ヨガ的ライフスタイル

生活のお役立ち情報をヨガ的に配信中!

人生を過ごしたり仕事をするうえで重要すぎる愛されマインドの獲得

今回は
仕事をするうえで重要すぎるマインドセット
を紹介します。
 
 
 
 
ここで紹介する内容は『仕事』に限定されず
人生のあらゆる場面で応用出来る
お得なマインドセットとなっています。
 
 
 
 
 
自己実現は基本】
 
 
 
『幸福度』を高めるには
自己実現欲求』を満たす必要があります。
 
 
 
 
自己実現欲求とは
「自分の能力を使って他者のためになることをする」
ことで、
 
これは『欲求段階』の
高い位置に存在しています。
 
 
 
 
「自分のことで精一杯」と思っている人は
欲求段階が低い状態なので
なるべく高めていったほうがよく、
 
「他者のためになることをする」ことで
だいたいの場合は(社会に属している場合)
「自分のこと」も同時に解決されていきます。
 
 
 
 
このように
『欲求段階』を上げることで
自然と状況が『ハッピー』に近づくため、
 
自己実現欲求』という概念を
理解しておく意味は大きいです。
 
 
 
 
 
自己実現と能力の関係】
 
 
 
 
「自分の能力を使って他者のためになることをする」
の中には、
 
①能力を得ることと
②他者のためになることをする
という2つの要素が含まれています。
 
 
 
 
流れ的に言うと
①能力を得る
ことが前提となって、
②他者のために何かが出来る
となりがちですが、
 
「他者のため」を強めることで
結局それに見合った『能力』が伸びていくこともあります。
 
 
 
 
もっと言うと
「他者のため」に何かをしようとしないと
『能力』の伸びしろが制限されるので、
どちらも同時に高めていくことが理想です。
 
 
 
 
つまり
「他者のために何かをする」ことを
『目的』にすることで、
 
その目的(ゴール)に見合った
『能力』やその「使い方」が伸びるので、
 
『目的意識』を持って
自らの『活動の意味』を見つめていく必要があります。
 
 
 
 
 
マインドセット自己実現を左右する】
 
 
 
我々社会人は『仕事』をすること自体に
あまり疑問を持っていません。
 
 
 
それは生まれた時から周りの人達が
当たり前に仕事をしているから
「これが生き方なのか」と小さい頃から刷り込まれているからです。
 
 
 
 
 
『刷り込み』と表現しましたが
それは悪い意味ではなく、
社会が成熟しているからこそ
『貢献』が日常に根付いていて、
むしろ良い傾向だと思います。
 
 
 
 
 
しかしそこで『貢献』的な意味から外れた
『活動』をしてしまうと
ただの『エゴ』になってしまいます。
 
 
 
 
「自分だけのため」に活動すると
自己実現』から外れ、
 
仕事をする意味を見失い
人生で満足感を得られず、
 
ゾンビのように現世を彷徨うことになるか
幻の幸福を追いかけ暴走(他人の気持ちを踏みにじる)
しかねません。
 
 
 
 
ということで
自己実現』に向かうことが重要ですが、
 
そのためには
本来の意味での『仕事』がどういうものなのかを
理解しておく必要があります。
 
 
 
 
例えば『刷り込み』の段階で
「人を蹴落としてでもお金を稼ぐ」ことを
『仕事』だと思ってしまうと、
 
「仕事はするほど不幸になるもの」となって
仕事嫌いになってしまいます。
 
 
 
 
なのでまずは
この「間違った刷り込み」が無いかを
自分自身でよく観察しておく必要があります。
 
 
 
 
 
 
【まとめ】
 
 
 
 
人生を豊かにするためには
自己実現』的な意味での
『仕事』を行う必要があります。
 
 
 
 
なのでそこにピントを合わせて
『目的』や『能力』を設定していく必要があります。
 
 
 
しかしそこで
「間違った仕事の価値観」を持っていると
そもそもの『目的』も間違ってくるので、
 
前提としての
マインドセット』がかなり重要です。
 
 
 
 
ではそのための『マインドセット』は
どのように養っていけばいいのか?
ということはここで解説していきます。
 
ここでは
自己実現』を前提とした
『対人スキル』や『仕事術』などなどの
日々の過ごし方を解説しており、
 
技を吸収するだけで自然と
自己実現マインド』も獲得されます。
 
 
 
『技とマインド』
両方を同時に手に入れられる
お得な仕組みにしているので
価値の高さに気付いた人は次のステップに進んで下さい。
 
 
 
それでは良き人生を。
 
 
 
 
 関連記事
 
 
 
 
無料講座