ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

リラックスした良い雰囲気で人間関係を向上させる方法

f:id:the-gazette-zakuro:20200726131632j:plain


今回は
”人間関係とリラックスの関係”
という内容です。
 
 
 
 
 
 
悩みの中で
『人間関係』の比重は
とても大きいものだとされています。
 
 
 
 
 
 
逆に言えば
『人間関係』さえ良くなれば
人生に『ストレス』が少なくなり、
 
『リラックス』が増えて
IQや創造性を高めていけます。
 
 
 
 
 
 
では
どのように『人間関係』を
良くしていけばいいのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
その方法は
『空気』をコントロールすることです。
 
 
 
 
 
 
 
その内容とは、
 
①リラックスの場を作る
②オープンマインドの感覚をつかむ
③自律神経を整える
 
というものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
【緊張度合いは相手に伝わっている】
 
 
 
 
 
 
『人間関係』において
重要な要素の1つとして、
 
『緊張感』があります。
 
 
 
 
 
 
というのも
『愛の感情』や『緊張感』などは
他の人に伝わることが分かっており、
 
こうなる理由は
詳しく解明されていませんが、
おそらく
『社会性』により進化した人類が獲得した
『共感能力』と思われます。
 
 
 
 
 
 
このように
『緊張感』や『リラックス』は
相手に伝わるもので、
 
『共有』している
『場』のようなものなので、
 
 
その度合いによって
コミュニケーションの
『雰囲気』に違いが現れるため、
 
『リラックス』して
コミュニケーションをとることが
推奨されます。
 
 
 
 
 
 
逆に
『緊張感』の高い関係性だと、
 
お互いのIQが下がり
生産的な会話が生まれにくくなり、
 
『恐怖心』から
『マウント』を取り合うような
マイナスの関係が生まれる可能性が
高くなるため、
 
そうならないように
注意しておく必要があります。
 
 
 
 
 
 
このように
『緊張』には
多くのデメリットがありますが、
 
逆に
『リラックス』には
IQを高め、
創造性の高い
コミュニケーションがとれるようになり、
『安心感』が生まれため、
 
『リラックス』の関係性を保つことを
提案しました。
 
 
 
 
 
 
そして
この『リラックス』の度合いが
『共有』されるという部分がミソで、
 
例えば
相手の『緊張』を察知し
『リラックス』の雰囲気を作ることで
良好な関係を築けるように
働きかけたりと、
 
『リラックス』を保つことで、
『人間関係』を
うまく運べるように
調整することが出来ます。
 
 
 
 
 
 
逆に
『緊張度』が高い人だと
そちらに引っ張られてしまい
『緊張の場』が出来やすいため、
 
うまくコントロール出来ないうちは
『緊張度』の高まっている人とは
距離を置くなどの
対策が必要になります。
 
 
 
 
 
 
要は
『リラックス』と『緊張』の
度合いを測れるようになれば、
 
『人間関係』において
ストレスが減り、
良好な関係を築きやすくなります。
 
 
 
 
 
 
 
【リラックスの感覚を掴むメリット】
 
 
 
 
 
では
どのように
『リラックス』『緊張』の
度合いを測れば良いのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
その方法は
自分の「心や体」の状態を
よく『観察』することです。
 
 
 
 
 
 
というのも
『緊張』とは
身体的な緊張と
心理的な緊張に分かれますが、
 
『緊張』すると
どちらにも症状が現れるため、
 
『変化』したことを
敏感に察知することを心がけると良いです。
 
 
 
 
 
 
また
緊張した時は
『呼吸』が止まるか浅くなるため、
 
呼吸という『身体的変化』に
気付けるようになると良いです。
 
 
もっと言うと
『呼吸』は
心理的変化』にも対応しており、
 
『プレッシャー』という
心理的な圧力がかかることで
『呼吸』が浅くなり、
 
それが
『心拍数』や『呼吸の深さ』という
肉体的な変化として
捉えやすくなります。
 
 
 
 
 
 
このように
『観察』の対象を
『呼吸』に合わせておくと、
 
『リラックス』『緊張』の
度合いが分かるようになります。
 
 
 
 
 
 
逆に
『緊張』している時に、
 
『リラックス』時の呼吸を行えば
緊張をほぐして
リラックスを高めることが出来ます。
 
 
 
 
 
そして
『逆腹式呼吸』を行うことで
すぐに緊張をとることができ、
 
いつでもどこでも
即効で切り替えが出来るため、
 
緊張を『察知』したら
すぐに取り入れてみて下さい。
 
 
 
 
 
 
もう1つ紹介しておくと、
 
『タッピング』という
体をトントントンと
一定のリズムで叩く方法を使うことで、
 
『副交感神経』が高まり
『リラックス』出来るようになります。
 
 
 
