ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

質の高いものを生み出す方法 〜スピードアップとリラックスを使いこなす〜

f:id:the-gazette-zakuro:20200729142622j:plain


今回は
”質を高める方法”
という内容です。
 
 
 
 
 
『質』を高めることは
『価値』を高めることと言えます。
 
 
 
 
 
そして
『価値の高いもの』を
いくらでも生み出せるような存在となれば、
 
『繁栄』するし、
『影響力』が高まって
自己実現の欲求』を
満たしやすくなります。
 
 
 
 
 
 
では
どのように『質』を高めれば良いのか?
というと、
 
『スピード』と『量』を
上げることです。
 
 
 
 
 
 
その内容とは、
 
①量をこなすメリット
②スピードを上げるためには?
③量産するうえで重要なコツ
 
というものです。
 
 
 
 
 
 
 
【量を上げると質が上がる】
 
 
 
 
 
 
『量質転化の法則』
というものがあります。
 
 
 
 
 
これは
『量』をこなすことが
『質』を高めることに繋がる
というものですが、
 
もちろん
『基礎』は大事で、
 
基本的なことを知らなければ
いくら練習しても
なかなか上達しません。
 
 
 
 
 
 
なので
何事もそうですが
『質』を高めるためには、
 
ある程度コツを抑えて
『習慣』的に出来る
レベルまで習得して、
 
その後に
何度も繰り返していくことが重要です。
 
 
 
 
 
 
例えば
『英語』を習得するなどの
スキルアップ』をしたければ、
 
まずは
文法などの『型』を理解し、
 
その後は
ひたすら大量に
「声に出す」ことが重要です。
 
 
 
 
 
 
また
『海外』で実際に住んで、
現地の人達と触れ合うことで
『英語力』が高まると言われる理由は、
 
英語を話す『機会』が多くなり
『量』をこなせるからです。
 
 
 
 
 
このように
日常的に使うことに加え、
 
何度も何度も『単語』を発音し
一日中声に出し続けていれば、
 
『ブレイクスルー』が起きて
一気に『吸収』出来るタイミングが来る
と言われていますが、
 
そのためには
やはり『勉強時間』を実質的に増やす
『実践』が必要と言えます。
 
 
 
 
 
 
そして
『英語』を例に解説しましたが
これは全てのことに精通する
スキルアップ』の方法です。
 
 
 
 
 
 
例えば
「今の会社を辞めて、
自分のやりたいことで生きる」ためには、
 
「やりたいこと」が社会で通用するための
『レベル』が必要です。
 
 
 
 
 
 
 
つまり
「やりたいことで生きていきたいなぁ」
と思ったら、
 
スキルアップ』をして
生活を変える程の
『現実』への干渉が必要で、
 
それを行わなければ
いつまでも何も変わりません。
 
 
 
 
 
 
逆に
『英語』を大量に行うように、
 
「やりたいこと」に没頭すれば
『現実』は変わらざるを得なくなります。
 
 
 
 
 
 
そして
「やりたいこと」だと
子供が徹夜で集中してゲームを行うような
『大量行動』をしやすくなります。
 
 
 
 
 
このように
「好きなこと」「やりたいこと」だと
『量』が自然と増えて
『質』が高まりやすい傾向にあることも、
 
「やりたいことは
そうでもないことをするよりも、
生産性が数百倍たかい」
と言われる理由の一つです。
 
 
 
 
 
 
 
 
【スピードを上げる方法】
 
 
 
 
 
 
『量』をこなすことと
『スピード』を上げることは
深い関係があります。
 
 
 
 
 
というのも
「距離=速さ×時間」
という法則があり、
 
『スピード』を上げるほど
こなせる『量』が増えて、
 
『結果』に
大きく影響していきます。
 
 
 
 
 
 
こんなことは
誰しも理解しているので
わざわざ説明する必要は
無いかもしれませんが、
 
ここで言いたいことは
「質を高める」という
『結果』を得るためには、
 
『脳の処理速度』を高めることが
最も効果的だということです。
 
 
 
 
 
 
また
脳の『処理速度』が上がるということは
『処理能力』が高まっている
ということなので、
 
例えば
『マインドフルネス』において
「意識を拡大する」のに必要な
『認識の広さ』を手に入れる
ことともイコールとなります。
 
 
 
 
 
 
つまり
『スピード』を高めると
『視野の広さ』『IQ』を
高めることに繋がります。
 
 
 
 
 
 
では
どのように『脳のスピード』を
高めていけば良いのか?
というと、
 
すでに
『習慣化』していることや
「何かを決定する」時などを、
 
「意識して」
スピードアップをすることです。
 
 
 
 
 
初めのうちは
『倍速』で行ってみて、
 
慣れてきたら
さらに『倍速』にしてみるなど、
 
『実践』をして
”脳を鍛える”ことが重要です。
 
 
 
 
 
 
ですが
あくまでも『訓練』なので、
 
常にスイッチを入れておく必要もなく
(可能なら入れても良いです)、
 
例えば
『ブログ』を書いている人は
手や脳のスピードを上げて
『時間』を半分で終わらせるように
チャレンジしてみたり、
 
もっと日常的なことだと
歯磨きや
シャンプーなどを
「クオリティーを落とさず」に
半分の時間で行ってみるなどです。
 
 
 
 
 
 
このように
チャレンジできるものから
手をつけてみて、
 
慣れてきたら
日常のほとんどのことを
『倍速』『倍々速』と
スピードを上げて完了させていくことで
脳の処理速度を高める
訓練となります。
 
 
 
