ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

人生全体の満足度を高めるマインドセット 〜幸福度を下げる要因とは?〜

f:id:the-gazette-zakuro:20200708175231j:plain

今回は
”人生の満足度を上げる”
という内容です。
 
 
 
 
 
『人生の満足度』
を高めることは、
 
いわゆる
「幸せ」の1つですが、
 
この『基準』は
個人的なレベルから
普遍的なレベルまで
幅広くあります。
 
 
 
 
 
そこで今回は
誰しもに当てはまる
普遍的な『幸福』『満足度』に
フォーカスを当てて紹介します。
 
 
 
 
 
その内容とは、
 
①お金と満足度をリンクさせない
②健康と満足度の関係
③バランスを意識することの重要性
 
というものです。
 
 
 
 
 
 
 
【お金と満足度の関係】
 
 
 
 
「人生の満足度」と
『お金』をリンクさせている人が
沢山います。
 
 
 
 
 
もちろん
お金があれば
「必要なもの」が揃い、
 
必要最低限のものが無い
『不自由な生活』を
回避することが出来るため、
 
『満足度』は高まります。
 
 
 
 
 
ここで言いたいことは
『欲望』を満足させることを良しとして、
 
その欲望を
『お金』で解決させようとすると
様々な部分で『無理』が生じて
『苦悩』が多くなる
ということです。
 
 
 
 
 
 
もっと言うと、
 
『必要最低限』のものを得られる
『満足』と、
 
『欲望』を叶えた時の
『満足』は少し種類が違い、
 
欲望を満たした時の感覚は
どちらかと言うと
『快楽』に近いもので、
 
『快楽』を沢山受け過ぎると
『不快』に敏感になり
「苦しみ」を強く感じてしまうため、
注意が必要です。
 
 
 
 
 
このように
『満足』には
一定のラインがあり、
 
そのラインを超えて
必要以上に求めるほど、
 
『快楽』と『不快』の
アップダウンが大きくなります。
 
 
 
 
 
また
『欲望』を叶えることに満足感を覚えると
必然的に『お金』がかかってしまい、
 
「幸せ=お金」という
『価値観』が出来あがってしまいます。
 
 
 
 
 
そして
「お金があると幸福だ」
と考えることで、
 
「お金が無いと不幸だ」
という考えを支持していることになり、
 
お金への『執着』が
生まれやすくなります。
 
 
 
 
 
 
このように
『快楽』は
『執着』などの
苦しみとリンクしやすいため、
 
あまり持たないほうが
トータル的な『満足度』が
高くなります。
 
 
 
 
 
そして
このような
「足るを知る」というマインドは、
 
ヨガの
『サントーシャ』的な考えであり、
 
本質的な
『幸福』とリンクしています。
 
 
 
 
 
つまり
満足度の『基準』を
『本質的』なものと合わせておくことで、
 
外部からの影響による
『欲望』的な満足度に
振り回されずに済むため、
 
本当の意味で
『満足度』を高めることが出来ます。
 
 
 
 
 
 
 
【健康と満足度の関係】
 
 
 
 
 
『健康体』は
満足度を高めます。
 
 
 
 
 
というのも
健康な体であれば、
 
疲労物質』が
程よく抜けて
『疲れ』から解放されますが、
 
この『疲れ』が残ることこそ
『満足度』を下げてしまう要因と言えます。
 
 
 
 
 
なぜなら
疲れていると
『やる気』も起きないし、
 
体も「ダルく」なり
いわゆる『不満』な状態となるからです。
 
 
 
 
 
ちなみに
ここで言う『疲労』とは、
 
体を沢山動かし
クタクタになった状態の
「健康的な疲労」ではなく、
 
『血流』が停滞し
体内の『疲労物質』が排出されず
『栄養』が各器官に行き渡らない
「不健康な疲労」ことです。
 
 
 
 
 
体を沢山動かして
汗をかき、
 
乳酸が溜まって
「疲れた」と感じる状態は、
 
体は疲れるけど
『マインド』は元気になります。
 
 
 
 
なぜなら
先程も説明した通り
『血行』が良くなり
体の調子が整うからです。
 
 
 
 
この『肉体疲労』は
少し休憩すれば回復し、
 
長期的にみると
『活力』が高まって、
 
『人間関係』や
『仕事』などのやる気に繋がり、
 
人生全体が豊かになり
トータル的な『満足度』を
高めやすくなります。
 
 
 
 
 
 
ですが
代謝の低下により
『疲れ』が抜けないでいると、
 
体内に『マイナス』を抱えるため、
アウトプット(反応)も
マイナスなものとなるし、
 
そもそもやる気が出ないため
『精神疲労』に繋がります。
 
 
 
 
 
これにより
例えば
『人間関係』が悪化し、
 
人間関係から受けるストレスにより
『緊張』が高まり、
 
さらに『血行』が悪くなって
疲労物質』の排出が弱くなる
という、
 
『負のスパイラル』を生んでしまいます。
 
 
 
 
 
つまり
『体の健康』が
『心の健康』を生み、
 
『満足度』という
精神的な充実感に繋がります。
 
 
 
 
 
 
 
【正のスパイラルを起こす】
 
 
 
 
 
『運動』をすることで
『血行』が良くなり
『精神的健康』を得られることを
紹介しましたが、
 
”バランスを整える”ことでも
疲労物質』を取り除いたり、
『欠乏感』を軽減することが出来ます。
 
 
 