 
 
 
 
 
このように
『体』を使って
『心』をコントロールできて、
 
結果的に
『人間関係』にも
影響を与えることが出来るようになるので、
 
人と接する時に
『緊張』を感じたら、
 
上記の方法を利用して
『リラックスの場』を
作ってみて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
そうすることで
お互い『オープンマインド』となり
IQの高い状態となって、
 
『生産性』と
『関係性』の両方を高められます。
 
 
 
 
 
 
 
 
【自律神経を整えて空気を整える】
 
 
 
 
 
 
『オープンマインド』にするためには
『自律神経』を整えておくことが重要です。
 
 
 
 
 
先程も紹介しましたが
『副交感神経』が高まることで
『リラックス』が高まり
良好な関係を築きやすくなります。
 
 
 
 
 
さらに
『副交感神経』を高めておけば、
 
『攻撃』『挑発』などが
効かなくなります。
 
 
 
 
 
 
これにより
多少『緊張感』が高い人とでも
フラットに接することが
出来るようになります。
 
 
 
 
 
 
 
「緊張感の高い人」とは、
 
例えば
「社長が来て緊張感のある空気になった」
とか、
 
「怖い人が来て空気が重くなった」
などの、
 
『場』の雰囲気を
強く『緊張』させる人のことですが、
 
 
副交感神経を高め
『自律神経』を整えていれば、
 
緊張の高い
『場』や『人』からの『影響』を
バリアを張るように抑えられ、
 
このように
「動じていない人」がいることで、
 
逆に
『リラックスの場』に
雰囲気が転換していきやすくなります。
 
 
 
 
 
 
このような人が
「好かれる人」だったりするのですが、
 
簡単に言うと
「居心地の良い空間」を
余裕のある態度で演出したり、
 
『リラックス』を伝播させて
居心地の良さから
人が集まっている状態と言えます。
 
 
 
 
 
 
逆に
『緊張感』を作り出す人は
「怖い人」という印象を持たれ
近づき難いですが、
 
そのような人は
過去の『恐怖』や『悲しみ』が
大きい人とも言えます。
 
 
 
 
 
 
だからと言って
同情的に
「雰囲気を悪くする行動」を
認めてしまうと、
 
『緊張感』が続き
本人にとっても良くありません。
 
 
 
 
 
 
そういう時は
その背景にある
『恐怖』『悲しみ』の部分を
認め、受け入れると良く、
 
そうすることで
『緊張の場』の原因が解明でき、
 
そこからの影響を
コントロールすることができて、
 
『リラックス』を放出して
雰囲気を転換させることが出来ます。
 
 
 
 
 
 
つまり
「悪い雰囲気」に
『反応』するのではなく、
 
その『原因』にフォーカスすることで
『良い雰囲気』を
作り出すことに繋がります。
 
 
 
 
 
 
しかし
これも『自律神経』が整って
『ストレス耐性』が高い状態でないと
なかなか出来ないアクションなので、
 
まずは
『自分自身』を調整し、
 
そこから
『全体の場』を高めることに
挑戦していきましょう。
 
 
 
 
 
 
そして
全体の『雰囲気』が良くなることは、
 
『人間関係』が良好になり
結果的に
『自分』のためになるアクションです。
 
 
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
 
以上が
”人間関係とリラックスの関係”
の紹介でした。
 
 
 
 
 
 
人間関係で重要なものの1つに
『雰囲気』があり、
 
これは
『リラックス』『緊張感』が
相手に伝わることで変化していきます。
 
 
 
 
 
 
そして
自分自身の『緊張感』や
全体の『雰囲気』を
敏感に察知しておくことで、
 
予め『テコ入れ』することが出来て
居心地の良い空間を
作り出しやすくなります。
 
 
 
 
 
 
そして
『察知』するには
『呼吸』を観察すると良く、
 
逆に
『緊張感』が高まっている場合などは
『呼吸』をコントロールすることで
『リラックス』を高めることが出来ます。
 
 
 
 
 
 
ですが
『自律神経』が整っていないと
一旦リラックスできても
再び『緊張』しやすくなるので、
 
『副交感神経』を高め
『ストレス耐性』を
作っておくことが重要と言えます。
 
 
 
 
 
 
そうしておけば
『緊張感』を高める人がいても
『影響』を受けずに済み、
 
『リラックス』を高めて
逆に『良い影響』に
雰囲気を変えることが出来ます。
 
 
 
 
 
 
『人間関係』や『雰囲気』を
良好なものにして、
 
居心地の良く
住みやすい環境を整えて
IQを高めてみて下さい。
 
 
 
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
関連記事