ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

ネタを生み出すために必要な考え方

f:id:the-gazette-zakuro:20210228230555j:plain

今回は
”ネタを生み出すマインドセット
について解説します。
 
 
 
ここでは
『音声コンテンツ』
の内容をまとめています。
 
 
 
 
 
『音声コンテンツ』は
「聞き流し」とか
「ながら」でインプットすることで、
 
『意識のフィルター』がかからずに
内容を取り込むことが出来ます。
 
 
 
 
 
なので
何かの作業の
「ついで」に聴いてみて下さい。
 
 
もちろん
しっかり聴いても効果はあります。
 
 
 
 
 
 
【攻略の優先でネタの質が上がる】
 
 
 
 
 
『情報発信』には
『ネタ』が重要です。
 
 
 
 
では
『ネタ』を出すためには
どのようにすれば良いのでしょうか?
 
 
 
 
 
その方法は
『ネタ』と同時に、
 
『レスポンス』を得ることです。
 
 
 
 
 
ブログを書くなどの
『情報発信』を行うにあたって、
 
その内容を
「世間の目に触れさせる」ことは
同時進行で起こることですが、
 
そちらの
「社会からのレスポンス」に
力を入れることで、
 
相手からの『反応』が得られ
結果的に『ネタ』を
膨らませることが出来ます。
 
 
 
 
 
そして
この『レスポンス』を貰いにいくことは
イコール『攻略』を進めることであり、
 
そちらを優先したほうが
『結果(仕事の報酬)』も大きくなります。
 
 
 
 
 
例えば
ドラクエ』や『ポケモン』などの
RPGゲームは、
 
ゲームの『攻略』自体を
先に進めるほうが
結果的に素早く『レベルアップ』
することが出来たりします。
 
 
 
その理由は
冒険を進めた先での
『経験値』が大きいからです。
 
 
 
 
 
そして
『ステージ』自体を進めて
「これ以上はレベルが足らない」という
限界に達したら
『レベルアップ』すればよく、
 
基本的に
『攻略』をメインに進めることで
解決出来ることが多いことを
理解しておくことが重要です。
 
 
 
 
 
 
【循環によりネタが湧く】
 
 
 
 
コンテンツ自体を
『稼働』させることが
『ネタ』となることを解説しましたが、
 
それ以外にも重要なコツがあったりします。
 
 
 
 
 
それは
『出し惜しみ』をしないことです。
 
 
 
 
というのも
『出し惜しみ』をすると
『攻略』自体を
止めているのと同じ状態となります。
 
 
 
 
 
もっと言うと
「これは有料級のネタだから」と
後回しにするなどで
『コンテンツ化』せずにいると、
 
ネタを出し切った後の
『インプット不足』の状態に
ステップを進めることが出来ません。
 
 
 
 
 
ネタを出し切って
『ストック』を完全に
空にすると、
 
「次はどんなネタにしようかな?」
と考えることになるのですが、
 
 
ここで
「まだネタはあるし」と
出し惜しみをしていると、
 
『新鮮なネタ』の
入荷が遅れてしまいます。
 
 
 
 
 
この『ネタの遅れ』は
そのまま『攻略の遅れ』となるため、
 
積極的に
『ネタの循環』を
行っていくことが重要と言えます。
 
 
 
 
 
もう少し言うと
人は『インプット』が好きなのですが、
 
なかなか
『アウトプット』を
行わなかったりします。
 
 
 
 
 
これは
『呼吸』と同じで、
 
無意識のうちに
「吸う息」に力を入れるのですが、
 
「吐く息」が少ないと
結果的に吸う量が少なくなります。
 
 
 
 
 
つまり
『インプット』は、
 
『アウトプット』が少ない程
古く、質の低いものとなるのです。
 
 
 
 
 
このような理由から
インプットと
アウトプットを
『循環』させる必要があり、
 
この『サイクル』が大きくなることで
『攻略』が進みます。
 
 
 
 
 
ここでの『攻略』は
『仕事』の攻略度合いですが、
 
それはイコール
『ネタ』の量であるため、
 
インプットの質を高めて
『ネタ』を磨き、
 
そのまま
『アウトプット(仕事力)』の
向上を行ってみて下さい。
 
 
 
 
 
以上です。
 
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
関連記事