 
 
 
また
このように『スピード』を上げることで
実質的に『時間』に余裕が出来るため、
 
その時間を
投資や休息タイムなど
『有効活用』することが出来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
【スピードアップ時のコツとは?】
 
 
 
 
 
 
スピードを上げることに
『メリット』があることを
解説しましたが、
 
『スピード』を上げる時には
『リラックス』も
同時に取り入れると良いです。
 
 
 
 
 
なぜなら
『ゾーン』に入るからです。
 
 
 
逆に
『リラックス』が無いと、
 
スピードを重視するために
『緊張』してしまい、
 
『ストレス』が
溜まりやすくなります。
 
 
 
 
 
 
なので
『リラックス』を
同時に取り入れる必要があるのですが、
 
どのように
『リラックス』すれば良いのか?
というと、
 
『頭の回転』は上げたまま
『体』をリラックスさせていきます。
 
 
 
 
 
『スピード』を上げることで
『運動量』も増えて、
 
その分『筋肉』を使い
『緊張』が高まりやすくなりますが、
 
「使っている筋肉」以外は
『脱力』させておきましょう。
 
 
 
 
 
 
これは
『ヨガ』をする時に使われるテクニックで、
 
「きついポーズ」を行っていると
体に余計な力が入ってしまい
『呼吸』が浅くなりやすいのですが、
 
『呼吸周りの筋肉』は
『ポーズ』とは関係無いので
(ポーズによりますが)
『脱力』させることができ、
 
うまく『脱力』をコントロールできれば
ポーズをとりながら
「ゆっくりとした呼吸」が可能となり、
 
ヨガ中に指示される
「ゆっくりと呼吸をしましょう」を
行うことが出来るようになります。
 
 
 
 
 
この要領で
『スピード』を上げながら
使っていない部分を
『リラックス』させることが出来ます。
 
 
 
 
 
 
そうすることで
『リラックスした体』と
『回転数の上がった意識』を
同時に捉えることができ、
 
『マインドフルネス』的な状態となって
『ゾーン』に近づいていきます。
 
 
 
 
 
 
つまり
リラックスを取り入れた
『スピードアップ』の訓練は
『ヨガ』的な活動と言えます。
 
 
 
 
 
 
最初のうちは
「せかせかして目が回る」ことや
「常に落ち着きが無い」状態で
「気が休まらない」と
感じることもありますが、
 
『倍速』の状態に慣れれば
それが『普通』となり、
 
普通と感じられたら
『レベルアップ』していることになるので
良ければチャレンジしてみて下さい。
 
 
 
 
 
 
補足として
もう少し解説すると、
 
『スピードアップ』と
『リラックス』を同時に行うことは、
 
『交感神経』と
『副交感神経』の
両方を高めていることになり、
 
どちらも高まることで
『ゾーン』に入ります。
 
 
 
 
 
 
一方で
『リラックス』が無く
『スピードアップ』だけしていると、
 
『交感神経』のみ高まるため
『ストレス』が高まり
結果的に『燃え尽き』や『鬱』に
なる可能性があるため
注意が必要です。
 
 
 
 
 
特に
日本人はこの傾向が強く、
 
「仕事を早く終わらせる」ために
がむしゃらに取り組むことで
自律神経のバランスを崩しがちです。
 
 
 
 
 
 
そうなると
『スピードアップ』や
『交感神経』を上げることを
一旦お休みして、
 
『リラックス』や
『副交感神経』を高める活動に
専念しなくてはいけなくなり、
 
いわゆる
『療養』的な状況となります。
 
 
 
 
 
なぜ『副交感神経』を
高めることに専念する必要があるのか?
というと、
 
副交感神経は
高まりすぎた『交感神経』を
抑える働きがあり、
『自律神経』を整えるからで、
 
 
交感神経を上げすぎていると
『副交感神経』の上げ方が
分かりにくくなるので、
 
交感神経を「お休み」させて
『自律神経』を戻すことに
専念したほうが良いからです。
 
 
 
 
 
 
なので
すでに『スピードアップ』を
ガンガン行っている人は、
 
『リラックス』をしながら
スピードを上げることを
意識することが重要と言えます。
 
 
 
 
 
 
そうすることで
『ストレス』から一転して、
 
『ゾーン』という
パフォーマンスの高い状態に
切り替えることが出来ます。
 
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
 
以上が
”質を高める方法”
の紹介でした。
 
 
 
 
 
 
質を高めるためには
『量質転化の法則』から、
 
『量』を増やすことが
有効な手段と言えます。
 
 
 
 
 
 
そのためには
『スピード』を高めることも重要で、
 
早く終わらせるほど
沢山『量』をこなすことが出来ます。
 
 
 
 
 
 
さらに
『スピードアップ』に加え
『リラックス』を同時に行うことで
『ゾーン』に入るため、
 
「ゾーンに入る訓練」として
『スピード』を高めていくと良いです。
 
 
 
 
 
 
ですが
結局「やりたいこと」であれば、
 
自然と
『量』も『スピード』も上がるし、
 
「やらないと」という
プレッシャーが無いので
『リラックス』も行いやすくなります。
 
 
 
 
 
なので
「やりたいこと」を
『習慣化』という形に落とし込み、
 
好きなだけ
『チャレンジ』できるように
工夫することが、
 
『レベルアップ』をして
自分自身の『質』を高める
良い方法と言えます。
 
 
 
 
 
 
レベルアップをして
人生の難易度を下げ、
 
有意義な時間を
過ごしてみて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
関連記事