というのも
『生存欲求』という
欲求段階が低いものであるほど
『不安』は大きくなり、
 
自己実現欲求』という
欲求段階が高いものであるほど
後回しにされますが、
 
例えば
生活費などの
『お金』が足りなくなることで
『不安』が一気に高まります。
 
 
 
 
 
自律神経を整えることで
『ストレス耐性』が高まり、
 
ある程度のことは
気にならなくなりますが、
 
『緊急性』の高いことは
解決しないといけないので
どうしても意識を使う必要があります。
 
 
 
 
 
しかし
お金持ちを過ぎると、
 
『欲』が高まって
意識が乱れてしまいます。
 
 
 
なので
この部分でも
バランスを取る必要ありますが、
 
 
要は
『仕事』『人間関係』『健康』
などを含む、
 
『生活』のどこかが破綻することで
負のスパイラルが起こるので、
 
『全体』を
バランスよく高めておく必要があります。
 
 
 
 
 
例えば
先程の『食事』の例えで言うと、
 
『腸内環境』を整えておくと、
『副交感神経』が下がりにくくなり
ストレス耐性などが高まります。
 
 
 
 
そして
いわゆる
『精神的なバリア』が高まることで、
 
例えば
『仕事』では失敗を恐れにくくなって
無駄な緊張から
IQが下がらなくなりら
結果的に
『成功』しやすくなったり、
 
『人間関係』において
「相手の意見」に
過剰に反応しなくて済むようになり
円滑に関係を築けたりと、
 
『食事』をきっかけに
多くの『メリット』を受け取れます。
 
 
 
 
 
しかし
『緊急性』の高いものだと
いくら『ストレス耐性』が高くても、
 
『不安』『緊張』が
生まれてしまいます。
 
 
 
 
いくら『腸内環境』を整えて
「副交感神経が下がりにくくなった」
としても、
 
「下がりにくい」だけで
災害などの
『パニック』的な状況では
『交感神経』が高まります。
 
 
 
なぜなら
IQを下げないと
『生存率』が低くなるからです。
 
 
 
 
もっと言うと、
 
災害が起きて
『危険性』が高まっている時は、
 
『逃げる』ために
IQを下げるほうが
『生存率』が高まりますが、
 
ある程度『安全』な場所に
避難できた時には、
 
IQを高めるほうが
『生存率』が高くなります。
 
 
 
 
 
と言っても
『災害』レベルのことは
『予測不能』なので、
 
『防災グッズ』を
手に入れておく位しか
対策は出来ませんが、
 
「日常生活レベル」では
『予想可能』なことが沢山あり、
 
『対策』をしておくだけで
『焦り』などが起きて
「慌ててミスを連発する」ような事態を
回避することが出来ます。
 
 
 
 
 
ミスが重なったら
『ストレス耐性』が高くても、
 
さすがに
「周囲の目」が
気になると思うので、
 
そのような
『負のスパイラル』の
可能性のあるものを避けるために、
 
『対策』を
講じておくことが重要です。
 
 
 
 
また
『対策』をして
「これで大丈夫だろう」などの、
 
「精神的な圧力」を軽減することで
『自律神経』は整っていきます。
 
 
 
これは
『ルーティン』を作って
物事を『最適化』していくのと
同じ効果があります。
 
 
 
 
 
逆に
全てのバランスが整って
『正のスパイラル』に入ると、
 
『相乗効果』によって
みるみるうちに
全体的な『状況』が良くなっていきます。
 
 
 
 
 
このように
「少しの力」で
大きな『リターン』が返ってくるので、
 
『整える』ことに
『投資』をしていくと良いです。
 
 
 
 
そのためには、
ほんの些細な
『ストレス』に気付くことが大事で、
 
「これ位いいだろう」と
放っておいたことが
今ある『問題』となって
顕在化してきているので、
 
『問題意識』を高めて
小さいうちに
刈り取っておきましょう。
 
 
 
 
小さいほど
刈り取る力を小さく出来て、
 
結果的に
大きな『リターン』となって
将来に『繁栄』が生まれます。
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
 
以上が
”自律神経を整えるメリット”
の紹介でした。
 
 
 
 
自律神経を整えると
『ストレス耐性』が高まり、
 
人生全体の
『IQ』を高めることに繋がり
『成功』しやすくなります。
 
 
 
 
 
そして
『ヨガ』には、
 
自律神経を整えるための
『方法論』が
沢山用意されています。
 
 
 
 
というのも
『人生』の質を良くしようとすると、
 
結局
『バランス』を整えることが
効果的で確実なものとなります。
 
 
 
 
 
そのためには
小さな『ストレス』を
予め刈り取っておくことが大事で、
 
『ストレス耐性』を高めておくことも
用意できる『対策』と言えます。
 
 
 
 
 
『人生』の全ての分野を
快適な状態に保ち、
 
『幸福度』を
高めてみて下さい。
 
 
  
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
関連記事