ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

勉強率を高めて仕事力を向上させるためのマインドセット

f:id:the-gazette-zakuro:20210304231633j:plain

今回は
”勉強をするメリット”
という内容です。
 
 
 
 
 
ここでは
『音声コンテンツ』
の内容をまとめています。
 
 
 
 
 
『音声コンテンツ』は
「聞き流し」とか
「ながら」でインプットすることで、
 
『意識のフィルター』がかからずに
内容を取り込むことが出来ます。
 
 
 
 
 
『聞き流し学習』が中国で流行って
次は「日本で需要が高まる」
と言われているため、
 
この機会に
『聞き流し』の学習効率の高さを
実感してみて下さい。
 
 
 
 
 
筆者が『勉強』に利用するのは
昔から『聞き流し』で、
 
時間が取られにくく
理解度も高まりました。
 
 
 
 
↓↓本題ここから↓↓
 
 
 
 
 
【勉強に対する考え方を改める】
 
 
 
 
『勉強』と聞くと
「なんだか面倒くさそうだな」
と感じる現象がありますが、
 
もしそのように感じている場合、
学校で行った『勉強』の印象が
良くないものだった
可能性があります。
 
 
 
 
 
というのも
子供時代に行う『勉強』は、
 
『平均値』を高めることが目的で、
「興味の無いこと」も
強制的に学習する必要がありました。
 
 
 
 
 
簡単に言うと
『勉強』が
「やりたくないこと」だった場合は、
 
『勉強』という響き自体に
苦手意識を持ってしまいます。
 
 
 
 
 
ですが
大人になってから行う『勉強』は
自由度が高く、
 
「好きなこと」を
学習することでも
『勉強』と呼ばれるようになります。
 
 
 
 
 
つまり
『勉強』という言葉の意味を
自分なりに「書き換える」ことで、
 
勉強が好きになります。
 
 
 
 
 
 
【勉強を通り越してみる】
 
 
 
 
 
日本人の勉強率は
『3%』と言われています。
 
 
 
 
知識労働』が軸になった現代において
知識を高めるための『勉強』は
無くてはならない活動と言えますが、
 
取り組めている人は
一握りしかいません。
 
 
 
 
 
その理由の1つに
「勉強は楽しく無いもの」という
固定観念があるのですが、
 
この考えが原因で
『仕事力』が相対的に低下していることは
1つの社会問題と言えます。
 
 
 
 
 
では
どうやって『勉強』を
取り入れれば良いのか?
というと、
 
「好きなこと」を
『研究』することです。
 
 
 
 
 
大学で研究を行ったことがある人から
イメージ出来ると思いますが、
 
『研究』は
「まだ見つかっていないものを調べる」
ことと言えます。
 
 
 
 
 
もう少し分かりやすく定義すると、
 
『勉強』が
人類が積み重ねた知識をインプットして
『知性』を豊かにするための活動
だったとしたら、
 
 
『研究』は
未だ発見されていないもの見つけだし
社会全体に『価値』を増やす活動
と言えます。
 
 
 
 
 
つまり
『研究』を行うためには
『勉強』が必要で、
 
『研究』の成果が出ること自体は
『仕事(付加価値の創造)』と
イコールということになります。
 
 
 
 
 
そして
研究を行う際に重要なことは
『研究対象』は
「自分自身で決めていい」
ということです。
 
 
 
 
 
なので
「好きなこと」を
『研究対象』として決めたうえで
『勉強』に取り掛かるとよく、
 
「好きなこと」を前提に持ってくれば
『勉強』のつもりでも、
 
『研究』のレベルに
昇華させることが出来ます。
 
 
 
 
 
「好きなことは突き詰めたい」という
『マニア』的な感情が
存在すると思いますが、
 
その「もっと知りたい」という
『自発性』を利用することで
『仕事力』は向上し、
 
それが
『研究』と呼ばれるまでに研ぎ澄まされた
「好きなこと」への取り組み(勉強含む)
と言えます。
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
 
以上が
”勉強のメリット”
の紹介でした。
 
 
 
 
『勉強』を
「やりたくないこと」と認識していると
勉強率が低下してしまいます。
 
 
 
 
 
ですが
「好きなことを勉強しても良い」
というマインドに切り替えられれば、
 
『研究』に発展するほど
『知識欲』が刺激され、
 
『仕事力』も
向上していきます。
 
 
 
 
 
日本では
「遊んでないで仕事をしなさい」
という価値観が強いですが、
 
それが原因で
『勉強』も『仕事』も
「やりたくないことを我慢してやる」
という認識となっています。
 
 
 
 
 
ですが
現代では特に
「遊んだほうが仕事(勉強)が捗る」
という状況なので、
 
「好きなこと」をして
『研究』に昇華する活動を
積極的に行っていきましょう。
 
 
 
 
 
「好きなこと」をすることは
イコール『勉強』と言えますが、
 
本人からすれば
別に『勉強』をしておらず、
 
周囲の人から
「勉強熱心だな」と思われているだけ
だったりします。
 
 
 
 
 
そして
「好きなこと」が行き過ぎた結果、
 
「新しい発見」に着手し
『研究』と呼ばれるに至ります。
 
 
 
 
 
その結果
「誰も手をつけていない金脈」である
ブルーオーシャン』を発見でき、
 
『仕事力』を
伸ばすことになります。
 
 
 
 
 
なので
『勉強』の捉え方を変え
仕事力を向上させてみて下さい。
 
 
 
 
 
以上です。
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 
 
関連記事