 
 
 
逆に言えば
「バランスを崩している」からこそ
『負のスパイラル』が起きており、
 
負のスパイラルにより
体の調子が悪くなることで、
『ストレス耐性』が低くなり
周囲からの影響を受けやすくなって、
 
例えば
「お金が無いと不幸なんだ」という
自分の頭で考えて決めたわけではない
『風潮』を支持しようとします。
 
 
 
 
 
なぜなら
『不安』が大きくなると
その不安を和らげるために
『逃避行動』をとりますが、
 
この時には
IQが低下して、
 
「とりあえず不安が取り除けたら
何でも良い」という
スピード重視な思考になりやすく、
 
「皆がやっているなら大丈夫だろう」という
ひとまずの『安心感』を
得ようとするからです。
 
 
 
 
 
ですが
ひとまずの『安心感』を得て
IQが高まったら、
 
次は
「自分なりの安全な場所」を
見つけていく必要があります。
 
 
 
 
 
 
しかし
『ストレス耐性』が
常に下がっている状態だと、
 
「とりあえずの安心感」を
常に得ていないとならない状態となり、
 
『緊急避難場所』に
留まる形となってしまいます。
 
 
 
 
 
 
だからこそ
まずは『IQ』を高められるよう
『リラックス』をする必要があります。
 
 
 
 
 
 
まず
リラックスをすることで
『副交感神経』が高まりますが、
 
副交感神経は
『ストレス耐性』を高めるので、
 
『負のスパイラル』を
止めることが出来ます。
 
 
 
 
 
そして
リラックスにより
『IQ』が高まりますが、
 
IQが高まると
俯瞰的に
全体を判断したうえでの
「冷静な思考」が行えるため、
 
外部から与えられた
『価値観』に振り回されなくなり、
 
 
その結果
「本質的な満足感とは何か?」
について思考出来るようになります。
 
 
 
 
 
 
このように
『ストレス耐性』を高めることと
智慧』を得られることで、
 
人生全体の
『幸福度』を高めるための
『準備』が整います。
 
 
 
 
 
逆に言えば
この『準備』が整っていないのに、
 
『幸福度』や『満足感』を
得ようとしても、
なかなかうまくいきません。
 
 
 
 
 
なぜなら
ストレスの影響を受けて
正しい判断が出来ないでいる状況こそが、
 
『幸福度』を
下げているからです。
 
 
 
 
 
そして
『副交感神経』を高め
『準備』を整えるためには、
 
『バランス』を
整えることで可能になります。
 
 
 
 
 
言い換えると
「偏らない」ことが重要で、
 
『極端』な状態を避けて、
全てにおいて
「間をとる」というマインドが
『バランス』を生みます。
 
 
 
 
 
例えば
『腸内環境』を整えることで
『副交感神経』が低下しにくくなりますが、
 
「食事のバランス」をとることで
体の調子が整い
『マインド』が良くなります。
 
 
 
 
 
なので
「食べすぎ」は避け、
 
なおかつ
『絶食』を極端に続けるでもなく、
 
『間』をとって
例えば
・普段のご飯の量は胃の半分とし、
・断食は月に1回程度
とすることが、
 
ヨガでは推奨されていたりします。
 
 
 
 
 
また
『肉体』に寄りすぎず
『マインド』にも寄りすぎない
「心と体」のバランスを考えることや、
 
近すぎず
遠すぎない
『人間関係』の距離感を
適度に保つことも重要です。
 
 
 
 
 
 
以上のことは
あくまでも一例で、
 
普段から食べすぎていたら
『断食』はもう少し増やしてもいいし、
 
良くないマインドの人とは
距離を置き、
好ましいマインドの人とは
近づいてみる、
 
などの
『全体』的なバランスを意識することが
『キモ』となります。
 
 
 
 
 
この「バランスの意識」が
広範囲に及ぶほど、
 
バランスに対する感覚が鋭くなり
”微妙な変化”を察知するようになって、
 
『健康的な生活』などに
「居心地の良さ」を感じるようになり、
 
結果的に
疲労物質』の溜め込みや
『欠乏感』へのとらわれ
などから
離れることになります。
 
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
 
以上が
”人生の満足度を上げる考え方”
の紹介でした。
 
 
 
 
 
「人生の満足度」を
『お金』などの
他人からの影響を基準にすると、
 
いつまで経っても
満たされないことがあるので、
 
まずは
「何が満足感なのか?」を
きちんと理解しておく必要があります。
 
 
 
 
 
そして
『疲れ』は
『満足度』を大きく下げてしまうため、
 
疲れへの
『ケア』も重要と言えます。
 
 
 
 
 
これらの
『満足度』を下げる要因を整えると、
 
自然と『満足度』『幸福度』が
高まっていきますが、
 
それらの
「下げる要因」に『気付く』ためには、
 
「バランスへの意識づけ」が
重要と言えます。
 
 
 
 
 
なぜなら
『バランス』を崩すことで、
 
他人から良くない影響を受けやすくなり
『疲れ』が抜けなくなったりなどの
『デメリット』が発生するからです。
 
 
 
 
だからこそ
様々な面で
『バランス』を意識する必要があり、
 
バランスへの意識づけに
慣れてくれば、
 
『微妙な変化』に気付けるようになり
ますますバランスが整っていきます。
 
 
 
 
 
 
人生の『満足度』を高め
ハッピーに過ごして下さい。
 
 
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
関連記事